ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アローラライチュウ

あろーららいちゅう

アローラライチュウとは、アローラ地方におけるポケモン「ライチュウ」のリージョンフォームのことである。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0026
英語名Alolan Raichu
分類ねずみポケモン
タイプでんき/エスパー
高さ0.7m
重さ21.0kg
特性サーフテール
Zワザライトニングサーフライド

進化

ピチューピカチュウ(なつき進化)→アローラライチュウ(アローラ地方でかみなりのいしを使用)

明けましておめでとう御座います!

※通常種と進化条件は同じ。


概要

第7世代『サン・ムーン』で新たに発見されたライチュウアローラ地方におけるリージョンフォーム。正式表記は「ライチュウ(アローラのすがた)」。


通常種と比べて尻尾や耳が丸くなり、目や体の色も大きく変化した。色違いはさらに体色が濃くなり、より日焼けしているように見える。

新たにエスパータイプが追加され、初の組み合わせである「でんき・エスパー」の複合となった。


大型化した尻尾にサイコパワーを集中させることでサーフボードのように浮遊することができ、常に尻尾に乗ったサーフィンスタイルをとる様になるなど、かつてのなみのりピカチュウを彷彿とさせる。それ故に「丘サーファー」の異名で呼ばれ、バトルの際も滑るような浮遊移動で相手を翻弄しながら、星形に成形した独自の10まんボルトをお見舞いする。


ほっぺを揉むと電気袋から甘い香りがし、メカニズムは解明されていないがサイコパワーが関係していると言われている。また、なぜ姿を変化させたのも解明されておらず、アローラの人々はパンケーキでも食べたんじゃない?」と特に気にしていない様子。ライチュウ自身もアローラ秘伝のパンケーキが大好きで、このような進化を遂げた秘密がそれにあるとか ないとか。ちなみにゲーム中にはマラサダこそよく見かけるもののパンケーキ自体は未登場。


ゲームでの特徴

SMUSUM

  • アローラ地方では「かみなりのいし」を使うと必ずアローラライチュウになる。原種は過去作から連れてくるか、USUMでウルトラワープライドでウルトラホールで「かみなりのいし」を使用すれば進化する。

  • ストーリーにおいては、ライバルのハウが2戦目で加わったピチューの最終進化で、バトルでは必ず先発で出してくる。
    • 初めて相対するのはマリエシティに上陸してすぐの6戦目だが、高い特攻と素早さから繰り出されるタイプ一致のサイコキネシスエレキボールが強力。ストーリー中盤のこの時期はこちらの手持ちが進化前の低耐久ポケモンばかりというケースも珍しくなく、ポケモンによってはHP満タンから一撃で落とされることもある。無対策かつ育ちが足りないなら誇張抜きに全抜きされる恐れもある。
    • ラナキラマウンテンでの7戦目はストーリー終盤ということもあり、こちらの手持ちも強くなっているはずなので6戦目ほど苦戦をすることは少ないだろうが、あくタイプはがねタイプの対策としてきあいだまを覚えているため油断は禁物。

Let's Go!ピカチュウ・イーブイ


ソード・シールド

  • DLC第一弾「鎧の孤島」でガラル地方でも解禁。アローラディグダを探すイベントで、40匹まで見つけたときの報酬として入手できる。また、過去作から連れてきた個体でも覚えている技をすべて放棄するのと引き換えにガラルマークを付与することができる。ガラル地方ではピカチュウからアローラライチュウへの進化は相変わらず不可能なので注意。
  • DLC使用レギュレーションのRTAでも利用価値があり、これを主要攻略要員とした日本語版シールドのDLC使用RTAで、日本語版シールドとしては史上初の4時間切りでの世界記録が達成された。

スカーレット・バイオレット


性能

種族値

比較HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
原種6090559080110485
リージョンフォーム6085509585110485
増減±0-5-5+5+5±0±0

  • 種族値は物理面が5ずつ低下した代わりに、特殊面が5ずつ上昇した。

  • 場が「エレキフィールド」の時、素早さが倍になる固有特性「サーフテール」を持つため、エレキフィールドを展開できるカプ・コケコと、タイプ・物理耐久両方で致命的となった「ふいうち」や「かげうち」を無効化し、一致となるエスパー技を強化する「サイコフィールド」を展開できるカプ・テテフと、弱点のじめん技を半減し、サブウェポンとして覚えられる「くさむすび」を強化する「グラスフィールド」を展開できるカプ・ブルルと相性が良く、全体的に守り神がもたらすフィールドの恩恵を受けやすい、アローラならではのポケモンといえる。特にカプ・コケコとカプ・テテフは使用率が高い為、相手が発生させたフィールドを容易に利用することが可能である。ただしフィールドの重複はできないので、一度に利用できるのはいずれかとなる。

  • 分かりやすい速攻型のポケモンだが「とくこう」は100に満たない(カプ・コケコと同値)。戦術もそうだが火力がフィールド依存になりやすい点は注意が必要。


  • なお、アローラライチュウの隠れ特性は存在せず、「ひらいしん」を持つピカチュウから進化させても「サーフテール」に変化する。見た目は浮いているが、「ふゆう」も持っていない。また、発表時にはなみのりピカチュウの再来のようなものを期待したトレーナーもいたが通常個体では「なみのり」を覚えられない。

  • USUMでは特定の条件を満たすことで「なみのり」を覚えたピカチュウを入手することができるため、容易に波に乗ったライチュウを育てることができるようになった。ただし「ねこだまし」や「アンコール」といったタマゴ技や、ピチューの時に覚えることができる「わるだくみ」などとは両立ができない。

第8世代

  • 現在はポケモンホームを利用して剣盾に送れば、技レコードで無条件に「なみのり」を覚えられる為、タマゴ技との両立が可能になった。こちらでは進化させられない為、進化した個体を送る必要がある。

第9世代


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版

  • ノア(SM編)
  • ハウ(SM編)

番外作品

ポケモンGO

野生の個体は存在せず、ピカチュウから進化させて入手させることもできない。また、進化形なので、フレンドとの交換で入手可能な7kmタマゴからも当然ながら孵化することはない。


  • では、どうすれば入手できるのかと言うと、不定期でジムにレイドボスとして襲来してくる個体を倒した上で、ゲットチャレンジでゲットしなければならないという、まさかのアブソルクチートと同じ仕様となっている。しかも、★★★なので、ソロでのクリアもやや困難と言うプレイヤー泣かせな仕様となっている。アローラガラガラと比べればまだマシだが。

  • ゲットチャレンジも意外と難しく、位置がかなり遠い上に的も小さく、さらに時折大きくジャンプしてこちらの狙いを外しにかかってくるなどかなり厄介。「威嚇後に生じる隙に丁度合うタイミングでボールを当てる」というレイドボス捕獲の基本を徹底しなければ無駄にボールを消費することになるだろう。

  • なお、性能面はエスパータイプが付与され、ゲージ技に「かわらわり」に代わって新たにエスパー技の「サイコキネシス」が加わったこと以外は通常のライチュウとあまり変わりはない。強いて言えば種族値が全体的にやや上昇していることくらいだろうが、そこまで気になるほどでもなかったりする。

  • 唯一のでんき・エスパー複合という立ち位置自体は原作と変わっていないのだが、システム上特性の存在しない本作においては、でんきタイプとしてもエスパータイプとしても中途半端な性能に留まっており(しかも通常技にエスパー技がない関係上、エスパーポケモンとして運用することは現状ではかなり難しい状態である)、わざわざ育てる価値があるかと言うと微妙な所だったりする。

  • 耐性面でも、エスパータイプが付与されたことで、じめんタイプの他にもむしあくゴースト等苦手とするタイプが増えている。かくとうやエスパーを軽減できるようにもなっているので、一概に弱体化しているとも言い切れない面はあるが…。

  • 可愛らしい見た目やその入手難易度の高さを考えると、どちらかと言えば愛玩用・コレクション用のキャラクターと言えるだろう。

ポケモンマスターズ

  • 上述の通り、先発で出してくる事からハウのバディで実装。メインストーリー11章をクリアすると仲間になる。
  • 1ゲージ技の「でんきショック」と全体攻撃の「ほうでん」の2種類の攻撃手段を持つ。「スペシャルアップ」で特攻2段階、トレーナー技の「アローラの風ー!」で素早さ3段階、回避率1段階上昇させることができる。
  • バディストーンボードも拡張済みであり、特に「素早さ↑分B技威力↑」のパネルは強力であり、トレーナー技で最大威力に自力で持っていくことができる。アタッカーとして足りないのは急所バフのみなので、そこを補える編成を組めば現在でも主力電気アタッカーとして活躍できる。

Newポケモンスナップ

  • ニジイロビーチと夕方のコピアリーフにて登場。アローラライチュウがレンティル地方で野生化している事から、実はレンティル地方はアローラ地方に近いのかもしれない。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL

  • アイテムのモンスターボールの中から出現。サーフボードに乗って浮遊し、呼び出したファイターの敵に向かって突進して電気属性のダメージを与える。突進速度は速く移動範囲も広いが、帰るまでの時間が少し短い。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

1話からOPの「アローラ!!」のムービー中で浮きながら移動している。


  • ノアのアローラライチュウ
    • SM13話のパンケーキレース回にて初登場。昨年の優勝者であるウエイトレスのノアの手持ちポケモン。彼女のパンケーキ屋を接客の手伝いをしており、そのため基本的には人当たりはいいのだが、サトシのピカチュウとは互いに対抗意識を持ち、「ピカチュウのなつやすみ」の個体のように互いにガンを飛ばし放電し合った。レース参加者の中では唯一浮遊しているポケモンでパンケーキを手に持ちながら余裕で移動することが出来る。背中に乗せて走ったピカチュウはよくやった。その後もククイ博士とバーネット博士の結婚式にノアと共に出席していたりとちょくちょく出ている。

  • SM84話:登場しているが、ノアのか不明。
  • SM86話:リゾート客?の手持ちで登場。

  • ハウのアローラライチュウ
    • こちらでもハウの手持ちとして登場。予選のバトルロイヤルに挑戦して勝ち残った事で本戦入り。本戦1回戦ではオーキド校長のアローラナッシーと対決し、きあいだまで勝利している。

 

  • 新無印37話:恐らく観光客の手持ち。
  • 新無印115話・122話:観客席にいる。

関連イラスト

無題アローラライチュウ爆誕!!!

アローラ!【ポケモン】アロ~ラ!

ライチュウのパンケーキまだまだマラサダ~~


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン SM USUM

ポケモン一覧 でんきタイプ エスパータイプ

アローラ地方 リージョンフォーム アローラのすがた


0025.ピカチュウ(キョダイマックスピカチュウ)→0026.ライチュウ(アローラライチュウ)→0027.サンド(アローラサンド)


電気袋組


進化関連


関連ポケモン+α等


関連記事

親記事

アローラのすがた あろーらのすがた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2878131

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました