ピクシブ百科事典

CV:こおろぎさとみ

概要

「チョッギプリィィィィィィィィイ!」

無印編にてサトシが発見したタマゴから生まれた。
孵化した時はサトシタケシカスミロケット団のニャースの4人で争奪戦に。結果はサトシの優勝であったが、生まれて初めて見た人間であるカスミを親だと思い込み、彼女のポケモンになる。そのためサトシのピカチュウが唯一のパパ役に。
以降はモンスターボールに入ることはなく、常にカスミの胸元に抱かれ旅を共にしていた。

第2世代ポケモンの中では、第1話(テレビ東京系列ならば1997年4月1日)に登場したホウオウの次にアニメでの登場が早いポケモンである。
当時はノーマルタイプだったが、第6世代からはフェアリータイプになったことから史上初のフェアリータイプのレギュラーポケモンとなっている(後付けではあるが)。

プリンにいたずら書きをされても喜ぶほど純粋無垢で、好奇心旺盛である。幼さゆえにトラブルメーカーになる事も多い。

特徴的な鳴き声はしばしばネタにされる。
ちなみにこの鳴き声は「自分の名前を言いたいけど、まだちゃんと言えない」というスタッフの指示で、演じたこおろぎ氏が試行錯誤した結果だという。

赤ん坊のためまだ十分に戦えないが、たまに「ゆびをふる」を使って敵を撃退することがある。
技を使い出した当初は誰もそのことに気付いていなかったが、カスミは徐々にその能力を心得るようになった。

ポケモンAGではカスミと共に再登場したが、トゲチックに進化し彼女の手元を離れた。

関連記事

親記事

カスミ(アニポケ) せかいのびしょうじょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カスミのトゲピー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 786

コメント