ピクシブ百科事典

ナゲツケサル

なげつけさる

ナゲツケサルとは、ポケモンサン・ムーンから登場するポケモンの一種である。
目次[非表示]

データ

図鑑番号No.766
分類れんけいポケモン
高さ2.0m
重さ82.8kg
タイプかくとう
特性レシーバー


他言語版の名称

英語 Passimian
イタリア語Passimian
スペイン語Passimian
フランス語Quartermac
ドイツ語 Quartermak
韓国語  내던숭이
中国語 投擲猴(繁体字)/投掷猴(簡体字)


概要

初登場はポケモンSM
モチーフはキツネザルマンドリル
またアメフトもモチーフであり、攻撃モーションはまさにアメフトのそれである。
登場シーンも実にアクロバティック。しっかりアクロバットも覚えます。

「投げつける」と「猿」という安直かつストレートな名前のポケモン。だが何気にファイアローボルケニオンと違って発音も6文字分あるカプ・コケコタイプ:ヌルもそうだが、ポケモンXYからの文字数の拡張を活用したものは多い。
なお、ナゲツケザルと濁らないのは、打消しの意味に捉えられて「投げつけない」という意に解釈されることを防ぐためだと思われる。

森で20~30匹ほどの群れで暮らし、ボスのナゲツケサルが群れを識別するためにその群れのマークを決める。その絆は非常に固く、決して仲間同士で裏切ることはないと言う。
しかし仲間呼びでやってくるのはケララッパ

連携プレーが得意で硬い木の実を投げつけたり、木の実をパスして撹乱することもある。また柔らかい木の実を投げて目眩しをすることもできる。この連携プレーはボスが訓練して身につけさせるもの。かなりハードで、逃げ出すナゲツケサルもいるらしい。
またトレーナーに対し、投げ方を見て資質を見極めており、投げ方が悪いトレーナーの言うことは全く聞かない。

特性は新しい特性の「レシーバー」で、仲間のポケモンが倒された時にそのポケモンの特性を引き継ぐことができる。
仲間呼びでケララッパがやってくるのはその特性を活かす為である。

「サン」バージョンのみに登場するポケモンで、「ムーン」に登場するヤレユータンとは対になっている。

性能

攻撃が120・HPが100・防御が90と物理方面に長ける。
やたら鈍足が多い第7世代のポケモンの中でもやや高めの素早さ80もなかなか魅力。
反面特殊方面は弱い。
ただバランス自体はそこまで酷くなく、むしろ使いやすくなおかつ安定している。

癖があったり安定性の無い技ばかり習得する他の第7世代格闘タイプと違い、高火力かくとう技・インファイトをしっかり覚えてくれる。
他の技も必要最低限のものを取り揃えているものの、「投げつけ」と言う事かやたらボール系の技を習得できる。しかし特攻は低い為覚えさせてもただのネタである……。

反面、フェアリー対策は遺伝技のアイアンヘッドしかない。
その為有利不利は結構はっきり出る。

惜しむらくは特性がダブル専用である為、シングルでは無特性同然と言う事か。
しかも夢特性がなかなか有用なまけんきである為、乱入がケララッパ確定である事に憤りを感じる人も少なくないとか。

関連タグ

ポケモン ポケモンSM かくとうタイプ
ヤレユータン

オコリザル エテボース ゴウカザル ヤナッキー ヒヤッキー バオッキー

雷門太郎:猿がモチーフという点が共通しているアメフトの選手。

pixivに投稿された作品 pixivで「ナゲツケサル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30106

コメント