ピクシブ百科事典

ポケモンサイドストーリー

ぽけもんさいどすとーりー

アニメ版『ポケットモンスター』シリーズのスピンオフで、『週刊ポケモン放送局』で不定期に放送されていた。
目次[非表示]

概要

正式タイトルは『ポケットモンスター サイドストーリー』。
週刊ポケモン放送局』で2002年12月3日から2004年9月28日まで全18話が不定期で放送された。サトシ以外のキャラクターを主役にしたスピンオフ作品で、本編の脱マンネリ回対策の為に実施した実験フォロー作ともいえる。

サトシ以外のキャラクターを主人公にしたという点は、後の『ダイヤモンド&パール』『ベストウイッシュ』『XY』で製作された特別編に受け継がれている。

同時期に放送されていた『アドバンスジェネレーション』と繋がっているエピソードもある。ムサシコジロウニャースホウエンに赴いてることから、ヤマトコサブロウが悪役として登場することが多い。

アニメーション制作は本編や劇場版と同様にOLMが制作しているが、担当チームが各話ごとに異なっている。また、キャラクターデザインなどの主要スタッフも入れ替わりが起きている。

スタッフ

原案田尻智
スーパーバイザー石原恒和
アソシエイトプロデューサー吉川兆二
アニメーション監修小田部羊一
総監督湯山邦彦(第6・7・18話)
監督湯山邦彦(第1話~第5話)→須藤典彦(第6話~第18話)
美術監督金村勝義
色彩設計吉野記通、池田弘子(第11話~第14話)、樋田由紀子(第18話)
撮影監督白井久男(第1話~第10話、第15話~17話)、水谷貴哉(第11話~第14話、第18話)
編集辺見俊夫
音楽宮崎慎二
音響監督三間雅文
アニメーションプロデューサー神田修吉
アニメーション制作オー・エル・エム
プロデューサー松山進、盛武源
製作テレビ東京、小学館プロダクション


エンディングテーマ

タケシのパラダイス(第1話)
歌 - タケシ上田祐司) / 作詞 - 戸田昭吾 / 作曲・編曲 - たなかひろかず
ラプラスにのって(第2話、第11話、第16話)
歌 - カスミ飯塚雅弓)、ラプラス愛河里花子) / 作詞 - 川村久仁美 / 作曲・編曲 - たなかひろかず
前向きロケット団!(第3話、第12話)
歌 - ロケット団ムサシ林原めぐみ)、コジロウ三木眞一郎)、ニャース犬山イヌコ)] / 作詞 - 戸田昭吾 / 作曲・編曲 - たなかひろかず
ひゃくごじゅういち(第4話、第14話)
歌 - オーキド博士石塚運昇)とポケモンキッズ / 作詞 - 戸田昭吾 / 作曲 - たなかひろかず / 編曲 - 渡部チェル
ポケッターリ モンスターリ(第5話、第15話、第17話、第18話)
歌 - 可名 / 作詞 - 戸田昭吾 / 作曲・編曲 - たなかひろかず / 振付 - 蔦美代子
ニャースのパーティ(第6・7話)
歌 - ニャース(犬山イヌコ)、ゲスト:ムサシ(林原めぐみ)とコジロウ(三木眞一郎) / 作詞 - 戸田昭吾 / 作曲・編曲 - たなかひろかず
ポケモン音頭(第8話)
歌 - ガルーラ小林 / 作詞 - 戸田昭吾 / 作曲 - たなかひろかず / 編曲 - 渡部チェル
ポルカ・オ・ドルカ(第9・10話)
歌 - ニャース(犬山イヌコ)&ノルソル合唱団 / 作詞 - 戸田昭吾 / 作曲・編曲 - たなかひろかず / 振付 - パパイヤ鈴木
ぼくのベストフレンドへ(第13話)
歌 - 岩崎宏美 / 作詞 - 川村久仁美 / 作曲・編曲 - たなかひろかず

本作オリジナルの登場人物


サブタイトルリスト

話数サブタイトル主役となるキャラクター
第1話タケシ! ニビジムをすくえ!タケシ
第2話ハナダジムのリベンジマッチ!カスミ
第3話がんばれ! 前向きロケット団ロケット団
第4話オーキド邸だいけっせん!!オーキド博士ケンジ
第5話カスミ! ブルーバッジをゲットせよ!カスミ
第6話出会いのミレニアムタウンピチュー兄弟ニャース
第7話アルバイトはたいへんニャース!?ピチュー兄弟、ニャース
第8話ポケモン捜査網! オーキド博士をさがせ!!ケンジ、ヒロシ
第9話迷探偵ニャース参上!ピチュー兄弟、ニャース
第10話メイッコルリリは大迷惑?ピチュー兄弟、ニャース
第11話カスミ真剣勝負! 命かけます!?カスミ
第12話ロケット団 愛と青春の原点ロケット団
第13話もうひとつのセレビィ伝説ヒロシ
第14話マサラタウン、ポケモントレーナーの旅立ちオーキド博士、ケンジ
第15話ポケモン研究者シゲルと復活のプテラシゲル
第16話カスミとラブカス! ラブバトル!カスミ
第17話ナナコとリザードン! ​炎の猛特訓!ナナコ
第18話天駆ける伝説 ヒロシとファイヤー!ヒロシ


視聴方法に関して

本作はレンタル限定でVHS・DVD化はされているが、2021年現在はDVDの販売化はされていない。また、Amazonプライムビデオで配信はされてはいるものの、視聴不可能となっている。その為、視聴方法がレンタルDVDと本作を不定期に放送しているキッズステーションなどのCSチャンネルに限られており、容易に視聴できるとは言い難い。…というか『週刊ポケモン放送局』自体がテレビ東京系列一部の地方局でしか放送されておらず、本作でカスミは幼少期のトラウマから苦手だったギャラドスを克服したのだが、前述したように放送地域が限られたことでその事を知らない視聴者もいる。その為、『アドバンスジェネレーション』に再登場した際にギャラドスを連れていた事に驚いた視聴者もいるようだ。

関連タグ

アニポケ 週刊ポケモン放送局 スピンオフ

関連記事

親記事

サトシの旅シリーズ さとしのたびしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポケモンサイドストーリー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポケモンサイドストーリー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28846

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました