ピクシブ百科事典

預かり屋

あずかりや

預かり屋とは、ポケモンシリーズに登場する施設である。
目次[非表示]

概要

ゲーム「ポケットモンスター」(ポケモン)シリーズに登場する施設。
第六世代まで存在していた「育て屋」に代わる形で、第七世代より登場。育て屋と違ってLvは一切上昇しない。つまりただ単にポケモンを預かる施設になっており、完全にタマゴを産ませるだけの施設と化してしまっている

引き取り料金は500円と割高だが、釣りや落石の破壊、ポケリゾートの探索でアイテムを換金させれば問題ないレベルではある。だが、孵化厳選効率は過去最高レベルと言ってもよいものになっている。
また、手持ちが埋まっている状態でもタマゴを受け取る事が可能に。受け取った後ボックスに送るか、手持ちのポケモン(またはタマゴ)と交換することができる。

世代ごとの預かり屋の変遷

第七世代

SM

オハナ牧場にある施設。預かり屋の中にめざパ判定人がおり、めざパのタイプがすぐに判定可能。しかも今作からはパソコンでジャッジが出来るようになった
また、ポケモンのLvが上昇しない事によってワザが書き換えられる事故が無くなったのも大きい。
そして今作ではまるいおまもりが非常に簡単に入手可能に。なんと殿堂入り後にゲームフリークのモリモトに勝利するだけで貰えてしまう。
さらに、ひかるおまもりはアローラ図鑑の完成だけで貰えるように。国際孵化による色違い厳選も多少楽になるだろう。
そして今作では今までとは全く違う厳選のやり方になっており、主に2つのやり方が開発されている。

回転して孵化歩数を稼ぐ方法

今作は自転車が存在せず、代わりにポケモンライドというシステムが存在しケンタロスに乗って移動する事が出来るのだが、預け屋から少し下に行った場所に何故かケンタロスがギリギリ1匹入ることが出来る位狭い空間が存在する
そう、つまりこの空間の中でケンタロスに乗ってひたすら回り続けるだけなのである。 この狭い空間でケンタロスがその場で爆走しながら回り続ける絵面は正にシュール
しかし、こんななりでも効率は非常に良い
どれ位かというと、ほのおのからだ込みで孵化歩数5120歩ポケモンのタマゴが1分と少しで孵化してしまう程。
さらにこの狭い空間の中で回転しながらでもタマゴをくれる預かり屋さんはちゃんと見える。そう、つまり孵化歩数を稼ぎながらタマゴが出来た事をすぐに確認できるのである

しかし、この方法でも満足できない廃人が存在したのである…。

突進して孵化歩数を稼ぐ方法

先の回転する方法では不自然な狭い空間に入る際に一旦ケンタロスから降りなければならず、狭い空間からタマゴを受け取る場所まで少し距離もあった。そのため、タマゴが出来たと判明してから受け取りに行くまでに少し手間がかかっていた。
…が、それを解決するのがこの方法である。
既に大体察しはつくと思われるが、その名の通りひたすら突進しながら歩数を稼ぐ方法である。 やはりこの方法も絵面はとてもシュール
基本的にはタマゴをくれる預かり屋さんに向かって突進しながら歩数を稼いでいく。つまりこうする事でタマゴが出来たと判明してすぐにタマゴを受け取ることが出来るのである。
と言っても若干コツが必要であり、どの向きでもいいから適当にタマゴをくれる預かり屋さんに突進したり、ただひたすらに突進していても普通に止まってしまい上手くいかない。
やり方としては、タマゴをくれる預かり屋さんとその横にいるミルタンクの間の隙間に向かって突進し、そのままゆっくり左右に動き続けるのが基本的なやり方。突進しながら動き続けることで止まらずに突進することが可能。
また、預かり屋の建物とタマゴをくれる預かり屋さんの間の隙間に向かって突進し続けるやり方もある。 自分のやりやすい向きに応じてやり方を変えよう。
また、この方法の欠点としてやり辛い事が挙げられる。一方向に突進させているとスライドパッドを操作している指が段々と移動してしまうなど、意外と綺麗に突進させ続けるのは難しく、慣れないと頻繁にケンタロスが止まってしまう。
また、比較的壊れやすいスライドパッドに常に一方向から負担がかかるため、スパイドパッド的にはあまりよろしくない。割りと力みやすいのもネック。

やりやすさとスライドパッドにあまり負荷がかからない回転する孵化方法、回転するより高効率だが少し難し目の突進する孵化方法。上記2つの方法どちらを取るかはプレイヤー次第である。

しかし今作では6世代以前と違い十字キーを使った移動ができず、指を常に動かしてないと行けないため「指が疲れる」や「放置しながら孵化作業が出来ないのは残念」といった意見も見受けられる。
また、ORASのようにBGMを変更することも出来ず厳選中にエリア移動をすることも基本無いため、ポケモンライドのBGMをずっと聞き続ける事に。
これらの難点を払拭するくらい効率は良くなっているので、今後の作品の効率化にも期待が持てそうである。

第八世代

剣盾

ワイルドエリアのハシノマ原っぱと5番道路の二軒存在しており、その二つに基本的な差異はないが、5番道路の預かり屋は中に入ることができ、エレズンを一匹もらうことができる。
どちらの預かり屋もそらをとぶタクシーのチェックポイントになっている(5番道路のものに至っては5番道路のチェックポイントはほかに存在する)ので一度訪れればその後のアクセスは簡単。

余談

ワイルドエリアはカメラ操作することのできるオープンワールド使用になっているため、カメラを一定方向に動かしながら一定に移動すると主人公が同じところを周回する。
一番簡単な方法だと、コントローラーの二つのスティックに輪ゴムをかけるだけで、自動で歩いてくれる。

預けられたポケモンが成長しないしないので一匹で預ける意味はほぼ皆無。
これはデメリットにも見えるが、過去のシリーズで起こっていた育て屋ばあさん(もしくはじいさん)にレベルアップで覚える技を勝手に上書きされるという悲劇がないので単純に育て屋の劣化版とも言い難い。
むしろ育て屋のヘビーユーザー育て屋のヘビーユーザーはタマゴを産ませるためだけに利用しているケースがおおいので彼らにとっては朗報だろう。

関連タグ

ポケモン ポケ廃 タマゴ 育て屋

関連記事

親記事

育て屋 そだてや

コメント