ピクシブ百科事典

イーブイ

いーぶい

イーブイとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.133
ぶんるいしんかポケモン
タイプノーマル
たかさ0.3m
おもさ6.5kg
とくせいにげあし / てきおうりょく / きけんよち(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Eevee
イタリア語Eevee
スペイン語Eevee
フランス語Evoli
ドイツ語 Evoli


進化ルート

connective



※同時に条件を満たしていた場合は、
リーフィアorグレイシア > ニンフィア > エーフィorブラッキー
の優先度で進化する。

概要

ウサギのような長い耳と、首の周りを覆う襟巻きのような毛が特徴な哺乳類型のポケモン。
名前の由来は、進化を意味する英語"Evolution"の頭二文字EV。
最大の特徴は「進化ポケモン」の分類が示すように、進化の石や特定の場所、時間によって進化するポケモンが変わる事である。詳細はブイズの項目も参照。

初代では唯一の分岐進化で3種類のポケモンに進化する事が出来、21年たった今や8種類のポケモンに進化できる存在となった。
おそらくこれからも、最も多くの分岐進化を持つポケモンとして君臨し続けるであろう。進化によって多くの可能性を秘めた、正に可能性の獣と言っても過言では無い。

これは周囲の環境の影響を受けやすい極めて不安定な遺伝子を持つためであり、一部の鉱石や天体・精神から発せられる放射線により容易に突然変異し、様々なタイプのポケモンに変わる事で、各地の厳しい環境に適応する事が出来ると言われている。


赤緑の時点では個体数が極めて少ない、いわゆる絶滅危惧種であったが、同じ境遇のラプラス同様シリーズを追う毎にその傾向は徐々に改善されてゆき、現在ではイッシュやカロス、アローラ等で野生の個体に合う事も難しくはない。人間による環境整備と、前述の適応能力が個体数の回復へと向かったのだろう。

オスメスの比率はポケモン御三家と同じく7対1なので、重要な遺伝技を覚えさえたい時は少々手間がかかる事となる。特にメスを粘りたくなるエーフィ、グレイシア、ニンフィアなどは厳選にもかなりの苦労と時間を要するだろう。

ちなみに新たな進化系が発見されるのは決まって偶数世代。当然ながら進化後の8種類のポケモンは全員イーブイより体が大きい。色違いは全身の毛並みが美しい白銀となっている。

イーブイ\♡/イーブイ



バトルでの性能

多種多様な進化をするがイーブイ自身のステータスはかなり低いため、第6世代まではイーブイのまま使用している人は殆どいなかった。

ただし、特性「てきおうりょく」の場合はノーマル技が強化されるため、「こらえる」と「じたばた」を組み合わせて、カムラのみなどで先手を取って攻撃を当てると最高威力400を叩き出す。
他にも「まもる」と「とっておき」の2つだけを覚えさせることで1ターン目に守り、2ターン目に高火力を叩きつける戦法もある。

そして第7世代、イーブイだけが使用できるZワザナインエボルブーストによって、究極のバトン要因としての地位を得る事になり、上手く「バトンタッチ」にまでこぎつけることが出来れば、全抜きも可能な程の爆発力を味方に与える事が出来る。
当然ながら、その凄まじい能力上昇を全て水の泡としてしまう「クリアスモッグ」や「ほえる」等には十分気をつける事。

各作品の特徴

ゲーム・ピカチュウ版はアニメの設定をベースに作られているため、アニメでシゲルがイーブイをゲットした設定を取り入れ、ライバルの最初のポケモンとなる。
その後、ゲームを進めていくとイーブイも進化するが、ライバルとの戦績によってどのポケモンになるかが変わる。

ポケモンBW2では、殿堂入り後にヒウンシティにいるボックス管理人のショウロから隠れ特性「きけんよち」のイーブイをもらう事が出来る。レベルは10。

ポケモンXYでは野生の個体が登場。ポケモンORASでもゲンシカイキポケモンを静めた又は捕獲後に、特定地域をサーチする事で出現する。

ポケモンXDでは主人公の最初のパートナーポケモン。シナリオ途中で進化アイテムをどれか一つだけ貰える。エーフィとブラッキーもここだけで使えるすぐに進化できるアイテムが貰える。


ポケモン+ノブナガの野望では主人公のベストリンクポケモンでありパートナー。
主人公は幼い頃にイーブイとリンクしたためブショーとしての能力を開花させたという設定で、物語の舞台となるランセ地方においても「珍しいポケモン」という扱いであり、タイトルデモなど様々な場面でフィーチャーされている。 イーブイ種をベストリンクで使いこなせるのも主人公のみ。

スマブラ3DS/WiiUではアイテムのモンスターボールから登場。周りをキョロキョロと見渡し、近くの相手に「とっしん」で攻撃する。しかし、勢いがついていないのか当たったとしても大きくふっとぶことはない。


ポケモンGOでは進化のいしやなつき度といったシステムが存在しない(一応、進化アイテム自体は存在するが、今のところイーブイには使えない)ため、シャワーズ、サンダース、ブースターのどれに進化するかは完全に運頼みとなる。目当ての進化ルートを確定で選択することが可能な裏ワザが存在しているが、各種最初の1回のみしか使えない。

2017年2月に追加されたエーフィとブラッキーは、相棒ポケモンに設定して一緒に10km歩いた後、朝・昼に進化させるとエーフィに、夜に進化させるとブラッキーにそれぞれ進化させることができるので、手間はかかるが自分で進化先を指定することが可能である。

なお、進化に必要なアメの数はいずれも25個。進化先の存在する他のポケモンと比べるとかなり少ない方ではあるが、それでも進化先を全種コンプリートするにはかなりの数のイーブイを捕獲しなければならない。また、進化先がランダムになるということもあり、進化に膨大な量のアメを要求されるギャラドスと並んで、個体の厳選が非常に行いづらいポケモンとして有名。


Let’s Go! Eevee


2018年11月16日発売予定のLPLEのバージョンの1つに、「ポケットモンスターLet's Go! イーブイ」が登場し、イーブイを旅のパートナーで登場するのである。また、本作ではイーブイの鳴き声が声優によるボイスになっているのである!ピカチュウに引き続き、2回目の事例である(担当声優は不明だが、声色にしてこの人の可能性がある)。1世代のピカチュウバージョンをベースにしている為、パートナーのイーブイは進化をさせるのは出来ないが、着せ替えができる。

アニメのイーブイ

様々なトレーナーの手持ちとして、各シリーズに対応した進化形となって登場している。進化させずにイーブイのままで置いておくトレーナーは残念ながらほとんどいない。
短編劇場版では『イーブイ☆フレンズ』というタイトルで主役になった。

無印

※舞妓はんの場合、トレーナーとブイズの組み合わせがゲームとは異なっている。

AG

DP

BW

XY
尚、野生のブースターが登場する描写も見られる。

SM

プロジェクトイーブイ


2017年11月21日、イーブイの日{11(イー)21(ブイ)}にプロジェクトイーブイなるものが公式で発足した。
活動内容は、「様々な活動を通してイーブイを応援する」というもの。時期は明らかにされていないが、期間限定のプロジェクトであるらしい。
TwitterやInstagramを中心に情報を発信しており、Twitterでは午前11時21分、もしくは午後11時21分をイーブイタイムとし、毎日画像付きのツイートを投稿している。
また、プロジェクトの大きなトピックとして挙げられるのが、2足歩行するイーブイの着ぐるみの登場であろう。
このイーブイはおはスタ出演や、見学させてくれる会社を募り、実際に訪問するなど活動の幅を広げている。
エイプリルフールには、様々な企業とコラボした嘘ニュースをTwitterで発信していた。
更に、2018年4月21・22日には、ポケモンセンターにおいて、60秒間、イーブイをもふもふしたり記念撮影することが出来るという、もふ会が開催されることが発表された。
↓プロジェクトイーブイ公式サイト
http://www.pokemon.jp/special/project_eevee/

余談

プロジェクトイーブイの一環として、プロレス団体「新日本プロレス」とのコラボレーション企画で、プロレスラーとしてデビューしたことがある
かくとうタイプ相手には不利なイーブイだが、名前の似ている怪奇派レスラー・EVIL相手とのデビュー戦では大健闘。相手の必殺技を封じた上で、なおかつ引き分けにまで持ち込んだ。
しかし新日本プロレスには、身長180cm以上という入団条件が存在する。僅か30cmしかないイーブイは、泣く泣く退団することになった。

……というのは勿論作り話である
これは2018年、新日本プロレスのエイプリルフール企画ということで、でっち上げられた嘘の記事だった。
とはいえ、色々と細かなネタを拾った記事は、プロレスファンならずとも一見の価値アリである。

関連イラスト

2016年イーブイの日!
お手!


イーブイと暮らそう
天国



関連タグ

ポケットモンスター ブイズ ノーマルタイプ ポケモン+ノブナガの野望

シャワーズ ブースター サンダース エーフィ ブラッキー リーフィア グレイシア ニンフィア

関連イベント
イーブイの日 オリジナルブイズ

pixivに投稿された作品 pixivで「イーブイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23851207

コメント