ピクシブ百科事典

サトハル

さとはる

アニメ『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』の主人公・サトシと、ヒロイン・ハルカとのカップリング。サトシと歴代ヒロインのカップリングの中の一つ。 (二次創作であり非公式のカップリングなので注意)
目次[非表示]

※あくまで二次創作なので公式ではありません。
(ハルカがサトシに恋愛感情を抱く、または両想いの描写は公式のアニメや漫画・映画にはない。
その為サトハル同士ではない他の人に話しかける際
「サトハル」の名称を使わないなど、人様に迷惑をかけないよう扱いに注意)

公式や関係者に対しても使用しない等マナーを守り個人や仲間と楽しもう。

概要

アニメ『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』における、サトシハルカNLカップリング。
(この作品の場合、攻めや受けに関係なく「男×女」という順で表記されることが多く、このカップリングもその一つ)

シリーズの伝統、自転車を壊した側と壊された側の組み合わせ。
ハルカの場合は初めこそ怒っていたが、最終的には「ま、いっか」と吹っ切っており、弁償を求めていない。

関係性

AG編冒頭で新人トレーナーとして旅立ったハルカにとって、サトシは先輩にあたる。随所で「サトシってやっぱり凄いんだ」といったようにサトシへの尊敬を表現しており、彼のバトルスタイルにも影響を受けている。
サトシの方も自分が先輩であるという意識があるのか、随所でハルカを守る行動が散見される。

ちなみにこの2人、やりとりをする時の距離が何故か非常に近い
AG編73話や114話等が特に顕著である。
また、喧嘩や軽い口論等もほとんど無く(両者がガチで喧嘩したのはAG72話のみ。後述)、基本的には仲が良い。

共通点

  • 共通のポケモンを複数ゲットしている


それぞれフシギダネゼニガメカビゴン(ハルカがゲットした当初はゴンベ)をゲットしている。
特にフシギダネ同士は本編での絡みが多く、すぐに仲良くなっている。

本編では

  • AG編70話「トウカジム戦! 五つ目のバッジ!!」

トウカジムのジムリーダーであり、実の父親でもあるセンリとのジム戦で、マサトは父を応援していたのに対し、ハルカは「パパにはもちろん勝ってほしいけど、サトシが負けるのも見たくない」と言った台詞を何度か口にしており、複雑な心境だった。
後にセンリがジム戦で敗北した事で、ハルカもこの事実を知って少々悔しかった様子。

  • AG編72話「タッグバトル!サトシVSハルカ!?」

けんか
喧嘩回


唯一の喧嘩回で、珍しく「男なんて!」「女なんて!」「「大嫌い!!」」と悪口を言い合っていた。オスカーとアンドリューのタッグバトルに敗北して更に険悪になってしまうが、同じく喧嘩になっていたムサシコジロウからピカチュウを協力して助け出し、その直後に謝罪して和解した。

尚、この回の冒頭でハルカがウエストポーチに化粧品らしき物を収納している描写も含めて、身嗜みに気を遣うあまり、鏡を頻繁に見ていた。それによって出発の時間がかかってしまい、2人は喧嘩を始めてしまった。

  • AG編78話「ポケモンコンテスト!ルイボス大会!!」
コンテスト初出場のフシギダネが緊張していることに気づかず、戦闘不能になっても「まだ戦える」と敗北を認めなかったハルカは、審査員のジョーイに「もっとポケモンのことを考えなさい!」と叱られ、自己嫌悪に陥る(マサト曰く「調子に乗りすぎたのかな…」)。
サトシはそんな彼女を慰め、アドバイスもしている(この件は後のミナモ大会で反省している描写がある)。

  • AG編114話「ころがれ! 恋するドンファン!」
船の最終便を見つけた事で、サトシはキナギタウンでポケモンコンテストが開かれる事や、グランドフェスティバル出場に関わってるから、先に1人でキナギタウンに行けとハルカを諭すが、当の本人は旅立つ前に、母ミツコと交わした約束(弟の面倒)もあって、グランドフェスティバルの夢を半ば諦めていた。
最終便を見送る際には涙を流していたが、サトシとピカチュウの視線に気付くと涙を拭い、「ありがとう。自分は大丈夫だからマサトとタケシを探そう」と明るく告げた。

  • AG編191話「サトシVSハルカ!ラストバトル!!」
非公式ながら共にコンテストに出場し、次話でダブル優勝。1つしかなかったコンテストリボンを半分にして分け合い、2人でサトシの決め台詞「ゲットだぜ!」を披露した。
このリボンはDP編でハルカがシンオウ地方を訪れた際、想い出の品として紹介されている。

今週のタケシのハルカ発言に萌えた



劇場版では

ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』では、一時的にハルカがマナフィの母親代わりとなる。サトシも父親役?(とマナフィが認識してる節がある為)として海底神殿・アクーシャまでマナフィを送り届け別れるまでその役割を務めた。

二人で見た夢


また終盤では、沈みゆく海の神殿を救うため、サトシがハルカを救命ポッドに残して「海の王冠」を戻しに引き返す。なかなか上手くいかず、息が続かなくなり意識を失いそうになってしまうが、マナフィのテレパシーのような力によって救命ポッドの中で必死に祈るハルカの声が届き、目覚めたサトシは王冠を戻すことに成功した。

関連イラスト

ラストのヤツ


私、幸せかも!


サトシとハルカ



関連タグ

アニポケ アドバンスジェネレーション サトシ(アニポケ) ハルカ(アニポケ)
蒼海の王子
NL PKMNノマカプ

関連記事

親記事

アニポケノマカプ あにぽけのまかぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サトハル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2714176

コメント