ピクシブ百科事典

グラスフィールド

ぐらすふぃーるど

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する技
目次[非表示]

あしもとに くさがおいしげった!

データ

初出第6世代
タイプくさ
分類変化
威力-
命中率-
PP10
技範囲フィールド全体
効果後述


概要

第6世代初登場の技。
第6世代から新設されたフィールドそのものを変化させる技の一種。持続ターンは5
なお、トリックルームのような部屋技・にほんばれのような天気技とはニュアンスが異なる。

効果としては接地状態のポケモンの体力が1ターンに1/16回復・くさタイプの技の威力が1.5倍・じしんじならしマグニチュードの威力半減となる。
また、特性「くさのけがわ」のポケモンは防御が1.5倍になる。

ぶっちゃけてしまうとかなり使いにくい
フィールドに掛ける技である以上相手もその恩恵を受けてしまう。特に耐久型の相手に来られると逆効果なのは言うまでも無い。
くさタイプの技強化にしても、元々弱点を突きにくい上に半減されやすいくさタイプの技が強化されても相手を選ぶ事になる。
じしん系威力半減にしても最大限に活かせるくさタイプは元々じめん技半減。やってられない。
トドメにしぜんのちからくさタイプならほぼわざマシンで習得できるエナジーボールになる。ダメだこりゃ。

自分の場にだけかけるならまだ使い道はあるのだが…こう考えると非常に残念な技である。

一応、じめん技が等倍のフシギバナラフレシアほごしょくと併用してフラワーベールの恩恵を受けたいフラージェスなら使えない事はない。

第7世代では特性グラスメイカーを持ったカプ・ブルルが登場した。
くさタイプの技強化に加え、元々高い攻撃+高火力な一致技であるウッドハンマーにより、こだわりハチマキ持ちならギルガルドですら確定2発で落とせる火力を出せる他、カプ・ブルルと相性の良いヒードランなどの弱点であるじめん技も軽減させることができる。
相手にも効果がある事はそのままだが、少なくとも以前より使い勝手は向上したと言える。

関連タグ

ポケモン技一覧
カプ・ブルル グラスメイカー
エレキフィールド ミストフィールド サイコフィールド

pixivに投稿された作品 pixivで「グラスフィールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 363

コメント