ピクシブ百科事典

アイアンテール

あいあんてーる

アイアンテールとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するわざの一種である。
目次[非表示]

技のデータ

初出第2世代
威力100
命中75
PP15
タイプはがね
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考30パーセントの確率で相手の防御を1段階下げる
英語名Iron Tail


概要

第2世代から存在する
硬い尻尾を相手にぶつけて攻撃する。威力100を誇るはがねタイプの物理技であり、同タイプの物理型にとってはメインウェポン候補の1つ。

初登場の第2世代から第4世代まではわざマシン、第5世代から第7世代までは教え技、第8世代ではわざレコードとなっており、意外と様々なポケモンが習得できる。
イメージとしてはやはりハガネールか。
但しアニメピカチュウが使用していることから、ピカチュウのイメージも強い(後述)。

バクフーンのアイアンテール!


はがね以外にサブとして使うポケモンとしては尻尾のあるピカチュウはもちろんのことだが、どうやら尻尾さえあればOKらしく、尻尾の短いポケモンまで覚えたりする。
それどころか尻尾なんてどこにもないオコリザルまで覚える。マンキーに尻尾があるせいである。ちなみにこれ、ポケパークでネタにされてしまった。
どうやって使うのかは永遠の謎。

はがねタイプ屈指の威力でかつPPも威力が高いわりに多い技なので是非採用したい所だが、困った事に命中率は75
第3世代までははがねタイプの選択肢が少なかった為、ハガネールやボスゴドラの主力技として使われる事もあったが、第4世代以降は「アイアンヘッド」や「ジャイロボール」といった命中安定の優秀な技が増えてしまい、メインとしての採用率も減ってしまっている。
第5世代まではそもそもはがねタイプはかくとうタイプと有効範囲が丸被りということもあり、さらにその命中率の不安定さからサブ技としての出番は少なかったものの、第6世代になると、はがねを弱点とするフェアリータイプが登場したため、対フェアリーへの対策技としての採用も考えられるようになった。
メガルカリオは特性「てきおうりょく」に加えて「つめとぎ」を覚えるため、この技を上手く使える。クリムガンもタイプ不一致ながら「ちからずく」&「つめとぎ」がある為、サブウェポンとして現実的である。「ダストシュート」でいいは禁句。

第6・7世代では教え技として多くのポケモンが覚えられる対フェアリーのサブウェポンというのがアイアンテールの個性だったと言えよう。
アイアンヘッドを覚えるならそっちでいいとは言ってはいけない。
第7世代になると、Zワザ化して命中率の問題を解決するという手段がとれるようになり、またオノノクスのようなかたやぶり持ちが使えば凶悪な特性ばけのかわを持つミミッキュを一撃で仕留められるということで追い風が吹いた。

ただ、結局のところ素の命中率75をどうすればいいのかと言う問題は付き纏い続けている。
しかも、恒常的に命中率を引き上げる技は世代を越える度に習得難度が上がっているのがまた悩ましい。

その他

アニポケではサトシのピカチュウアドバンスジェネレーションで習得して以来20年弱にわたり使われ、同じくサトシのピカチュウが長らく使っている「10まんボルト」「でんこうせっか」に並び知名度がある技になっている。
第1世代地点のストーリーを元にした劇場版『キミにきめた!』でも登場し、アニメスタッフに気に入られている可能性が高い。

ピクシブ地方でもピカチュウが「アイアンテール」を使用しているイラストが多く投稿されている。

地味に尻尾で攻撃をする技自体が案外珍しく(他は取得者が限られる「アクアテール」「ポイズンテール」「ドラゴンテール」「スイープビンタ」位で、尾があれば誰でも使えるのは大抵「アイアンテール」位しかない)、獣型ポケモンの近接戦闘に使える他、「アイアン」という名前の通り「尾を鋼のように硬くして」攻撃するという性質上相手の攻撃を受ける盾に使うこともできて汎用性が高い為、アニポケではピカチュウ以外でも結構使うポケモンが見かけられる。

関連イラスト

『わ!照れたピカチュウが アイアンテールを くりだしてきた!』
ピカチュウ アイアンテール!
ぴかつぇう
無題


関連タグ

ポケモン はがねタイプ コメットパンチ わざマシン一覧

ドラゴンダイブ…威力・命中が一緒であり、「ちからずく」クリムガンとの関係が「アイアンテール」と「ちからずく」ハガネールの関係に似たような部分を持つ。クリムガンは命中を上昇させる技を持つが「ドラゴンダイブ」を覚えず、ハガネールは「アイアンテール」を覚えるが命中を上昇させる技を覚えない。

関連記事

親記事

ストーンエッジ すとーんえっじ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アイアンテール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 510007

コメント