ピクシブ百科事典

サトカス

さとかす

アニメ『ポケットモンスター』シリーズの主人公・サトシと、初代ヒロイン・カスミのカップリング。
目次[非表示]

概要

アニメ『ポケットモンスター』におけるサトシカスミNLカップリング。
(この作品の場合、攻めや受けに関係なく「男×女」の順で表記されることが多く、このカップリングもその一つ)

ポケモンのアニメ(通称「アニポケ」)が社会現象になった頃の組み合わせなだけに、根強い人気がある。国内国外問わず知名度が高い。
この組み合わせでのラジオが何度も放送されたりフィギュアが発売されたりと、何かと定番なコンビ。


関係性

設定は同じ10歳だが、カスミの方が背が高いことや、トレーナーとしても先輩であることから、一見すると「世話焼きな姉とやんちゃな弟」といった印象。

長い歴史を持つアニポケが黎明期にあった頃には、カスミに見惚れるシーンがあるなど多少サトシの方からのアプローチが見られた。またカスミも普段はサトシに手を焼いているが、彼の危機には心を痛め率先して助けに向かうなど、その思いの強さが垣間見えている。

ピカチュウとカスミ

サトシのピカチュウとカスミの仲の良さ、これもこのカップリングの特徴である。
ピカチュウにとってカスミは命の恩人であるためか、トレーナーのサトシよりも先に懐いており、しばらくは彼以上にベッタリであった。
最初は抱きかかえる場面が目立っていたが、トゲピーの登場以降見られることはなくなった。
カスミがレギュラーを降板してからも、何かと懐いている様が見られた。

ちなみにピカチュウ語で「カスミ」は『ピカチュピ』。

本編での絡み

1話
記念すべき第一話。お互いまだ名前も知らなくピカチュウを傷だらけにした主人公に唐突なビンタをかまされた。
ほんの短いシーンではあるものの、中の人にとっても語り草になっていて朝番組にて2人がゲストで招かれ当時のシーンのアフレコを行った事もあった。
とてもロマンチックとは言えないが、なにあれこれが最初の絡みである。
+
2話
片手で自転車持ち上げるカスミさん素敵です

ポケモンセンターのホールで休んでいる所で合流する。前回にて自転車を盗んだ上に壊した男を追ってトキワシティまでカスミがやってくる。
カスミの自転車を初登場だったロケット団の撃退に利用し勝利するも、自転車は完全に消し炭になる。
じてんしゃの弁償を兼ねて同行する事に。

3話
キャタピーを初ゲット。その嬉しさのあまりカスミと(一方的に)腕を組んで踊り出す。
この時期のサトシは結構ベタベタと遠慮なく異性の身体に触ってくる。
今ではなかなか見られない主人公のヤンチャな一面だ。

4話
サトシと喧嘩別れし先を行くカスミだが、トレーナーの辻斬りをしている少年と会いサトシの身の危険を感じサトシの元へ引き返す。

5話
タケシ加入でサトシとの2人旅はここまでになるが、ヒロインの中では2人で旅をした期間が最も長い組み合わせとなった。・・・が、今ではアイリスと並んでいる。後のオレンジ諸島での2人きりの期間を含めれば記録はまだ伸びるのだが。

7話
カスミの実家回。姉にサトシを彼氏と間違われる。
最後のシーンで喧嘩をしている2人を姉達が微笑ましく見るカットがある。
「そういうのを負け犬のうろ覚えって言うんだよ!」「遠吠えでしょ!あたし負けてないし!」

ちなみにこの回はサトシの命令を嫌がりカスミとの対戦を断るピカチュウが見られる。
命の恩人なせいかこの頃はサトシよりカスミに懐くピカチュウが時々みられる。

9話
ポケモンでは珍しいフルネーム持ちの優藤聖代が出てくるお話。
ここでは今じゃ珍しい美少女にデレデレするサトシをお目にかけられる。
「良かった良かった、オレとカスミとは大違い」

実はこの話、小説版ではサトシが気持ちを伝える台詞があったりする。

10話
タケシを追いかけるサトシ達は隠れ里のロープの罠にはまり宙ぶらりんにされる。
脱出を試みたサトシがカスミの色んな所を触るシーンがある。
この2人が密着した状態はタケシが助けるまで続いた。
ついでにこの回でも肉食なサトシが見られる。
「いいなぁ〜綺麗なお姉さんかぁ〜」

11話
かの有名な『はぐれポケモンヒトカゲ』の回。よく再放送される事が多い。
この回では瀕死のヒトカゲの治療を待つシーンにて2人が頭を寄せて眠るシーンがある。
地味に待っている間にピカチュウを抱っこするカスミが見られる。
ヒトカゲを迎えに行くシーンでの返答が地味に格好いい。
「だったら付いて来なくてもいいよ?」「放っておけないでしょ!」

12話
ゼニガメぐんだんとうじょう。走れメロスのパロディ回。
カスミを人質に取られたサトシは必ず戻るから信じてくれとフレンドリーショップへ走る。
戻ってきたサトシはカスミが処刑されたと思いゼニガメに怒鳴ったがカスミはピンピンしていた。

実は遅くなった原因はシゲルにあったりする。

18話
アオプルコの休日。南国のアオプルコに到着して海で泳ぐサトシ達。そこに水着に着替えてきたカスミにタケシとともに見とれていた。しかし普段彼女が肉食系のためか「カスミも女の子だったんだな」と言った為、持っていたビーチボールを当てられた。

20話
某掲示板スレ画用カスミ:その8浴衣でおでかけ

ゆうれいポケモンとなつまつり。ファンにとっても語り草になっている浴衣カスミの回。
ここではリンゴ飴を舐めながら笑い合うシーンや幽霊を怖がりサトシの肩に抱きつくカスミが見られる。
最後にサトシが浴衣姿のカスミに見とれるカットもある。このあとサトシの手を引いて祭へ向かう。
この回はタケシとコジロウにスポットが当たるので何かと2人きりのシーンが多い。

23話
サトシが最初に死ぬ回。この後もサトシは何度も死ぬシナリオが用意されている。
幽霊屋敷は深い霧に覆われ、そんな霧の中を歩くサトシは逸れないようにカスミの手を引っ張る。
ピカチュウの尻尾を握ったタケシが電撃を浴びるが、それに驚いたカスミがサトシの背中に抱きつく。
物語の終盤で落ちてきたシャンデリアに潰されサトシは死んでしまう。
そんなサトシを見たカスミは(シャンデリアを退けて?)身体を揺すり呼びかける。
最後は魂が戻り無事に目を開いたサトシに名前を呼ばれたカスミは良かったと涙を拭う。
幽体離脱したサトシがカスミに抱きつき空中へ持ち上げそのままタケシに落とすシーンがある。
このあとサトシを心配したカスミは塔の中に走るのだが、端から見れば理不尽な流れだ。
幽霊の攻撃を受けたカスミがサトシを心配するのに、その幽霊の正体がサトシという。

45話
うたってプリン。
プリンの歌で眠らされたサトシとカスミは身体を寄り添わせて眠るシーンがある。

48話
ガーディとコジロウ
コジロウのガーディ(ガーちゃん)を屋敷から出すために全員で扉を開けようとしたが。その際カスミがサトシの後ろに抱きついていた。さらに扉を開けて転倒した時、サトシの頭部がカスミの胸に・・・。

52話
おひなさまクイーンコンテストに参加したカスミ。アイドルとのツーショットが参加目的だと勘違いしたサトシは「そんなにアイドルと写真撮りたい?」と不機嫌になっていた。

62話
ピッピVSプリン
この話でも、カスミがサトシを背後から抱きつくシーンがある。

70話
しょくぶつえんのクサイハナ。
早朝のシーンにてサトシのベッドでカスミが寝ている。
この回はハナコがいつもハーブを貰っているムラサメ植物園に修行へ向かう。
カントー編の修行期間ではこういったハナコやオーキドの知人がゲストで出てくる事が多い。
ちなみにそこではサトシの口にカスミが指突っ込むツッコミが行われた。

84話
なんごくポケモンとGSボール
ウチキド研究所に残る(一時的)ことに決めたタケシと別れ、二人でGSボールをオーキドに届けるためにカントーに帰ることに。しかしロケット団の策略で飛行船に乗せられ、閉じ込められる。しかし一人いないことに気付いた彼らに二人の関係を冷やかされ、双方とも一度顔を合わせ、赤くなった。

100話
かなりカップリング色の強い回。カスミの書いた手紙の内容をサトシで実践するシーンは今でも強烈。

そのあとラルフとエミリーの関係を語る2人をケンジにちゃかされた。
「あの2人ぜったい意識してるわよ」「サトシとカスミもそうだもんね」
このあと仲良くハモって否定していた。

103話
カスミに一目惚れをするジムリーダー・ジギーが登場。
自分を無視してカスミを口説くジギーに苛立ち、まだ反抗期だったリザードンをうっかり繰り出してしまうという、サトシの嫉妬とも取れる描写がされる。
ジムに残ってくれというジギーに揺れるカスミだったが、ジム戦の勝利をカスミに捧げようとしたジギーではなく、最終的には不利になったサトシを叱責しつつ応援する。サトシは見事逆転勝利したのだった。
別れ際、ジギーはサトシに「カスミさんを大事にしろよ」と告げ、キョトンとするサトシに「幸せな奴め」と笑うのだった。かなりサトカス色の強い伝説の回である。

133話
ハネッコはねた! だいそうげんのたたかい!!
この回では、竜巻に巻き込まれそうになったカスミをサトシが抱きかかえておさえている。

263話
サトシに好意を寄せるモエが登場し、カスミの機嫌が悪くなる。

273話
姉達の唐突な旅行により留守を空けるジムへカスミが帰ることに。
炭になった自転車も謎の復活を遂げた。ここまでご都合だと気持ちが良い。
タケシも実家に呼ばれたようで涙で別れる3人。5年もの旅路がここへ終わりを告げた瞬間だ。
カスミにとって、いつの間にか目的が自転車の弁償でなく仲間との旅へとすり替わっていたのだ。

国によってはここが最終回となる。本当の最終回はAGの序章と繋がってしまっているせいだ。
なので世界100国近く放送されたアニポケも、無印で放送を終えた国も少なくはない。

サイドストーリーではツトムのデートの申し込みを断り、「好きな人がいるのか」と聞かれて赤面するカスミが見られる。誰に対する反応かは明らかではないが、サトカス好きにとって想像を掻き立てられる描写である。この時勝手に出てきたコダックがニヤニヤしながらカスミを見上げており、カスミは真っ赤になりながら怒りつつボールに戻した。

AGでの再登場の際はホウエンリーグ編の前後にサトシを応援したり、バトルフロンティア攻略に苦戦するサトシに自身の手作りであるカスミルアーを送って激励している。また、マサラタウンの自宅へ戻ったサトシをハナコと共にカスミが迎えるシーンがある。

DPではサトシがヒカリにカスミルアーを触られるのを嫌がり、持ち去られた際にも釣竿を発見すると真っ先にルアーの無事を確認していた。

カントー在住なためか、サトシの母・ハナコとも歴代ヒロインの中で一番接点が多い。(小説によればカスミとハナコの性格はかなり似ているらしい。また男性の深層心理的欲求として、母親に近い女性に好意を寄せやすいという特徴がある)

サン&ムーン42話・43話において、タケシと共にカスミが約12年ぶり(回想シーン等は除く)に再登場を果たした。
サトシはカスミの虫ポケモン嫌いが治っていないことを突っ込み、「相変わらずだなぁ」と懐かしんでいた。
また、サトシによる「カスミはああ見えて結構強い」「やっぱり良いコンビだなぁ、カスミとコダック」などとカスミをよく理解している発言も。
Zワザvsメガシンカの構図となったサトシvsカスミのジムバトルでは、互いに認め合い、心から楽しんでいる2人が見られ、長年のサトカスファンを感涙させた。
お情けバッジから20年、2人のジム戦はようやく決着したのである。
バトル後にサトシをからかうカスミや、カスミのジョークからのデコツンというイチャイチャも盛りだくさんであった。
「2人でアローラに来てくれ」というサトシの言葉に、タケシと共に「必ず」と答え再会を誓い別れた。

映画 

ルギア爆誕

フルーラがしきたりという理由でサトシにキスをしたことに動揺し、嫉妬していた。この時のサトシはまだ女性に興味を持っていたのか、食事の際にフルーラを探していた。その他にもサトシを追いかけて来たカスミに対し、フルーラから「この子(サトシ)のことが好きなんでしょ」と言われ、真っ向から否定していた。

その他


レッドとカスミ

レッドとカスミ、通称『レカス』とも関わりの深いカップリングだったりする。
赤緑当時まだ女主人公は存在せず、漫画などでヒロイン役にカスミが描かれる事が多かった。
アニメにしてもそういった流れでカスミをヒロインに選ればれたのかもしれない。
公式イラストレーター杉森建による主人公とカスミの絵も何枚か存在する。
もしかしたらアニメから作られた流れの可能性もあるにはあるが。

同じく女主人公のいなかった金銀ではアカネをヒロインにされるケースが多かった。
実際、杉森建によるアートにて主人公とアカネが遺跡を探索してる絵も描かれた。

超鋼戦紀キカイオー


当時のポケモン人気は凄く、それにあやかったパロディももちろん存在する。
たとえばカプコンのゲーム『超鋼戦紀キカイオー』のツインザムVでは松本梨香&飯塚雅弓という明らかにポケモンを意識したコンビで出演している。このように「ポケモンの2人」といえばこの2人だった。
ちなみにミュウツーの逆襲が公開されたブーム真っ只中の年の事だった。

余談

金銀編あたりにてサトシ続投の重石と判断されたのか、カスミに限らずサトシが女の子に向けるアプローチが全く見られなくなった。
そのため、以降のアニポケ及びサトシを見て育った者は、初期のサトシの性格に衝撃を受けることもしばしば。
故・首藤氏曰く「カスミはサトシには惚れていない。ルギア爆誕の例のくだりは“サトシがいなくなったら、それまでサトシについてきた自分のアイデンティティが失われる”という理由から動いている。」と述べている。

しかし、二次創作はマナーや節度を正しく守る限り、それぞれの自由な想像や活動が許される代物である。
今後も公式と二次創作の線引きの元で、サトシとカスミの関係性を存分に楽しんでいけば良いだろう。

関連イラスト


言ってやんない
トキワのもり



サトシとカスミ

ア二ポケらくがき詰め




関連タグ


ポケットモンスター サトシ カスミ

NL PKMNノマカプ アニポケカップリングタグ一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「サトカス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3534454

コメント