ピクシブ百科事典

レオ(トレーナー)

れお

レオ(トレーナー)とは、『ポケモンコロシアム』の主人公のデフォルトネーム。組織を裏切ったエリートスナッチャー。
目次[非表示]

概要


ポケットモンスターシリーズ派生作品である『ポケモンコロシアム』主人公のデフォルト名。
正式には「レオ」「ユータ」「タツキ」の3種類があり、従来のポケモン同様プレイヤーの任意の名前をつけることが出来るが、一般的には「レオ」と呼ばれることが多い。
ポケモンコロシアム及び続編のポケモンXDのキャラクター中、唯一年齢設定があり「17歳くらい」とされている。(これは制作側が考えた「これまでのポケモンの世界とはちょっと違う、少し背伸びしたストーリーを作りたい」という理由によるものである(N.O.M 2003年11月号より))。

作中の活躍

ポケモン強奪組織「スナッチ団」に所属するエリートだったが、物語冒頭で組織の最新型スナッチマシンを強奪し、組織のアジトを爆破して逃亡する。
その後、心を支配されたダークポケモンを見分けることのできる少女ミレイと出会い、彼女と共にスナッチマシンを駆使して謎の組織「シャドー」からダークポケモンを解放する旅を繰り広げることになる。
主な移動手段はバイクで、荒れ果てたオーレ地方の荒野を駆ける。

その腕前

狙った獲物は逃がさないなどエリートの肩書きに偽りはなく、ダブルバトルの状態でも正確にボールをヒットさせる腕前を見せる(本家のトレーナーは相手のポケモンが二体以上の場合、ポケモンに狙いを定めることができず、相手を一体に追い込むまでボールを投げることができない)。
また最初の手持ちからブラッキーエーフィを連れており、この二体の進化にはポケモンとの信頼関係が不可欠ことから練度の高いポケモントレーナーであることを裏付けている。

スナッチマシン

レオの左腕に装着された特殊機械のこと。この装置を装着しながら放ったモンスターボールはスナッチボールとなり、ほかのモンスターボールに収められたポケモンも強引にボールへ収めることができる。ボールとしての性能は元のモンスターボールの性能に依存する。

余談

  • なお、寒色で統一された髪や服装など悪人っぽいデザインのせいで、雑誌やネットでポケモンコロシアムの発売情報がリークされ、彼と敵が戦っている開発中の画面が公開された際はこちらが悪役と見間違えた人も多かった。元々の立場を思えば仕方ないと言えば仕方ないが…。
  • ストーリーの都合からエンテイライコウスイクンの三体をシャドー幹部の手からスナッチするため、三匹を操るマスターとしての印象を持つファンもいる。
  • かつてシャドーを壊滅させた功績は続編でもチョットだけウワサになっている。


関連イラスト

スナッチ団の皆さまへ
疾走



関連タグ

ポケモンコロシアム
オーレ地方

pixivに投稿された作品 pixivで「レオ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103340

コメント