ピクシブ百科事典

アラマノ

あらまの

アラマノとは、アニメ『ポケットモンスターXY特別編 最強メガシンカ ~Actシリーズ~』の登場人物、アランとマノンのNLカップリングタグである。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスターXY特別編 最強メガシンカ ~Actシリーズ~の登場人物であるアランマノンのコンビ、カップリングタグ。

マノンが旅の途中、アランとアヤカによるメガシンカポケモン同士のバトルを目撃したことがきっかけで出会う。
メガシンカに興味を持ったマノンは自分もメガシンカを体得するためにアランについていくことを決め、アランもあまりのしつこさに半ばあきらめる形で同行を認めた。
ちなみにマノンは、アランのことを「トレーナーとしての理想形」であると評している。

Act1時点ではマノンが勝手にアランについて行っているだけの状態であり、アランはマノンを「お前」としか呼んでいない。だが邪険にはせず、野生ポケモンの捕獲にアドバイスを出すなどなんだかんだ面倒を見ている。

Act2ではアランもマノンを名前で呼ぶようになったりと距離感がかなり縮まっており、旅の仲間として徐々に信頼関係を築いている様子が伺えた。
その様子を見たフラダリ「随分小さなガールフレンドがいたんだな」とジョークを言っている。これに対してマノンは即座に否定しているが、アランは「えっ・・・?」と困惑するだけで否定はしなかった(フラダリがジョークを言ったことに対して驚いていたのかもしれないが)。
また、メガレックウザりゅうせいぐんを放ち、それにマノンが巻き込まれそうになったときには身を挺してマノンを守っている。

Act3

Act3ではメガストーンのためホウエンに来た2人だが、

・アランがマノンの身を案じてカロスへ帰るよう促す
・マノンは前回のメガレックウザの暴走以来アランを心配しているという発言する
・さらに阻止を聞かなかったアランをマノンは追いかけ、攻撃に巻き込まれ意識を失ったアランを背負って(!)安全な場所へ移動させる

……など、これでもかとばかりにアラマノ好きにはたまらない展開があった。
マノンのアランを引き止めようとしている際の表情や、彼を追いかけた時の言動はなかなかのヒロイン力を発揮していた。

極め付きはアランの「怖かったか?」という問いに「うん、でも心配だったから」と答えたマノンの頭をなで「ありがとな」と、彼は笑顔を見せた。夕日をバックに。
そして、安堵感からか抱きついてきたマノンを、アランは呆れるでもなく引きはがすのでもなく、少し躊躇う素振りを見せたあと抱きしめ返す(!!)という、Act1からは想像できないような行動を見せ多くのアラマノファンを悶えさせた。
ただし、アランはラストでマノンを置いて先にカロスへ帰ってしまっていて、アランは何か思うところがある様子。ちなみにマノンのことはダイゴがヘリに乗せ送っていくと発言しているので心配無用。

Act4

再びカロスに戻った二人はフラダリラボで再会。しかしアランはこれ以上危険な目に合わせたくないばかりに「お前がいると強くなれない」と冷淡な言葉を放ってしまう。結果、二人の関係に亀裂が入ったどころか、ハリさん(マノンのハリマロン)がジガルデ・コアの実験に巻き込まれて昏睡状態になってしまう。
自分の無力さを思い知らされたアランは、ハリさんを救うためにフラダリのメガシンカの研究を引き受ける。
そして彼は戦う。大切な人の笑顔を取り戻すために・・・

本編

XY&Zの13話において、サトシのライバルとしてアランが本編に本格的に登場した。
フラダリとの定期的なものと思われる通信において、マノンとハリさんの様子を気にしていた。
ポケモンリーグではマノンがアランを応援にきたがアランを気遣い会いに行くことはなかった。だが決勝戦ではアランを応援し優勝したときには嬉しそうな様子を見せた。
リーグ直後に起こった異変でサトシからマノンが来ていることを聞かされたアランはマノンを救出に向かう。その際サトシに「(マノンは)大事な人なんでしょ?」と問われ「あぁ」と答えた。
戦いが終わってからはプラターヌ博士の手伝いでフィールドワークに二人で旅立った。

関連イラスト

アランとマノン②
アラマノ詰め


アラマノちゃん漫画とか
アラマノ



関連タグ

最強メガシンカ PKMNノマカプ
アラン(トレーナー) マノン

pixivに投稿された作品 pixivで「アラマノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1916430

コメント