ピクシブ百科事典

キントレスキー

きんとれすきー

『ふたりはプリキュアSplash☆Star』の登場人物。
目次[非表示]

CV:小杉十郎太

名前そのまんまなオッサンである。身体は金ピカ。
紳士だけどプリキュアと真剣勝負したいという理由で周りに被害を与えたりする。
良い人だけどやっぱり迷惑なオッサン。

詳細

『ふたりはプリキュアスプラッシュスター』に登場する敵組織『ダークフォール』の幹部の1人で、モチーフは五行の「金」。
今までは表立って動くことは無かったが、ゴーヤーンの度重なる説得の末、ミズ・シタターレがプリキュアたちに敗れ去ったのを気にようやく重い腰を上げて活動を開始する。
同作幹部のナンバー2であるが、今までのナンバー2ほどの実力者の中でも、紳士的性格ゆえ憎めないタイプの敵である。アクダイカーンへの忠誠心は非常に強い。

緑の郷で活動する際はフード付きのトレーナーを着こんだ男性姿で活動しており、その際は目に瞳があり、肌の色も人間に近いものとなっている(そして日々を自身の鍛える為にトレーニングに励んでいる)。

日々筋トレのが生き甲斐で日課としており、作戦を実行する前には欠かさず行っている。スペシャルマッスルトレーニングルーム、略して私の部屋という空間を持っている。(咲「略してないじゃん!」)
キュアブルーム日向咲の父、日向大介が経営するPANPAKAパンで、たまたま試食させてもらったのがキッカケで、店のチョココロネがお気に入り。以降常連となり、大人買いしたり、すっかり大介と顔馴染みになったりしている。

常日頃から心身を鍛えることを重視し正々堂々たる勝負を好み、義理堅さと礼節を弁えている紳士である。それ故に筋肉トレーニングも欠かさず、プリキュアにもきちんと名乗りを上げ、決して奇襲攻撃などをしたりはしない。
というより作戦を立てて戦うのがそんなに得意ではないようで、アクダイカーンに「作戦を立てろ」と言われた時も主君の命令なので従うも、「プリキュアを脅かす」だけというほとんど効果のないことしか出来なかった。

ちなみにプリキュアを自身の手で倒す事に拘っており、彼がウザイナーを使役する理由も彼女たちを鍛えて、その果てに最高の勝負を繰り広げたいという為という、歴代プリキュアシリーズの敵たちの中でも異例中の異例の理由からである。

だが、「正々堂々と戦う」という事に熱中し過ぎるあまりに、自分勝手な理屈で他者を巻き込んだり軽視するため、あまり周りは見えていないと言える。周囲から人目を避けたり気絶させるのも、プリキュアが本気を出せない状況を作ることを嫌うために他ならない。
また、勝利や結果を重視するあまり結果を伴わない努力を切り捨てる冷酷な一面も持っている。
それだけ戦いに全てを捧げているだけあって、危険を察知し引き際も見極めているなど、戦いに関しては幹部の中でも特に秀でていると言える。そのため復活後も最後までしぶとく生きた。

プリキュアの変身前に潰すといったことはしない(本気で戦いたいため)。大事な話を立ち聞きした際は謝罪する。負けを潔く認めて、最期には敗北の時の約束も守るなど、根っからの紳士である。
なお、復活前の最終決戦の際は、咲と舞にわざわざ果たし状を作って送っているなど、身勝手な性格に目を瞑ればどこまでも律儀な性格である。

復活後は、最初こそソリが合わなかったようだが、ミズ・シタターレに惚れ込んでいたようで、大介に奥さんと言われた時は満更でもない顔をし、撃破された際は彼女を強者と称えつつ、「アンタがスキー!」と堂々と告白した。

ただの筋肉馬鹿と思いきや絵心があり、筋肉のことを意識して描くことを咲にアドバイスしたことがある。果たし状に描かれたキントレスキーの自画像を見た咲は思わず「う、うまい……!」と感心してしまったほど。

スプラッシュスターでも人気の敵キャラクターであったためか、映画『プリキュアオールスターズDX2』でも活躍を見せる。わりとファンから期待されていたキュアブラックとの対戦も実現したが、まともに打ち合ったのは予告だけで、実際は一方的にブラックに打ち勝っていた。
DX2では、地面を馬鹿力でくり抜いて、投げ飛ばすという派手なこともやらかしている。

スーパーキントレスキー(最終形態)

S☆S絵
「絵は筋肉の付き方を考えて描くと上手く行くと思います。」


キントレスキーが全力を発揮した姿。ファンからはフリーザのネーミングをもじってか「フルパワーキントレスキー」「フルパワー形態」とも呼ばれる。

両手両足を始めとした全身の筋肉が増強され、最後に何故かモヒカン口髭も増量される。戦士として本気を出した状態であり、体格も大幅に大きくなっている。

戦闘能力も格段に向上しており、パンチの一撃でコンクリートの壁を溶かし、地面に衝撃波を走らせるなど、異常な力を発揮する。
ブライトウィンディを追い詰めるが、人家への被害を不安視して全力を出さない二人に激怒し、周辺に波動を発生させて破壊。この身勝手な行為に激高した二人により「プリキュア・スパイラルスター・スプラッシュ」を受け敗北する。
しかしキントレスキー本人は全力を出し切った戦いに満足し、2人の健闘を称え“奇跡の雫”を渡すと本来の姿である砂金の姿へと戻り消滅した。

ちなみに元々彼もカレハーンドロドロンと同じくウザイナーと合体した姿を最終形態として考えられていたらしいが、キントレスキーの性格を把握していた演出家の大塚氏の指摘でこのような形に落ち着いたらしい。

本編での復活時にはこの形態は披露しなかったが、オールスターズDX2ではキュアブラックとの戦いで変身し、圧倒した。

名言集

きょうこそは歴史に残る名勝負が出来そうだな!
明日にジャンプ?何故今日飛ばないのだ!
だが、勝負には勝ちか負けしかない。負けては何の意味も無い!
それが事実であり全てだ!
そして私は、今日…お前達に勝つ‼
勝つことよりも全力でやることが大事などと抜かす貴様のチームメイトにもあきれるわ!
さあ変身しろ。そして再び敗者となるがいい‼

余談

生真面目そうなキャラとは裏腹に、他の幹部に負けず劣らずアドリブが多い。特にクリスマス回(ミズ・シタターレとの同時出撃の回)は大部分がアドリブなどとオーバーに語られるほど。
43話でオラオラ言いながらラッシュ攻撃を浴びせていたが、声優の小杉氏はかつてOVA版の空条承太郎を演じており、それにちなんだものかもしれない。

関連タグ

ふたりはプリキュアSplash☆Star プリキュア ダークフォール

pixivに投稿された作品 pixivで「キントレスキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255041

コメント