ピクシブ百科事典

ポケモン男主人公

ぽけもんおとこしゅじんこう

ポケモンシリーズにおいて、男主人公に当たるキャラの通称が定まるまで用いられる。また単に彼等の事を意味する。
目次[非表示]

概要

ポケモンシリーズでは主人公の名前をプレイヤーが自由に付けられるため、これといって統一された正式名称はない。
新作が発売されてしばらくすると、デフォルトネームやライバルとして登場したときなどの名前が定着していく。
それまではその男主人公の登場するシリーズ名と、このポケモン男主人公(タグ名としては主人公♂)が併用されているようだ。
アニメにおいての扱いは基本不遇。理由は男主人公のポジションは毎回サトシと決まっているためで、本編には一切登場せず映画などで一瞬出る程度
そのため通称が定まるのは女主人公と違い、新作が発売されてから決まるケースがほとんど。

女主人公に関してはポケモン女主人公を参照。

漫画作品『ポケットモンスター☆SPECIAL』では、それぞれポケモン男主人公をモデルとした一キャラクターとして独立している。以下記事とリンク先を参照し、混同を避けることをおすすめする。

各バージョンの男主人公

赤・緑・青・ピカチュウリメイク含むレッド
金・銀・クリスタルバージョンゴールド/ケンタ※1
ルビー・サファイア・エメラルドリメイク含むユウキ
ダイヤモンド・パール・プラチナコウキ
ハートゴールド・ソウルシルバーヒビキ
ブラック・ホワイトトウヤ
ブラック2・ホワイト2キョウヘイ
X・Yカルム
サン・ムーン/ウルトラサン・ウルトラムーンヨウ/コウタ※2

※1…左は「金」におけるデフォルトネームで、右はアニメでの名前。
※2…PVから取られた通称で、メイン記事はSM♂主

第一世代

レッド赤・緑・青・ピカチュウ

20th red
いってきます


ゲームではデフォルトネームがいくつかあり、正式名称がなかったために名前が決まっていなかった。
次第にデフォルトネームのなかから赤緑の「赤」から取ったレッドサトシライバルは「緑」から取ったグリーンやシゲルで呼ばれるようになる。

以降、ポケスペギエピーなど、様々なアンソロジー含む初代を題材にした漫画では主人公=レッドの式が確立。
その影響か、続編の金銀ではレッドとして再登場。全ての始まりとなる主人公はレッドとなった。

リメイク版のレッドと区別を付けるためのタグとしては、初代主人公が用いられている。
ポケスペ版はレッド(ポケスペ)を参照。TVアニメ版では、彼をモデルとしたサトシが(一部作品を除き)一貫して主人公を務めている。

第二世代

ゴールド/ケンタ金・銀・クリスタルバージョン

リハビリ兼ねて金銀
ゴールドとワニノコ


CV:野島健児ライコウ雷の伝説

この頃もこれと言った正式名称がなかったために名前が定まっていないが、ポケスペで彼に相当するキャラが金銀の「金」から取ったゴールドで、ゴールデンボーイズでも同様の名前であったことから、ゴールドと呼ばれることが多い。

後にHGSSでリメイクされ、後任と立場が被るせいか、そちらと統合される事もしばしば。

レッド系統を除けば(PVを除いた)アニメ作品でセリフ付きの出演権を得た唯一の男主人公。ライコウ雷の伝説ケンタという名前で登場した。

第三世代

ユウキルビー・サファイア・エメラルド

ユウキとラグラージ
エメ主御三家


ゲームでは女主人公を選んだ場合、主人公をアシストする先輩キャラとしてユウキという名前で登場。

ポケスペで彼に相当するキャラはルビー

レッド(ファイアレッド・リーフグリーン

ファイアなレッドさん。
【リク絵】ファイアとラティ兄妹


CV:竹内順子THE ORIGIN

初の旧作リメイク男主人公。名前こそ変わりはしなかったが、デザインがアレンジされている。
後の作品であるHGSSSMや、アニメTHE ORIGINなどに登場した際は、こちらのデザインがベースになっている。

当時は主人公名を決める際のデフォルトネームがない事から、
「ファイアレッド」から取って「アレッド」「ファイア」等というあだ名がついたこともあった。
なお、スマブラXで登場した際はポケモントレーナー名義、ポケモンジェネレーションズでは単にトレーナー名義になっていた。

旧作のレッドと区別を付けるためのタグは、ファイアレッドリメイクレッドが主流。

ポケスペでもレッドがコスチュームチェンジする形で登場。

第四世代

コウキダイヤモンド・パール・プラチナ

さんみいったい8
Dia's Leftovers


ゲームでは女主人公を選んだ場合、主人公をアシストする先輩キャラとしてコウキという名前で登場。

ポケスペで彼に相当するキャラはダイヤモンド(愛称ダイヤ)。

ヒビキハートゴールド・ソウルシルバー

はじまりのかぜ
「はじめまして」


旧作リメイクの男主人公。前述のレッドと同じくデザインがアレンジされた。
ユウキやコウキ同様、女主人公を選ぶとヒビキという名前の幼馴染で登場。

ポケスペではゴールドがコスチュームチェンジする形で登場。

第五世代

トウヤブラック・ホワイト

黒と白の世界へ
トウヤとちびゼクレシ


今作でも幼馴染や先輩として出るか……と思われたが、ゲームではチェレンベルが幼馴染として登場、アニメも毎度恒例サトシが男主人公のアレンジ版衣装を着て代用したため、彼を主人公にでもしない限りは双方のシナリオでは一切絡まないキャラに。

男主人公初の名無しキャラ…かと思われたが、ゲームでは女主人公を選ぶとバトルサブウェイでマルチトレインを選んだ際トウヤという名称のパートナーとして登場する。

ポケスペで彼に相当するキャラはブラック

キョウヘイブラック2・ホワイト2

キョウヘイ
ロップイヤーみたいな男の子


CV:入野自由(PVアニメ)

ゲームでは女主人公を選んだ場合、バトルサブウェイでキョウヘイという名前の相方として登場。

ポケスペで彼に相当するキャラはラクツ

第六世代

カルムX・Y

チャレ!7お疲れ様でした!
カルム


女主人公を選んだ場合、帽子を脱いだ男主人公がカルムという名前のライバルとして登場する。

世界同時発売し、それを意識してなのか人種別に3種類の容姿が設定されている。
更にシリーズ初となる着せ替えシステムによって自分好みの服を着せる事が出来る。

ポケスペで彼に相当するキャラはエックス

ユウキ(オメガルビー・アルファサファイア

この子に決めた!
ORASユウキ


CV:岡本信彦(PVアニメ)

服装などの変化からこちらはORASユウキと呼ばれている。

服装はルビー・サファイアとエメラルド版を足して2で割ったようなデザインになっており、茶髪に変更。白髪でないことを強調するためか、リメイク前よりもモミアゲが伸びている。
コンテストライブ!用の衣装はハードロックを彷彿させるものとなっている。

ポケスペではルビーがコスチュームチェンジする形で登場。

第七世代

ヨウ/コウタサン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーン

ゲームlog
SUN


メイン記事はSM♂主

「サン・ムーン」版はヨウ、「ウルトラサン・ウルトラムーン」版はコウタと呼ばれる事が多い。
ただしパラレルワールド上の同一人物である事から、USUM版をヨウと呼ぶ事も少なくない。
なお、海外ではサンと呼ばれることが多い。

主人公を女性にした場合は一切登場しないため、デフォルトネームは存在しない。
そのため、これらはPVで登場した名前から取った便宜上の通称である。

選べる人種が1つ増えて4つになり、ORASで消滅した着せ替えシステムが復活した。(もっとも、ORASはリメイク作品であるため着せ替えがない理由も納得できるのだが…)

ポケスペで彼に相当するキャラはサン

関連作品の主人公

レオポケモンコロシアム

荒野を往くものたち


年齢は「17歳くらい」とされており、発売当時では最年長であった。
比較的暗色の多い、主人公の中では珍しいデザイン。
パートナーポケモンはブラッキーエーフィ

リュウトポケモンXD

リュウトとイーブイ


レオと違い少年といった風貌である。
パートナーポケモンはイーブイ

ポケモン+ノブナガの野望男主人公

出陣


デフォルトネームは特になし。
ベストリンクポケモンはイーブイ(ブイズ)、???(ネタバレ注意!)

ポケモンGO男トレーナー

最初のパートナー GO


デフォルトネームは特になし。便宜上「ゴウ」という呼び名もある。
服装や肌の色、髪の色は後から変えられる。初めての成人主人公と思われる。
パートナーはカントー御三家の中から一匹だが特定の条件をす事によりピカチュウにできる。
またこのゲームでのプレイヤーアバターの外見はあくまで「スタイル」であり、性別に対する言及はされていない。くわしくは主人公(ポケモンGO)にて。

関連イラストについて

各個別記事を参照。
本記事のタグとしては「主人公♂」タグが用いられることが多い。

関連タグ

ポケモン ポケモントレーナー
男主人公 ポケモン女主人公

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモン男主人公」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12550

コメント