ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この記事では、アニメ『ポケットモンスター』シリーズでのハルカを扱います。
ゲーム『ルビー・サファイア・エメラルド』『オメガルビー・アルファサファイア』における女主人公については「ハルカ(トレーナー)」の記事を参照してください。


CV:鈴木カオリ(AGでは旧芸名KAORI名義でクレジット)

「やっぱり旅って、最高かも!」

プロフィール

年齢10歳
出身地ホウエン地方トウカシティ
家族父(センリ)、母(ミツコ)、弟(マサト)


概要

アニメ『ポケットモンスター』シリーズの2代目ヒロインであり、準主人公
アドバンスジェネレーション』編(以下AG編)にてサトシたちと共にホウエン地方を旅して回った。

サトシがジム戦やバトルフロンティア制覇に挑む一方で、ハルカはポケモンコーディネーターとして各地で行われるポケモンコンテストに積極的に参加。「トップコーディネーターになる」という夢を掲げ、ポケモンたちと共に強く美しく成長していった。

人物

容姿

AG編での服装はゲーム版「ルビー・サファイア」準拠の赤を基調としたもの。DP編での再登場時には、緑とオレンジを基調とした「エメラルド」準拠の服装を披露した。

ハルカ
ダイパに登場!…のエメラルドカラー版ハルカ



特に着飾らなくてもオダマキ博士に「美人」と言われたり、劇場版の男性キャラにアプローチされたり、ドレス姿をサトシたちに絶賛されたこともある。
作中では、勘違いからハルカに対抗心を抱く同性のライバルにも「可愛い」と言われており、容姿は申し分ないと思われる。

性格

前向きで屈託のない大らかで心優しい天真爛漫な元気っ娘。
語尾に「~かも」を付けるのが口癖で、ライバルの一人・ハーリーから「かもちゃん」と呼ばれ、劇場版で面倒を見たマナフィからも「かも」と呼ばれていた。
「~だよ」「~だよね」といったユニセックスな言い回しはほとんど使わず、基本的に女性語で通している。

怖がりで乙女チック、ガニ股になることも胡坐をかくこともない、咄嗟の仕草や態度が乙女で可愛らしかったりと、歴代ヒロインの中でも女の子らしさが強い。
これは彼女のポケモンたちにも反映されている(後述)。

素直で親しみやすい人柄からか、以下のような出来事があった。

  • 最初は嫉妬や対抗心でキツく当たって来る相手が、最終的にハルカを認めたり友好的になる。初めてのグランドフェスティバル出場の際は、過去に戦ったライバルたちや旅で出会った人々から祝福と応援の手紙が大量に届く。
  • 仲間やライバル、ハルカと出会った人の家にハルカとの写真や思い出の品が飾られている。
  • 家族や友人、ライバルや知り合いがテレビ越しにハルカの演技に注目して見守る。
  • スランプのハルカを元気づけるためにシュウとハーリーが駆けつける。

記載したのはごく一部だが、このように年齢や性別を問わず多くの人から愛されている。
一方で人が良い故の騙されやすい一面もあり、ハーリーの嘘で窮地に陥ったことも度々あった。

元来姉という立場であるためか責任感が強く面倒見が良くて、人やポケモンへの愛情が深い。
以下はその一例である。

  • 自分の悪口を言われるよりも、ポケモンの悪口を言われると激怒する。
    • 初めてハルカが激怒したのはAG33話のシュウ初登場回。コンテストに向けて特訓するハルカとアゲハントを見たシュウが「美しくない」と発言した時は「私のことならともかく、私のポケモンを馬鹿にするのは許さないわよ!」と怒りで顔を赤くしながら抗議している。その後もフシギダネエネコなど、自分のポケモンが馬鹿にされると激怒した。
  • アチャモが他人のきのみを食べてしまったり、仲間の期待を裏切ってしまった時は責任を感じて同じ物を探しに行ったり、解決に向けて走り回る。
  • 自分の言動やミスでポケモンが傷ついたり、衝動で怪しいポロックを与えそうになった時は素直に反省して、涙ながらに謝罪した。
  • 翼を怪我して空を飛ぶのを怖がるチルットの治療とお世話を率先してやる。夜通しチルットの看病をするハルカにサトシが「無理をするな」と、声をかけて心配するが「無理をしてるわけじゃなくて好きでやってるの」と明るく返した。
    • 世話を通じて親しくなり、無事に空を飛べるようになったチルットをゲットするよりも、チルットの幸せを願い、迎えに来た仲間の元へ帰した。
  • 花に夢中で崖から落ちそうになった野生のフシギダネを、手を伸ばして助ける。
    • 野生のフシギダネ(しかも♀で額の模様が他のフシギダネと違う)が懐いて近寄ってきたら、トレーナーであれば真っ先にボールを手に取るか一緒に旅をしないか誘いそうだが、ハルカはフシギダネの幸せを考えて最後までゲットする気はなかった。フシギダネは仲間たちと別れ、門が閉まる前にハルカに抱き着いてハルカと旅をすることを選んだ。
  • オーキド研究所の初心者トレーナー用のポケモンで、ボールに戻されそうになるくらいで泣いてしまうゼニガメが、終始守ってくれたハルカに感動して懐き、ゼニガメの方からハルカをトレーナーに選ぶ。
  • ロケット団からタマゴを無事に取り返したお礼に育て屋一家から貰ったタマゴを大事に温め、生まれる前からタマゴに頬ずりして「可愛い」と言った。また、ハルカのタマゴから一体どんなポケモンが生まれてくるかという話題になった時には「何だっていいわ。元気に生まれてくれれば」と笑顔で語った。
  • マサトが熱を出した時に自分が体調を崩してしまうくらい看病する。
  • 仲間とはぐれてしまった時は、サトシに先に船に乗るように説得されるが2人を捜すことを優先(この時点でハルカはリボン4個で、船は最後のコンテスト会場に行く船だった)。グランドフェスティバル出場への夢を諦めて船を見送るも、思わず涙を流してしまい、そんな自分を悲しい顔で見つめるサトシとピカチュウの視線に気付いて即座に涙を拭って「私は大丈夫だから、マサトとタケシを捜そう」と気丈に振る舞う。
  • 口喧嘩の最中崖から落ちたシュウに手を伸ばし、川に落ちた後も気絶して流されそうになるシュウを引き寄せて助ける。

上述の劇場版でマナフィの母親役を務める、年下に穏やかな物腰で接して時には庇う、誰かが目の前で困っていたり危険が迫っていれば、人とかポケモン関係なしに危険を顧みず真っ先に行動して体を張るなど、ハルカの母性や精神面の強さを象徴するエピソードがこの他にも数多く存在する。
ハルカの純粋さと優しさに安心するのか、野生ポケモンや初めて会うポケモンがハルカに心を開いて懐くことも多い。

また、こうした性格から先代ヒロインのカスミや次代ヒロインのヒカリとは対照的に主人公・サトシと言い合いになったり喧嘩をすることは殆どなく、彼と他の誰かとの喧嘩を仲裁したり、熱くなりがちな彼を心配したり優しく宥めたりする方が多かった。

実は相当な食いしん坊。旅の道中でタケシの手料理を大喜びで味わったり、自身のテーマ曲でもあるEDの映像でラーメンを軽く10杯近く平らげる描写があったりと、かなり旺盛な食欲の持ち主であるとわかる。
町に立ち寄れば早速グルメ情報を集めて品定めを始めるのが常で、名物のラーメンを食べられるかどうかが懸かったポケモンバトルで、サトシを相手に驚異的な力を発揮したこともある。

能力

身体能力は高くないが相手の技を利用する、フィールドの状態を確認して技を指示する、回転して技を更に美しく見せたり相手の技を防御する(回転技といえばヒカリだが、実は先に回転をバトルやコンテストに取り入れたのはハルカである)、ポロックを使って寝てしまったゴンベを起こすことでゴンベの魅力をアピールする、一度だけ見た合体技を自分でアレンジして本番で使うなど、咄嗟の判断力と閃きと記憶力に優れている。

リボン2個の時点で女性ファンがいる、早い段階で二つ名を貰う、1年も経っていないのにシンオウ地方で「ホウエンの舞姫」の名が知れ渡る、ミクリカップで唯一出身と近況を語られるなど、周りに注目されるほど人気と実力がある。

補足だがハルカが強運の持ち主であるのと、ねこのてを覚えたエネコのコンテスト出場回数が多いからか「運だけで勝ち進んだ」「天才型で努力型じゃない」「運要素がなければ実力はヒカリ以下」と、なにかと勘違いされて悪く言われがちである。
しかし、ハルカは初心者故に歴代ヒロインの中でも特に努力や特訓、バトルの観察とゲットを欠かさなかった。強運なのは確かだが、運だけではなく経験を積み重ねた努力型のヒロインである。
更に言うと、強運であっても運要素を含んだ技を使ってピンチになることも多かった。
しかしその度に機転でピンチを乗り越えたので「運だけで勝ち進んだ」「運要素がなければ実力はヒカリ以下」という評価は間違いである。

料理の腕

ポロックを作るのは苦手で、初めて作った時はアゲハントしか喜ばなかった。
マサトがハルカは料理ができないと語ったのと、ハルカデリシャスを食べたポケモンたちの反応から、何を作っても不味いと誤解されがちだが料理の描写は本編ではポロック作りのみ。
オーキド博士から貰ったカビゴン専用のポロックのレシピを参考にして、味を改良したハルカデリシャス2を完成させたので、レシピを見ながらであればちゃんとした物が作れると思われる。

ちなみにハルカデリシャスが不味くなった原因は、タケシが持っていたポロックのレシピノートを参考にせず、ハルカが片っ端からきのみをブレンドして作ったため。

一人旅をしているDPでは特に言及されなかったため、現在の料理の腕前は未知数である。

家族

ゲーム版同様トウカジムのジムリーダーである父・センリと、母・ミツコ、弟・マサトとの4人暮らし。
マサトとはAG編で一緒に旅をし、その生意気な態度に振り回されながらも、姉としてしっかりとその行動を見守り、時には体を張って助けていた。
マサト自身も憎まれ口を叩きながらも、ハルカについて「僕にとって最高のお姉ちゃん」と語っており、姉弟仲は良好である。

リク⑤ハルカファミリー
2017 ~ 2月 anpk



作中での動き

AG編

物語冒頭でポケモントレーナーとして一人旅立つが、その動機は「色々な所を旅して回りたかったから」であり、ジム巡りやリーグ出場にも消極的だった。
最初はポケモンに苦手意識を抱いており、ポケモンに関する知識も乏しかったがサトシとタケシと出会い、マサトと共に様々なポケモンと触れ合うことで苦手意識は薄れ、16話ではポケモンについて「今は大好き!ポケモントレーナーになれて本当によかったと思ってる」と語った。

カナズミシティで「ポケモンコンテスト」と「ポケモンコーディネーター」の存在を知り、ポケモンの魅力を引き出すその姿に憧れを抱き、自身もコーディネーターを志す。
シュウやハーリーといったライバルたちと出会い、各地で様々なコーディネーターと戦いながら確実に実力をつけていき、ホウエン編の終盤で「ホウエンの舞姫」と呼ばれて注目されるほどになる。

ホウエングランドフェスティバルへの出場後は、本格的にトップコーディネーターを目指すようになり、カントー地方のポケモンコンテストへの挑戦を始める。
そしてカントーグランドフェスティバルでは、それまで全敗だったシュウに作中で唯一の白星を上げ、ベスト4の大躍進を遂げた。

最終回では非公式のポケモンコンテストでサトシと引き分けとなり、両者優勝という形でリボンの形をした1個の記念メダルを2人で仲良く分け合った。
そして夕方には、サトシたちに1人でジョウトのポケモンコンテストに挑戦することを伝え、続けて「もっともっとポケモンコンテストに挑戦して、ポケモンたちの魅力を見つけていきたい。そして、私のポケモンたちをもっともっと輝かせてあげたい」と、コーディネーターとして自分のやりたいことを皆に語り、笑顔でサトシとタケシに別れを告げた。

最終回の予告でサトシはハルカの名前を最初に言った後に
「それぞれの道は違っても、俺達はこれからもずっと仲間であり、ライバルだぜ」と発言。
ゼロからのスタートで、周りに守られていた頃からサトシにライバル認定されるまで成長した。

DP

77~79話にて再登場。ジョウト地方のポケモンコンテストに挑戦中だったが、リッシ湖で開催されるミクリ主催のコンテスト・ミクリカップに出場するため、シンオウ地方を訪れ、サトシたちへのお土産を両手に持ってサトシたちと合流する。

当時スランプに悩んでいたヒカリのことをサトシとタケシから聞いており、ヒカリに「私も一人旅を始めてからうまくいかないことばっかり」と自分の体験談を語って先輩コーディネーターとして励ましの言葉をかけたり、ロケット団やレストランのオーナー夫妻とのタッグバトルに勝利することでヒカリを勇気づけた。

ミクリカップのセミファイナルでは、ヒカリが一度も勝てたことのないライバル・ノゾミを華麗なバトルで破る。
そして復活を果たしたヒカリとファイナルで激突するが、僅差で敗れた。
悔しそうな表情をしたのは一瞬で、負けて落ち込むグレイシアに「ありがとうグレイシア。よく頑張ってくれたわ」と笑顔で健闘を称え、自分に勝利したヒカリには「ヒカリ……おめでとう」と祝福の言葉を口にした。

ミクリカップ後にはヒカリにはアドバイスを、サトシとノゾミとはお互いに健闘を祈り、タケシには料理の感想を笑顔で語って、サトシたちに手を振られながら船で去っていった。
ちなみにミクリカップでは、ベリーダンサーを思わせるアラビアン風の衣装で登場。

ステージ衣装
Mid-Autumn



その後の作品

声優の鈴木氏が声優業を休止している事情もあり、DP以降の作品にはゲスト出演していない。
しかし新無印105話にて「ホウエンの舞姫」としてセレナからその存在が語られ、ハルカが纏ったコスチュームをコハルが纏いポケモンコンテストに臨む展開が描かれた(ちなみにコスチュームのデザインは、『オメガルビー・アルファサファイア』のポケモンコンテストで女主人公が着用したもの)。
今なおどこかの地方で、ホウエンを代表するポケモンコーディネーターとして名を馳せていることが伺える。

ハルカ自身もミクリカップ時の回想シーンが新規作画で登場しており、再登場が困難ながらも彼女の存在を強く示したと言えるだろう。

手持ちポケモン

ハルカ達
ハルカ!!


類は友を呼ぶのか、ゴンベ以外は全て♀であり、どこか女の子らしい仕草が見られるのが特徴。
これはサトシのポケモンの大半が♂であるのとは対照的。

実家のトウカジムがボックスの役割を果たしており、オダマキ博士の研究所に預けることはなかった。
尚、下の一覧以外にも、チルットなどをゲットするフラグが立ったこともある。

コンテストでポケモンを出す際のかけ声は「○○(ポケモンの名前)、ステージ・オン!」

厳密には、オダマキはかせのポケモン。
オダマキはかせから借りて、ポチエナの群れに対抗した。(電子ゲームの設定では、はかせから借りたミズゴロウがそのまま手持ちになる)

CV:西村ちなみ(アチャモ・ワカシャモ)→小西克幸(バシャーモ進化後)
「可愛い」という理由で選んだ最初のポケモン。
進化前は泣き虫でコンテストバトルにも不参加だったが、進化後は一転、たくましさ満点に。
AG編のシュウとの最後のコンテストバトルでは見事死闘を制し、サトシとのラストバトルでは盟友・ジュカインと引き分けるなど、ハルカのエースとして活躍した。

使用技:「ほのおのうず」「スカイアッパー」「オーバーヒート」(これらはワカシャモの時から)「ブレイズキック」(バシャーモ進化後)
※アチャモの時は「ひのこ」や「つつく」、ワカシャモの時は「メガトンキック」「でんこうせっか」「かえんほうしゃ」なども使用。

CV:白石涼子
最初にゲットしたポケモン。
カナズミシティのポケモンコンテストで見た別個体のアゲハントに憧れたのがきっかけ。
ケムッソの時は他のポケモンたちのご飯まで食べてしまうほど大食いだった。
手塩にかけて進化させた後は最初に挑戦したコンテストをはじめ、ホウエン各地のコンテストで活躍した。
カントー地方を旅する前に一度トウカジムに預けたが、その後もシュウとのラストバトルやミクリカップでの対ノゾミ戦で活躍。
ノゾミ戦では、りんぷんを活かして羽の動きと技の美しさを際立たせるという、ポケモンコンテストならではの優雅な戦いを披露して、ハルカを勝利に導いた。

使用技:「つばめがえし」「あさのひざし」「ぎんいろのかぜ」「かぜおこし」「サイコキネシス

CV:林原めぐみ
旅の途中で出会い、バトルでゲットしようとするが、弱って元気がなかったためアロマテラピーへ連れて行き、ロケット団との戦いの末に自らゲットされた。
普通のエネコ同様自分の尻尾を追いかける癖があり、落ち着きがなかったが、尻尾を演技とバトルに活かすことである程度改善された。
技のバリエーションの少なさを「ねこのて」で補い、ハルカの強運とあわせ勝利を勝ち取っていった。
トウカジムの温室を気に入ったことで一度預けられたが、DP編で再び手持ちに加わった。

使用技:「たいあたり」「おうふくビンタ」「ねこのて」「ふぶき

CV:伊東みやこ
額にハートマーク風の模様があるのが特徴。サトシのフシギダネと非常に仲が良い。
人間と無縁の世界で生まれ育ったせいか、花の香りに誘われてトラックの荷台に乗ってしまうほど好奇心が強くてマイペース。
バトルフロンティア編開始前に「フシギダネにとって勉強になる」と考えたハルカによって、オーキド研究所に預けられ、DP編でフシギバナとして再登場。

使用技:「たいあたり」「つるのムチ」「はっぱカッター」「はなびらのまい

CV:佐藤智恵
ハルカの手持ちポケモンでは唯一の♂。
大食らいの上に味覚がおかしく、不味いハルカ特製ポロックの“ハルカデリシャス”も一飲みした。
ロケット団にポロック泥棒の濡れ衣を着せられてトレーナーたちから疑いの目を向けられた。
その後、ロケット団から取り返したポロックを食べ始めてしまったゴンベを止めるためにハルカがゲットして仲間に加わった。
マサトとは仲良しで、よく一緒に行動している。
DP編で盗まれた料理の匂いを辿って場所を突き止めるために再登場。
匂いを感じ取った時には、タケシに「まるでレーダーだな」と感心される一方で「(ハルカを見ながら)食いしん坊ってことだな」と評された。

使用技:「ソーラービーム」「ゆびをふる」「きあいパンチ」「たいあたり」

CV:半場友恵(ゼニガメ)→小西克幸(カメール)
元はオーキド研究所にいた初心者用のポケモンだが、ハルカに懐きそのまま彼女の手持ちに加わる。
好奇心旺盛な一方で非常に泣き虫だったが、旅の中でたくましくなっていく。
サトシのゼニガメとバトルフロンティア編終盤で初対面を果たした。
DP編ではカメールに進化して登場し、ミクリカップ1次審査で観客と審査員、参加者をも釘付けにする見事な演技を披露し、ハルカを2次審査へ導いた。

使用技:「あわ」「れいとうビーム」「たいあたり」「こうそくスピン」「からにこもる」「アクアテール(進化後)」

CV:林原めぐみ
ハルカが貰ったタマゴから生まれたポケモン。
生まれたてながら、フシギダネやゼニガメと違い落ち着いた性格。
ハルカ曰く「食べる姿も優雅」とのことで、一番のお気に入りの様子。
一方で「あなをほる」で無邪気にはしゃいだり、劇場版ではハルカに甘えたりと、子供らしい面も見せた。
DP編ではグレイシアに進化して再登場。
ミクリカップファイナルでヒカリのポッチャマと激突し追い詰めるが惜敗。

使用技:「シャドーボール」「アイアンテール」「れいとうビーム」「こおりのつぶて」「ミラーコート」「ひみつのちから」。

余談

pixiv内では比較的巨乳として描かれることが多い。→ハルカっぱい
これはアニメにおいて、10歳にしては相当な胸の膨らみが描かれていたためだと思われる。
だがゲストとして再登場したDP編では年相応のサイズに修正されており(ただしポケモンコンテストの場面ではカットにより大きめに描かれている)、再登場までの間に胸に関する規制が厳しくなったのでは……と悲しむファンもいた。

劇場版では可愛らしいドレス姿を披露するだけでなく、4作中3作もビキニタイプの水着姿を披露している。

ハルカ 水着ジラーチ版
水着ハルカちゃん



しかし、ハルカの真の魅力は胸や見た目ではなく、その内面の美しさと言えるだろう。

関連イラスト

ハルカとバシャーモ。
ハルカとアゲハント♫


エネコとハルカ!
大きくなっても


カモちゃん一行
ステージ オン!



劇場版

♥ Haruka ♥
【ポケモン】ハルカ【ドレス姿】




関連タグ

ポケットモンスター(アニポケ) アドバンスジェネレーション 歴代ヒロイン
AGパーティ トウカ姉弟 ポケモンコーディネーター KAORI
私、負けない!〜ハルカのテーマ〜 センリ ミツコ(ポケモン)
マサト(アニポケ) サトシ(アニポケ) タケシ(アニポケ) 
シュウ(アニポケ) ハーリー(トレーナー) サオリ(トレーナー)
天使がいる

コンビ・カップリングタグ

サトハル シュウハル ハリハル コジハル サオハル ヒカハル
バシャハル

関連記事

親記事

歴代ヒロイン れきだいひろいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハルカ(アニポケ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ハルカ(アニポケ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5030793

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました