ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

電気袋組

でんきぶくろぐみ

電気袋組とは、ポケモンシリーズにおいてでんきタイプで頬に電気袋を持つ種族の総称のことである。
目次 [非表示]

概要

ポケモンシリーズに登場する、頬に蓄電器官「でんきぶくろ」を持ったでんきタイプポケモンの総称。


初代の『赤・緑・青・ピカチュウ』に登場したピカチュウをはじめ、該当ポケモンは皆彼らに似た特徴を持っていることから、ピカチュウポジション、ピカチュウモドキ枠とも呼ばれる。


また、げっ歯類モチーフが多くを占めていることから、電気げっ歯類などとも呼ばれ、ポケモンピクロスでは「エレキュート」と名付けられた。

当百科では「電気袋組」で統一する。


ピカチュウ系統が登場して以降は進化系が登場しないジンクスだったが、パモ系統が登場したことにより破れる事になった。


先述した特徴の他にも以下の特徴を持つ場合が多い。

  • 種族名が全世界共通(ただしエモンガ→Emolga(エモルガ)など微妙な読みの差異はある、パモ系統は唯一の例外である)。
  • 黒くて丸い目を持つ。(アローラライチュウは青目)

所属ポケモン一覧

ぴちゅぴからいらい

言わずと知れたポケモンの顔、ピカチュウとその進化前、進化後のポケモン、いわゆるピカチュウ系統と呼ばれる「ねずみポケモン」。

ピカチュウとライチュウは初代から登場していたが、進化前でベイビィポケモンのピチューが登場したのは第2世代の『GSC』からである。


第7世代の『サン・ムーン』ではアローラ独自の環境に対応した姿として、エスパータイプを持つアローラライチュウが登場した。


プラマイ!!

第3世代の『ルビー・サファイア・エメラルド』で追加された「おうえんポケモン」。

ゲームでも対の関係であり、セットで描かれることが多い。当時はマスコットとして積極的な宣伝も行われた。


ぱちゅりー

第4世代の『ダイヤモンド・パール・プラチナ』で追加された「でんきリスポケモン」。

低スペックながら世界大会を制した逸話は有名。


エモンガ!

第5世代の『ブラック・ホワイト』で追加された「モモンガポケモン」。

でんきの他にひこうタイプが付く、当グループ初の複合タイプ持ち。


ポケモンろぐ

第6世代の『XY』で追加された「アンテナポケモン」。

同作で新たに追加されたフェアリータイプを持っている。高さは0.2mと、電気袋組では最小。


トゲデマル

第7世代の『サン・ムーン』で追加された「まるまりポケモン」。

はがねタイプとの複合を持ち、ウルトラ版ではぬしポケモンとしても登場。


モルペコ!!!!

第8世代の『ソード・シールド』で追加された「にめんポケモン」。

あくタイプとの複合というポケモン初のタイプな上に、フォルムチェンジを行える。


パモパモ

第9世代の『スカーレット・バイオレット』で追加された「ねずみポケモン」及び「てあてポケモン」。

ピカチュウ系統と同じく二段階進化が可能で、でんき最初の複合となるかくとうタイプが追加される。


例外的存在

でんきだま

※ピチューやライチュウはピカチュウと同系列の種族のため、イラストから省略されてしまうことも度々ある。

ミミッキュピカチュウ

※第7世代ではピカチュウそっくりのミミッキュというポケモンが登場しているが、タイプがゴースト・フェアリーで全くの別物であることもあり、一覧からは除外される。

マリルちゃん

※人によってはアイドルポジションとの混交で第2世代からマリルを選出する向きもあるようだが、あちらもタイプがみずのためまるで異なる。

アイドル枠としてはプリンピッピも勘違いされる事が多い。


一覧


関連イラスト

無題ほっぺたもちもち発電チュウ!⚡

【ポケモン】歴代ピカチュウポジションズ【ポストピカチュウ】ほっぺ!

始まりほおぶくろ!【C86】


関連タグ

ポケモン ポケモン一覧

ポケモン組み合わせタグの一覧

でんきタイプ げっ歯類

関連記事

親記事

でんきタイプ でんきたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229704

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました