ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:松井菜桜子


概要

怒ると目元・口元に小皺が見えるダークフォール五大幹部の一人にして紅一点。第24話から第32話・映画作品登場と、5人の中でもっとも登場期間が長い。

五行思想の「水行」がモチーフ。水の泉を支配しており、水を使ってウザイナーを操る。水のほかにも氷を自由に操ることもできる。高飛車な性格でやや天然のお手頃の女性。

毎回「ハナミズターレ」「ミズ・ハナターレ」など名前を間違えられ、怒って突っ込み返しているが、32話にて1度だけ正しく覚えてもらえた。


海の家の女主人や夜店の客、宅配便の配達員や電車の運転士など様々な変装を披露。運転士の際は咲との乗った電車を乗っ取ったりと、様々な策を披露した。

輪投げとヨーヨー釣の腕前は極上で、健太からは弟子志願されている。また、得意の水芸では健太と学の漫才練習に張り合い、海の家では星野家と売り上げを競ったりと、負けず嫌いな一面を持つ。


ダークフォール幹部の中では満や薫と同じように人に近い姿をしており、人ごみに紛れても違和感がない。なお、その際は髪が黒くなり瞳が出来る(普段は瞳がない)。上記の変装を含め、緑の郷での行動を楽しんでいる節がみられる。


ゴーヤーンのことは必ず「ゴーちゃん」と呼び、彼に手柄を横取りされることを嫌っている。そのため、フラッピチョッピがゴーヤーンに誘拐された際、咲達のためにダークフォールへの道を開けた。


復活後の45話にてクリスマスにキントレスキーPANPAKAパンに来店した際は、ペアルック(サンタの服装)で来たため日向一家に夫婦と見間違えられた。

そのため咲には「夫婦で来て浮かれすぎ」と罵られ、挙げ句の果てには「ミズ・シミッタレ」と呼び間違えられ、かなり怒った。ただし、キントレスキーとは互いの強さを認め合ったり、彼からの告白めいた言葉に顔を赤らめるなど、まんざらでもない模様。


余談

演じる松井菜桜子氏は、後にハピネスチャージプリキュア!にて妖精のリボンを演じている。


関連タグ

ふたりはプリキュアSplash☆Star

ミズシタターレ

ダークフォール カレハーン モエルンバ ドロドロン キントレスキー

関連記事

親記事

ダークフォール だーくふぉーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122795

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました