ピクシブ百科事典

コサブロウ

こさぶろう

ここでは、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの登場人物の一人であるコサブロウについて説明する。コサブローと表記される事もある。
目次[非表示]

概要

CV: 子安武人

アニメ『ポケットモンスター』シリーズの登場人物。
ロケット団の一員で、ヤマトのパートナー。少々気が弱く、気が強いヤマトの尻に敷かれている。
無印編第57話「そだてやのひみつ!」でヤマトと共に初登場した。
初登場時はクールでキザなキャラクターであったが、2度目の登場以降はヤマトを含め、敵味方を問わず何故か「コサンジ」と呼び間違えられ、すっかりいじられキャラとして定着してしまった。

AG編では一度コジロウと喧嘩別れしたムサシとコンビを組んだ事もあったが、口上をうまく合わせることができず、すぐにコンビ解消となった。
その後サイドストーリーにて度々登場したが、DP編を最後に以降のシリーズは一度も登場していない。今後彼らに出番はあるのだろうか…。

手持ちポケモン


だから!コサブロウだって言ってるだろ!

とにかく名前を覚えてもらえない。

パートナーのヤマト以外にも、サトシムサシたち、果てには下っ端にすら間違えられる始末。
名前を間違えられる度に「コサブロウだって言ってるだろ!」と突っ込みを入れている。

酷い時にはタケシとコジロウからハモって間違えられたこともあり(「ハモって呼ぶな!」と怒った)、サトシの母親のハナコからは「ふーん、コサンジねぇ」と間違った方の名前で憶えられてしまっている。

ちなみに数回ヤマトが「コサブロウ」と正しく呼んだにもかかわらず、自ら「コサンジだ!」と言ってしまったことがある。内一度は改名すら考えていた。
コジロウと間違えられたこともあり、逆にDP54話(コジロウのサボネア離脱回)では少年にコジロウのことを「コサンジ」と呼んだこともあった。
一度だけ、明らかな腹いせでコジロウのことを「コサンジロウ」と無茶に間違えて呼んでいるが、「無理やり言うな」と逆に突っ込まれてしまっている。

それにしても何故そこまで間違えられてしまうのだろうか…。
ちなみにサカキからは一度も間違われた事がない。

余談だが無印編86話のエンディングクレジットでは「コサブロー」と誤表記されていた。

余談

声を担当した子安武人氏はドラマCD版の『白い明日だ!ロケット団』にてムサコジの後輩であるモンド役を担当しているが、ヤマコサとは逆に彼らとニャースを慕う役回りであった。

関連タグ

アニポケ ポケットモンスター(アニポケ)

ロケット団

ボス:サカキ
上司:ナンバ博士
所属ポケモン:スリープ
チームヤマコサヤマト(アニポケ) コサンジ コサブロウ
育て屋 ポケモンブリーダー

モンド…ロケット団の見習い団員、担当声優も同じ子安氏。

ビーストコンボイビーストウォーズシリーズで子安氏の演じたキャラで、こちらもイボンコと弄られた。なお同作にはコジロウの中の人出演しており(放送自体はビーストの方が先)、アニポケネタを使っている。

スコルプ…こちらもYes!プリキュア5gogo!で子安氏の演じたキャラで、酢昆布スコップと弄られた(ちなみに弄った相手担当とはビーストでも共演した)。

柳家小三治:人間国宝にもなった古典落語の名手である落語家。コサンジの元ネタと関係ないと思いたい。

R団内のライバル

ムコニャムサシ(アニポケ) コジロウ(アニポケ) ロケット団のニャース ソーナンス

コミカル団:ムコニャ+ヤマコサ

他人に名前を間違えまくられたキャラ

ナンバ博士 ケニヤン

他人の名前を間違えまくったキャラ

アデク

関連記事

親記事

ヤマコサ やまこさ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コサブロウ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コサブロウ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 555055

コメント