ピクシブ百科事典

サトリエ

さとりえ

アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』の主人公・サトシと、ヒロインの一人・リーリエのカップリング。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスター サン&ムーン』におけるサトシリーリエのNLカップリング。
身長は同じくらい。丁寧語で話すリーリエだが、サトシのことは他のクラスメート同様呼び捨てで呼んでいる。
また、サトシが知っているかどうかは不明だが、リーリエも彼と同じくポケモンスクールへの転校生である(26話で判明。いくつか伏線もあった模様)。

活発で感覚派なサトシと大人しく頭脳派なリーリエは一見すると正反対のようにも思える。
しかしリーリエは頭脳派でありながらその実根性論を唱える事も多くロマンチストな面もよく見られる。(実際彼女は立ちはだかる壁を気合いと勢いで乗り越える事が多い。)
ポケモンに対する情熱や愛情も深く、普段はどこか天然かつポンコツ気味だがいざというときには危険を省みず動く所もあり、さらに初期からバトルの才能や興味も垣間見せている。
表面的には正反対のように見えてその本質はよく似ている組み合わせと言えるだろう。

尚、英語では「Aureliashipping」と訳されている。

作中では

2人の出会いは1話のポケモンスクールのグラウンド。ケンタロスレースのコースに飛び出してきたサトシに「気をつけて!」と注意するが間に合わず、見事に轢かれた彼に駆け寄り「大丈夫ですか!?」と声をかける。

二人の出会い


その後近づいてきたケンタロスに驚いてサトシの後ろに隠れ、足元にいたピカチュウにも驚いて飛び退いたことで、ポケモンに触れないことが判明した。

27話からはリーリエの実兄・グラジオサトシの新たなライバルとして登場しているため、彼の登場回ではリーリエも今までとは違う形でサトシと接していくことが期待される。
そして44話からは、母親のルザミーネやゲーム『ポケモンSM』の重要キャラクターであるほしぐもちゃんも登場することが判明。更にアニメ『サン&ムーン』公式サイトのキービジュアルは、ピカチュウとほしぐもちゃん、そしてサトシとリーリエが中央に大きく描かれているものへと更新されている。(その後57話を最後にサトシとベベノムが中心のものに更新。)

サトリエ夫婦とほしぐも



初期頃はリーリエがポケモンに触れずあまり前に出ない性格な事もありサトシの勢いに付いていけなかったりお互い助けようとしても空回って手遅れになったりと絡みも少な目でどこか噛み合わない所が目立つ関係だった。
しかし、互いにポケモンやバトルへの思いを見合い、トラウマ克服やパートナー交換、家族問題の解決などを通して少しずつ関心を寄せ合いリーリエの成長も伴って段々二人の距離が縮まっていく。
2年目に入ると絡みも増えリーリエがサトシをフォローするような場面が見られたり二人の似ている所もより分かりやすく表面化されるようになっている。

まだまだ成長の余地を残しているリーリエだがこれから先2人の関係がどう変化していくのか楽しみな所である。

各話ネタ

  • 第1話

上述の経緯で初対面。サトシと手を繋いだマオの陰に隠れがちだが、実は彼女よりも早くサトシへのボディタッチを成し遂げている(本人はおそらく無意識)。

  • 第2話
ポケモンサイエンスの授業中、アローラナッシーの尻尾に触れたサトシを止めようとしたが間に合わず、サトシは吹っ飛ばされる。
サトシ「早く言ってよリーリエ……」
ちなみにこの時の席は隣同士
後日のカプ・コケコVSサトシのバトルでは、カプ・コケコが使用した「エレキフィールド」の効果をリーリエがサトシに伝えている。
  • 第3話
サトシに与えられたロトム図鑑の性能にリーリエが感動。ロトム図鑑が学習したサトシの言葉「すげー!」を繰り返し、間接的にサトシの口調を真似ることに。
その後のフィールドワークでサトシがミミッキュを逃した時には、「アローラ地方にはまだまだたくさんポケモンがいる」と励ましている。
  • 第4話
前話から続くフィールドワークでのアゴジムシとのバトルで、リーリエは自分のせいでピカチュウが怪我をしたと思い、サトシに謝罪。サトシは笑顔で「気にすんなって」と返す。
  • 第5話
海釣りのフィールドワーク中、ミロカロスをヒットさせてパニックを起こすリーリエの元に、サトシが「待ってろ、今そっちへ行く!」とラプラスを走らせ、途中で飛び移ろうとする。ミロカロスには(強烈な頭突きを食らった挙句)逃げられたが、少なくともリーリエを助けることには成功した。
  • 第8話
リーリエ主役回。サトシがリーリエの自宅を訪れ、わずかながら彼女の過去を知る。その後サトシの提案でポケモンに触る練習をし、ピカチュウらには触れずに終わるが、ポケモンのタマゴには触れるようになった。

卵が孵るまで付き合ってください!!


また、リーリエがその知識を活かしてバタフリーのためのポケモンフーズを作った時には、サトシに褒められ赤くなって喜んでいた

  • 第14話
タマゴから孵ったアローラロコン(シロン)が、リーリエのパートナーに。ゲットの際、サトシが「ロコン、ゲットだぜ!」と決め台詞を代弁。放課後シロンを連れて帰っていくリーリエを、サトシは「大丈夫大丈夫、リーリエなら!」と言って見送ろうとするが、マオに引っ張られ後を尾けることに。
その後ロケット団とのいざこざを経て、リーリエがシロンに触れるようになると、サトシは(自分よりもリーリエとの付き合いが長いはずの)マオに「だから言っただろ?リーリエなら大丈夫だって!」と言うのだった。
ちなみにこの回にて、シロンの直後にもう一つのタマゴ(=サトシがカントーから運んできたもの)から誕生したロコン(通常の姿)が、てっきりサトシの手持ちになると思った視聴者も少なくなかったとか。
  • 第17話
デンキZをなくしてしまい、カキにバレないよう必死で隠そうとするサトシにリーリエたちが協力。途中カキに疑われた際には、咄嗟に駆け寄って一緒にごまかす場面も。
終盤では、リーリエがロトム図鑑の録画映像の中でポケットに手を入れるサトシを見つけたおかげで、彼はデンキZの置き場所を思い出すことができた。
  • 第19話
カプ・コケコとの再戦時、コケコがピカチュウを呼び出すことや何度もサトシの前に姿を現すことを疑問に思ったり、サトシとピカチュウの活躍に周囲が盛り上がる中一人心配そうにしていたり、コケコがサトシの全力を待っているらしいことに反応を見せたりと、リーリエに意味深な描写が見られる(今後の布石?)。
  • 第22話
直接的な絡みはあまりないが、リーリエとシロン、サトシとニャビーの絆と成長がそれぞれ描かれている。また、(皆の協力あってこそだが)リーリエとシロンの活躍を受けてサトシとニャビーが絆を確かめ合い、成長へ繋がるという構図になっている。
  • 第24話
オープンスクールに訪れたハナコとサトシがリーリエとジェイムズに会い、互いに紹介し合う。その後、サトシはアローラのポケモンに関する発表の際にシロンの思い出に触れた。「アローラのことをもっと知りたい」と締めたサトシに対し、クラスの他の面々は「教えてあげる」というスタンスだったが、リーリエは「一緒に学びましょう」と寄り添う姿勢を示した。
またリーリエは、サトシとハナコの似ているところとして「優しさ」という長所を挙げている。
  • 第27話
「謎のルガルガン使い」と噂になっていたグラジオにバトルを申し込もうとしたサトシは、そこに現れたリーリエによって2人が兄妹であることを知る。
その場を立ち去ろうとしたグラジオは、サトシがカプ・コケコとバトルしたとリーリエが話したことで、サトシに強い興味を持つようになる。
その後サトシはリーリエ宅を再訪問し、グラジオの過去を教えられる。優しかった兄が別人のように変わってしまったと落ち込んだ様子のリーリエに、サトシはグラジオの台詞を根拠に「(彼は)良いヤツだよ」と励ましの言葉をかけるのだった。
  • 第29話
向かい合って座ったり隣同士になったりすることが多く、これまでと比べ距離が近くなっている。そのためツーショットも多め。
後半では、ネマシュと仲良くなろうと試みたサトシの無茶な触れ合い方(カレーによるエネルギー補給)を見て、他の4人が呆れる中一人感心しており、おかわりを渡してサポートもしている。
  • 第30話
授業の一環としてパートナーポケモンの交換が行われ、くじ引きでサトシとリーリエがピカチュウとシロンを交換することに。リーリエ以外になかなか懐かないシロンだったが、サトシは散歩をきっかけに距離を縮めていき、一緒にバトルの特訓ができるまで打ち解けた。
一方、ピカチュウに触れないことで悩むリーリエは、「サトシはどうやってピカチュウと仲良くなったのか」という考えからポケモンバトルを思いつく。ジェイムズのオドリドリ相手に苦戦するが、サトシとピカチュウの間にあるような強い信頼が大事だと気づき、ピカチュウのスピードを活かした攻撃で見事勝利。その喜びを分かち合った瞬間、リーリエはピカチュウに触れるようになった

リーリエとピカチュウ


そして終盤では、パートナーを交換した状態でサトシとリーリエがバトルをすることに。

  • 第44話
サトシが見つけた謎のポケモンに「ほしぐも」と名付けた際、リーリエの案にサトシが賛成し、2人で名付け親になる形となった。

ほしぐものお父さんとお母さん的な二人!!


下校時にリーリエはサトシとほしぐもを車でククイ博士宅まで送っており、サトシは彼女の母・ルザミーネと初対面。
ここでほしぐもを譲ってほしいと願い出たルザミーネに対し、リーリエはサトシがカプ・コケコに認められたとても強いトレーナーで信頼できる人であると主張。サトシがほしぐもの世話をできるようフォローしている。

  • 第46話
エーテルパラダイス内で逃げたメタモンを捕まえる際、リーリエがシロンに化けたメタモンに直感で気づき、それを察知したサトシがすぐさま飛び込んで捕まえるという連携を見せる
サトシはリーリエのおかげだと感謝を伝え、更にルザミーネの仕事について改めて説明されるとそれを尊敬し、リーリエも嬉しそうにしている。
  • 第47話
直接の絡みはないが、サトシがグラジオにリーリエにたまには会うよう促したり、シロンを大事にしていることやピカチュウに触れるようになったこと、ほしぐもの名を付けてくれたことなどを嬉しそうに話している。
  • 第48話
ククイ博士宅でのお泊まり会にて、ロフトで寝る権利を懸けた「ほしぐも探しゲーム」が行われ、隠れたほしぐもをリーリエが発見・キャッチしたことで女子勢が勝利。
「主人公が普段使っているソファーをリーリエが使う」という、(下イラストのような)ゲームとは真逆の展開になるのではとの期待もあったが……

サトシのソファベッド


残念ながらそんなことは起こらず、リーリエはソファーの傍の床に敷いた布団でマオやスイレンと並んで寝たのだった。
(ちなみにソファーはバーネット博士が使った)

  • 第49話
再びポケモンに触れなくなってしまい落ち込むリーリエに、サトシは真っ先に声をかけて励ました。
下校時にはシロンと歩いて帰るリーリエについていき、彼女を元気づけている。サトシの気遣いに感謝したリーリエは、全ての記憶を取り戻す決意をする(14話の時と比べてみると、2人の関係や距離感が変わっていることがわかる)。
その後2人でリーリエの思い出の場所を巡り、ザオボーに攫われる際にはリーリエが何度もサトシの名を呼んでいる。
リーリエの記憶を消されそうになったところで、ほしぐもの力でテレポートしてきたサトシとピカチュウがこれを阻止。リーリエ救出自体はグラジオたちに譲る形になったものの、彼女がシルヴァディに触れた時にはグラジオやルザミーネが驚く中、サトシは笑顔を見せていた。
そして再び他のポケモンにも触れるようになったリーリエに、「よかったな、リーリエ!」と声をかけるサトシ。リーリエは満面の笑顔で「はい!」と返すのだった。
  • 第50話
サトシのリュックでモクローと一緒に眠るほしぐもを2人で見守る。その姿が夫婦のように見えると言われることも。
  • 第52話
母親の救出を急ぐあまりカプ・コケコたちに食ってかかるグラジオを、リーリエが宥める。サトシも笑顔で同調していた。
  • 第53話
ウツロイドに憑りつかれたルザミーネの攻撃により、よろけたリーリエを咄嗟にサトシが助けている。身体に腕を回してがっしりと掴むような状態だった。
  • 第55話
ルザミーネ救出から数日後、スクールに戻ってきたリーリエは、サトシとピカチュウに感謝の言葉を述べる(もちろん他の皆へも礼を述べた)。サトシは頬を掻きながら「またいつでも頼ってよ、俺たちのこと!」と返した。マーマネはそれを茶化し、ククイから伝え聞いたバーネットも「カッコいい」と褒めていた。
  • 第56話
Cパート(ポケ問題解答時)にてプリンの歌で寝てしまった際、リーリエがサトシに覆い被さる体勢で寝ている。その寝顔は穏やかで安心したようなものであった。

アニポケSM56話後妄想


  • 第60話
ハラに誘われラナキラマウンテンに来た一行。そこで開催されるポケゾリジャンプ大会にサトシ、リーリエ、カキが参加、そして結果発表の際サトシが「優勝はリーリエだと思うな!」と発言。(そのあとマオとスイレンも同意している)
  • 第61話
ウルトラガーディンズとしての初任務。出動前の確認でルザミーネから「ウルトラジャー!」という決め台詞を教えられノリノリな母親の事も含めリーリエが恥ずかしがっている所サトシが「かっこいい!」と応えリーリエが驚きを見せる。
  • 第64話
ナゲツケサルと仲良くなる為に彼らの真似を練習するサトシを見てナゲツケサルの衣装を思い付き提案、マオやスイレンと共に制作した(リーリエは顔のペイントを担当)。また、サトシがナゲツケサルの群れに入る様子を見守る際にはナチュラルにピカチュウがリーリエの肩に乗っている
  • 第65話
スクールの卒業生イリマが帰って来るが転校生である二人は彼を知らずクラスメイトから数々の伝説を聞かされる。その際少々薄めな反応を見せるもネッコアラの目が開いたと聞き即座に食いつくのだが、その時の二人の反応がシンクロしていた。
  • 第67話
リーリエがベベノムの毒に侵されたモクローを治療しサトシに感謝されている。また、サトシがベベノムをゲットする際ボールを避けるベベノムを見てリーリエが「遊びだと思っているのでは?」とアドバイスし無事ゲットできた。因みにベベノムがサトシの手持ちに入ると知った際には「サトシと暮らすのですね!素敵です!」と発言。
  • 第68話
ポケモンセンターでの職業体験の授業にて最初にサトシと共に受付を担当。二人とも緊張気味ではあったがサトシが台詞を忘れた際にはすぐさまリーリエが耳打ちしてフォローしている。
  • 第69話
マーマネからお伽噺にある「星舟カグヤ」を見つけたと聞いてマオ達3人が半信半疑であまりノリ気でないのに対しサトシとリーリエは揃って見てみたいとワクワクし、シンクロしていた
  • 第74話
ククイ博士からアローラリーグ設立の話を聞き燃えるサトシとカキ。そんな二人を見てカキにマオとスイレンが反応を示したのに対しサトシにはリーリエ単独で反応している。
  • 第83話
特別講師としてやってきたザオボーの発明が暴走した際サトシとリーリエが同じ場所に逃げ込んでいる。
その暴走によって小さくなったサトシ、リーリエ、マーマネ。最初は戸惑うもいつの間にかサトシとリーリエはピカチュウに乗り現状を楽しんでいた。(最初は怖がっていたリーリエもすぐに慣れている。)
さらにトラブルでスクールの外に出た際もこのサイズで生きていく覚悟を決めたリーリエにサトシも同調し、慌てふためくマーマネを余所に2人でキュワワーに掴まり冒険を楽しむようになる。その様子はまるでデートのようにも見える
この回では2人がほぼセットとして扱われておりツーショットも多い。また、ピカチュウとシロンもコンビで動いている。
  • 第88話
ルナーラを追って現れたネクロズマとのバトルに置いてチルタリスから落ちてしまったリーリエをルナアーラが助けた際真っ先に側によりお礼を言っている。
  • 第96話
バーネット博士に弁当を届ける為サトシがエーテルパラダイスに向かおうとするタイミングでルザミーネに頼まれジェット機でリーリエが彼を迎えに現れる。
エーテルパラダイスでは行方不明となったヌイコグマを探す為一旦みんなで手分けするがロケット団を見つける前に既に合流している。
これといった絡みはないもののこの回はクラスメイトからの出演がリーリエのみで、二人の表情や反応が似ているシーンもよく見られる。
  • 第98話
ロトムと喧嘩してしまい落ち込むサトシに下校時に声を掛け海辺で話す事に。
かつてのルザミーネへの思いや和解などを踏まえサトシの気持ちに理解を示しつつ、ロトムは自由の実だからこそ好きなサトシと一緒に居るのだと、ゲットしてなくても大事な仲間だと伝える
リーリエの励ましに感銘を受けたサトシは元気を取り戻しこれを切っ掛けにロトムと仲直りできた
これは49話のポケモンを再び触れなくなり落ち込むリーリエを追い掛け一緒に下校し励ましたサトシと対になっているという説もある。
また、ルザミーネとの和解や救出に特によく協力してくれたサトシに対して今度は成長したリーリエが協力するという構図にもなっている。

余談

リーリエと歴代ヒロイン

  • 「ポケモンに触れず条件反射的に避けようとする」点は、むしタイプを前にした時のカスミを思わせる。ただしカスミの場合は「虫は嫌い」と明言しているのに対し、リーリエは「ポケモンは(学びの対象としては)大好き」と言っている。
  • 「タマゴから孵したポケモンが手持ちに加わった」点ではカスミ・ハルカヒカリと共通する。
  • リーリエの声を担当する真堂圭氏は、前作にてセレナ色々な意味でのライバルだったミルフィ(2代目)を演じている。そのため一部視聴者の間では「ミルフィが本気出した」「ガチでセレナのライバルだった」などと盛り上がっている。
  • 「金髪」「(ゲーム版も含めて)兄が一人いる」という点ではユリーカと共通する。


オープニングテーマの「あのコ」

「太陽も月もポケモンもあのコも 振り向いちゃうような冒険をしていたい」の部分で、「あのコも」の時に映っているのがリーリエである(しかもサトシのピカチュウと一緒)。

おなじみ「あのコのスカートの中」の部分で、上述のサトシとリーリエの初対面のシーンが使われている(ピカチュウがリーリエのスカートの中を見上げているように見えなくもない)。

その他

  • OP「アローラ!!」にて、「熱いバトル君に決めた!」という部分で各キャラのイメージが背景に映されてスクロールするシーンがあるが、そこでサトシは太陽、リーリエは月となっている。


  • 他のシリーズ等のご多分に漏れず、今作も字幕放送に対応しているが、字幕が色付きなのはサトシとリーリエだけである。
    • サトシが黄色、リーリエが水色、その他のキャラクターたちが白色である。

  • サトシが自室として使用しているククイ博士宅のロフト部分は、ゲームではリーリエの自室に相当する。
    • リーリエはその自室に置いたソファーベッドで寝起きしている設定だが、アニメでもロフト部分にソファーが置いてあるのが確認できる。9話にてサトシがそのソファーで寝起きしていることが判明。

  • 「パートナーポケモンの進化条件が『進化の石』である」こともサトシとリーリエの共通点。
    • リーリエは80話で「こおりのいし」を手に入れたが、シロンはそれを使って進化することを拒んだ。この点はかつて、「かみなりのいし」によるライチュウへの進化を拒んだサトシのピカチュウを思わせる。

  • ゲームのリーリエが最後カントー地方に旅立ったことから、『サン&ムーン』編終了後にカントーに帰るであろうサトシに「リーリエもついていくのでは?」という予想も挙がっている。更に「別の地方にもついていくのでは?」と言う意見も存在する(トレーナーへとなるのなら別の地方でもなれるので)。

関連イラスト

Ash and Lillie
リーリエちゃんかわいい...


サトリエ落書き
サトシ「一緒に旅出ようぜ!!」



関連タグ

サン&ムーン サトシ(アニポケ) リーリエ(ポケモン)
歴代ヒロイン アローラガールズ アニポケカップリングタグ一覧
サトカス サトハル サトヒカ サトアイ サトセレ サトユリ サトマオ サトスイ

pixivに投稿された作品 pixivで「サトリエ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 899992

コメント