ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ポケットモンスターシリーズのうち、第六世代までに登場。

主人公に代わってポケモンを預かりレベルを上げてくれる施設で、主人公が一歩歩くごとに1経験値が入る仕組み。預けたポケモンを引き取る際は(上がったレベル+1)×100円分を支払わなければならない。


…と、このようにレベルを上げたいポケモンを手軽にレベルアップさせるために利用される施設。

ただしそれは第一世代だけの話


ポケモンのタマゴ

おお!あんたか

あずかっていた ポケモンを

そだてていたら…… なんと!

ポケモンが タマゴを

もっておったんじゃ!

どこから もってきたか わからんが

あんたの ポケモンが もっていた

タマゴ なんじゃ

やっぱり ほしいじゃろ?


第二世代から新たにポケモンのタマゴなる新要素が登場。また、個々のポケモンに性別も追加される。

これは同じタマゴグループの異性同士を掛け合わせれば、♀の種族のポケモンのタマゴを作ることが出来るというもの(ニドラン♂バルビートの例外もいる)。♂のみの種族や無性別もメタモンと預ければタマゴを作れる。


これに伴い二世代以降は2人以上の経営となっており、2匹同時にポケモンを預けられるようになっている。


タマゴを産ませることで、草むらでは進化系しか出ないポケモンの進化前や一般的に野生に出現しないベイビィポケモンなどを入手することが出来るため、図鑑を埋めるのには欠かせない。


だがそんなものはポケモンを知る上での序章に過ぎない…


ポケモンのタマゴを産ませる真骨頂はやはりわざ個体値が遺伝できる点にあるだろう。

ポケモンによってはガブリアスげきりんマンムーつららばりなど遺伝でないと覚えられない重要な技が存在する。そのため、タマゴから産ませないと対戦で本領を発揮できないポケモンもいるのだ。

また、タマゴは育て屋に預けた両親の個体値からランダムで最大3つまで遺伝する。極端な話、両親が両方とも6V(全個体値MAX)だった場合、タマゴから生まれるポケモンは遺伝が1つなら1V以上、遺伝が3つなら3V以上は確定というわけである。さらに世代が進むごとに道具を使って遺伝する箇所を固定したり、増やしたりすることも可能となっている(後述)。


このように対戦用ポケモンを厳選する際に非常に重要な施設であるため、強い技・個体値を持ったポケモンを求めて育て屋の前で理想個体のタマゴをひたすら孵しまくるポケモン廃人が続出している。また、タマゴが生まれるまで一定の歩数歩く必要があるため、主人公(廃人)が自転車で疾走する育て屋前の道路を巷では廃人ロードと呼ぶ。


ちなみに最近のポケモンシリーズではタブンネ狩りデルパワージョインアベニューOパワーがくしゅうそうちといったシステムで楽々レベルが上がる仕様になっているため、本来の用途である育て屋でレベル上げする必要性は物語の序盤に即戦力にはならないポケモンのレベル上げを依頼する程度になっている。

そのため、育て屋というより孕ませ屋と化してしまってるのは言うまでもない。pixivでもこのタグが付くイラストにはR-18タグが付いている事が多い。


世代ごとの育て屋の変遷

育て屋の歴史は同時にポケモンの厳選環境の歴史でもある。


第一世代

RGBP

ハナダシティ真下の5番道路に存在。

この頃は性別やタマゴの存在がなかったため、男性一人のみの経営となっている。

また、段差(草むらあり)の間という変な場所にあるため、レベルがどれくらい上がったかを聞くのも一苦労する。

ひでん技を持ってるポケモンを預けることはできない

第二世代

GSC

コガネシティ真下の34番道路に位置する。

老夫婦で経営しており、お爺さんとお婆さんそれぞれが一匹ずつ育て、お爺さんがタマゴを預かっている。

2匹の相性を見たりタマゴを貰うには建物を通過しなければならないので少し不便。

この世代限定でタマゴから生まれたポケモンをタマゴが生まれた場所でレベルアップさせるとなつきやすくなる仕様があった。

また、「(タマゴが)ほしいじゃろ?」と訊ねられた際に「いいえ」を選択すると、後の世代では「ほんとうにいいのか?」と再度訊ねられるのだが、本作ではそのまま「それじゃワシがもらおう」と言われて持っていかれてしまうので注意。

個体値の算出が後の世代と異なるためか、個体値の遺伝、タマゴの発見もこの世代独自の物があり、

  • 個体値は子と反対の性別の親からぼうぎょは同値、とくしゅは8未満なら+8、8以上なら-8された値が遺伝する。(メタモンが親ならメタモンの物が用いられる。他は親の個体値は関与しない)
  • 両親の防御個体値特殊個体値÷8の余りが同値だと「げんきがいっぱいだ!」と表示され、タマゴが発見されない
    • したがって、親子関係のポケモンはタマゴが発見されない。

赤の他人でも「げんきがいっぱいだ!」と表示される可能性があるため、タマゴが欲しい場合は念の為確認しておきたい。

この世代では色違いポケモンが個体値で決定される関係から、色違いを親にすればタマゴから色違いが産まれやすくなる。その場合、親とは反対の性別が産まれる。ただし、前述の関係から色違い同士ではタマゴは発見されない。(ちなみに必ず手に入る赤いギャラドスからはタマゴが発見される13グループ中こうぶつ・ひとがた・ふていけいを除く9つを繋げられる。タマゴで遺伝されるのは防御と特殊だけなので、グループを繋げる事だけが目的なら間に挟むのは色違いである必要はない)

ちなみに5番道路にあった育て屋は一般的な民家になっており、住人も全くの別人に入れ替わっている。余談だが、この民家の入り口を調べると「うりや(売り家)……だれもすんでないみたい」と表示される。だが中に入ることが出来、住人のおばあさんからは「きよめのおふだ」を貰える。恐らくミラクル・サイクル同様、育て屋の引っ越しに関連づけて空き家にしたが、同アイテムを配るイベントを急遽配置したためにフラグの消し忘れが発生したと思われる。

しかし、貰えるアイテムがアイテムだけに人ならざる者がここに住み着いているのでは?と一部で話題にされた。この時はただのミスだったと思われるが、後にこの件をモデルにしたのかは不明だがダイヤモンド・パールでののろいのおふだ譲渡イベントでは公式にホラーネタとして実装されている。

第三世代

RSE

キンセツシティとシダケタウン間の117番道路に存在。

第二世代とほとんど仕様は変わらないが、特性と性格が新たに追加された分厳選は困難になっている。

FRLG

初代リメイクなので5番道路に存在するが従来通り一匹しか預けられない。

そのため追加要素である4の島に新たに(ポケモンを二匹預けられる)育て屋が設けられた。

後述のORAS発売までは一つのソフトに育て屋が二ヵ所存在するのはこの作品のみで、唯一タマゴを作る目的以外のポケモンのレベル上げと厳選を同時進行する芸当が可能となっている。

ただし、ホウエン地方のようなマッハじてんしゃがないのでスピードが遅く、4の島自体が孤島というのもあって廃人ロードもないため厳選をする上での環境は最悪。さらに半年後に出たエメラルドが革新的だったために厳選の舞台で使われることはあまりない。

エメラルド

RS同様117番道路に位置するが、118番道路にあった障害が引っ込み廃人ロードが延長。シダケタウンまで一直線に疾走可能となった。この頃からあからさまに廃人を意識した仕様になる。

まず手持ちに「ほのおのからだ」「マグマのよろい」を持ったポケモンがいると孵化歩数が半減。さらに、預けたポケモンの♀(メタモン)にかわらずのいしを持たせれば50%の確率で♀の性格を遺伝するようになり、極めつけは育て屋爺さんがタマゴを発見した瞬間、性別・性格・特性が固定される仕様(通称「爺前固定(セーブ)」)が追加。

また、バトルフロンティアにはどの個体値が最も高いかを教えてくれるジャッジのひな型ともいえるNPCも登場。

これにより一気に厳選効率が改善され、手持ちにマグマッグを入れて育て屋前を爆走する廃人が増加した。

第四世代

DPt

廃人ロードで卵待ち

ズイタウン左側に位置する。

エメラルドでの恵まれた厳選環境はそのままに育て屋爺さんがタマゴを見つけるとNPCの向きが前→右に変わる仕様に。

さらにポケッチのアプリ「育て屋チェッカー」で離れた場所にいてもタマゴの発見が確認でき、「万歩計」で歩数を逆算する事で厳選しにくい任意の場所(「やりのはしら」など)での孵化も最小限の歩数で効率よく行う事が出来る。

この世代からめざめるパワーのタイプを教えてくれるNPCも登場したため、めざパを考慮した育成も幾分楽になった。

ちなみに、ハードマウンテンで比較的高確率で野生のマグカルゴが出てくるため、入手のしやすさから孵化歩数半減要員にマグカルゴを使用するプレイヤーが多かった。

この頃、ディレクターの増田順一氏のブログで「国籍の違うポケモン同士を預けると色違いが出やすくなる」事が明らかにされたため、厳選以外にも色違い目的で育て屋を利用するものも増えだした(通称「国際孵化」)。

HGSS

金銀同様34番道路に位置する。だが金銀と違い遠くに離れていても育て屋爺さんがタマゴを発見したらポケギアで知らせてくれるようになった(任意で切り替え可能)。

ポケッチはなくなってしまったが、代わりに別の方面でパワーアップしている。

かわらずのいしによる性格遺伝が♂にも適用されるようになった他、バトルポイントを集めてもらえるパワー系の能力に応じて親が遺伝する個体値の能力を一つ固定する事が可能に。たとえば素早さVの親にパワーアンクル(素早さの努力値が多くもらえる)を持たせタマゴが産める組み合わせで育て屋に預けるとそのタマゴから生まれるポケモンは100%素早さ個体値がVで生まれてくるわけである。固定される個体値がVである必要はないためトリパジャイロボールを意識した最鈍も楽に厳選できるようになった。

第五世代

育て屋夫婦の朝は早い

BW

物語序盤の3番道路にあるが、2匹預けるにはライモンシティでプラズマ団に襲われている育て屋爺さんを助けるまでお預け。なお、育て屋の左側には保育園があるが…

HGSSの厳選環境が恵まれていたせいか爺前固定が廃止され、第三世代初期同様育て屋爺さんからタマゴを受け取る際に全ての能力が決まる仕様に戻った。そのためパワー系を入手しないと厳選が難しくなってしまった。

デルパワー(タマゴふかパワー)を用いた孵化歩数のさらなる短縮や多様な廃人ロードなど一応HGSSも優れている点はあるものの、隠れ特性や追加されたタマゴ技にめぼしいものがなければ厳選はHGSSで推奨されやすい。

逆に諸々の事情で乱数調整には最も適した環境であるため、乱数調整を用いた厳選を前提とする場合はこちらが推奨される。

また、これまではマグカルゴなどの孵化歩数半減要員とは別に育て屋(廃人ロード)からジャッジのいる場所に移動するためのそらをとぶ要員が必要だったが、この世代から孵化歩数半減特性+そらをとぶを掛け持ち出来るウルガモスが登場。これによりタマゴを5個分までストックできるようになった。

BW2

同じく3番道路にあるが、前作とは逆に育て屋に行けるのはクリア後。しかもかなり先に進めなければならない。

かわらずのいしの遺伝率がついに100パーセントになり、厳選効率は前作よりマシになったが、今回は爺さんがタマゴを発見した時点で全ての能力が決まってしまうためセーブをした状態での厳選はできない。

この作品以降その地方の図鑑を埋めればタマゴが見つかりやすくなるまるいおまもりがもらえるようになる。さらに図鑑をすべて埋めれば色違いが見つかりやすくなるひかるおまもりがもらえるため、国際孵化の円滑化にポケモン図鑑完成を狙ったプレイヤーも少なくない。

育て屋の左手に保育園があるのは同じだが、どうやら園児はよからぬ事を学んでしまったようだ。

第六世代

XY

7番道路上に位置し、これまでと違って若い男女が育て屋を経営している。同延長線上では小遣い稼ぎスポットバトルシャトーもある。

第五世代の厳選環境の悪さから一転、HGSSとは違ったベクトルに環境が改良される。

何とあかいいと個体値を5つ遺伝する仕様が追加。この仕様により、かつては雲をつかむような話であった6V入手が現実的なものになっただけでなく、個体値指定が複雑だっためざパ炎なども厳選しやすくなった。

乱数調整のやり方は現在確立されてないが、「ここまで良ければ別にいらない」というほどの快適さである。

さらに今作ではミアレシティのプリズムタワーの外周をボタン押しっぱなし、且つ自転車で走れるようになっており、手持ちがタマゴで埋まったあとはここに飛んで孵化作業をする人もいる。

また、OパワーというBWのデルパワーに該当するものも登場。勿論タマゴふかパワーも存在し、最大LvのタマゴふかパワーLv3とほのおのからだを合わせれば孵化歩数5120歩のタマゴ5つをたった3分で孵化可能に。おまけにデルパワーよりも断然使いやすく、Lv3まで上げるのもそこまで難しくはない。

さらに♀からもタマゴ技が遺伝が可能になった他、レベルアップでタマゴ技が上書きされてもハートのウロコでの思い出しが可能になったり、隠れ特性を♂からも引き継げるようになったり、果ては♀側が収まっているボールを遺伝出来るようになるなどかなり太っ腹なテコ入れがなされている。

また、前作のデルパワーに当たる孵化歩数半減パワーポジはOパワーに変更、ウルガモスの後継者には入手も容易なファイアローが登場した。

ORAS

ルビー・サファイアのリメイクなので、当然117番道路にあるが、キンセツシティ全体が建物になってしまった関係上廃人ロードは大幅に短縮してしまった。

しかしORASではエンディング後に行ける「バトルリゾート」にもあり、FRLG以来の2拠点体制になった。しかもリゾート外周は一度マップを切り替え方向を決めてしまえば押しっ放しのまま走り続けられるという素敵仕様に。

更にリゾート内にあるポケモンセンターの中にジャッジまで居る完璧仕様。

しかもリゾート内にいるパラソルおねえさんに話しかける事でBGMを変更することまで可能に。なお、選べるBGMはチャンピオンロードに関係する音楽になっている。

余談だが、育て屋を営んでいるのがになっており、一部の人が歓喜したとかしてないとか。


SM以降

預かり屋を参照。

第四世代リメイクのBDSPにおいても預かり屋に変更されている。

なお、ポケモンSVではピクニックがあるが、預かり屋と共に完全に施設としては廃止された。詳しくはポケモンピクニックを参照。


ポケモンカードゲーム

旧裏に第一世代と第二世代の育て屋をモチーフにした2種類が存在。共に進化に関わっているが、一方は加速、もう一方はサーチと役割は全く異なる。

登場当時「サポーター」のルールは存在しなかったが、現在はサポーターとして扱われる。


ポケモン育て屋さん

(サポーター)

ポケモンを進化させる時に使う。2進化カードをいきなりつけることができる。


  • GBでのテキスト

このカードは、あなたが自分のポケモンを進化させる時にだけ、使える

そのポケモンの上に「2進化カード」を直接のせ、1進化をとばして「2進化ポケモン」に進化させる。


ポケモン育て屋夫婦

(サポーター)

あなたの場の「たねポケモン」「1進化ポケモン」の中から、最大2匹まで選び、選んだポケモンそれぞれに対してコインを1枚ずつ投げる。

「おもて」が出たポケモンから進化する「進化カード」をあなたの山札から1枚ずつ選び出し、相手プレイヤーに見せてから、手札に加える。その後、その山札をよく切る。


余談

今でこそ気兼ね無くポケモンを預けられる育て屋だが、ごく初期は「ポケモンを預かる施設」という事で少々怪しげな目を向けられる事もあった。

(アニポケで初めて出てきた育て屋もポケモンを奪い取る為にロケット団が経営していた施設だった。)


「トレーナーのポケモンを預かって育てる」というエキセントリックで責任重大な仕事内容から初期のアンソロジー系4コマ漫画では悉くネタにされ、

なんと1巻の時点で「預かっていたポケモンを逃がしてしまい、引き取りに来た主人公に対しとんでもない方法で誤魔化す」

というネタが2本も登場した。



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンブリーダー

ポケモン廃人 廃人ロード フカガモス 厳選 預かり屋

関連記事

親記事

ポケットモンスター ぽけっともんすたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1580517

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました