ピクシブ百科事典

電気袋組

でんきぶくろぐみ

電気袋組とは、ポケモンシリーズにおいてでんきタイプで頬に電気袋を持つ種族の総称のことである。
目次[非表示]

概要

ポケモンシリーズに登場する、頬に蓄電器官「でんきぶくろ」を持ったでんきタイプポケモンの総称。

初代のRGBPに登場したピカチュウをはじめ、該当ポケモンは皆彼らに似た特徴を持っていることから、ピカチュウポジション、ピカチュウモドキ枠とも呼ばれる。

また、げっ歯類モチーフが多くを占めていることから、電気げっ歯類などとも呼ばれ、ポケモンピクロスでは「エレキュート」と名付けられた。
当百科では「電気袋組」で統一する。

先述した特徴の他にも以下の特徴を持つ場合が多い。

  • 種族名が全世界共通(ただしエモンガ→Emolga(エモルガ)など微妙な読みの差異はある)。
  • 黒くて丸い目を持つ。(アローラライチュウは青目)
  • 「ほっぺすりすり」を覚えられる(ベイビィポケモンのピチューは除く)。
  • 進化後が存在しない。(ピカチュウ系統は例外)

所属ポケモン一覧

(第7世代時点)

言わずと知れたポケモンの顔、ピカチュウとその進化前、進化後のポケモン、いわゆるピカチュウ系統と呼ばれるねずみポケモン。
ピカチュウとライチュウは初代から登場していたが、進化前でベイビィポケモンのピチューが登場したのは第2世代のGSCからである。

第7世代のポケモンSMでは、それ以前のものとは別に、アローラの独自の環境に対応した姿のライチュウ、いわゆるアローラライチュウが登場した。

第3世代のRSEで追加されたおうえんポケモン。
そっくりな姿であることからセットで描かれることが多く、ゲームでも対の関係となっている。

第4世代のDPtで追加されたでんきリスポケモン。
アニポケではヒカリの手持ちになっており、ほうでんをよく用いる。
また、これ以降の全ての電気袋組のポケモンはレギュラーキャラの手持ちに加わっている。

第5世代のポケモンBWで追加されたモモンガポケモン。
電気袋組史上初の複合タイプ持ちである。
アニポケではアイリスの手持ちになっており、ボルトチェンジをよく用いる。

第6世代のポケモンXYで追加されたアンテナポケモン。
高さが0.2mと低く、電気袋組では最小である。
アニポケではユリーカのキープポケモンとしてシトロンの手持ちになっており、ほっぺすりすりをよく用いる。

第7世代のポケモンSMで追加されたまるまりポケモン。
アニポケではマーマネの手持ちになっており、びりびりちくちくをよく用いる。
XY&Zまでの電気袋組は基本的にヒロインが所有していたが、サン&ムーンで初めて男性トレーナーに所有されることとなった。


※ピチューやライチュウはピカチュウと同系列の種族のため、イラストから省略されてしまうことも度々ある。
※第7世代ではピカチュウそっくりのミミッキュというポケモンが登場しているが、こいつはタイプが全くの別物であることもあり、一覧からは除外される。
※人によってはアイドルポジションとの混交で第2世代からマリルを選出する向きもあるようだが、あちらもタイプがまるで異なる。

関連イラスト

マスコット!
Pika Family
【ポケモン】歴代ピカチュウポジションズ【ポストピカチュウ】
ほっぺ系
始まり
ほおぶくろ!【C86】



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 
ポケモン組み合わせタグの一覧 
でんきタイプ ほっぺすりすり げっ歯類 アニポケ 歴代ヒロイン

グレッグル/ドクロッグ……身体に「どくぶくろ」を持つポケモン。
ヒバニー……身体に「ほのおぶくろ」を持つポケモン。

関連記事

親記事

ポケモン組み合わせタグの一覧 ぽけもんくみあわせたぐのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「電気袋組」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47913

コメント