2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ミズゴロウ

みずごろう

ミズゴロウとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.258
英語名Mudkip
ぶんるいぬまうおポケモン
タイプみず
たかさ0.4m
おもさ7.6kg
とくせいげきりゅう / しめりけ隠れ特性


他言語版の名称

英語Mudkip
イタリア語Mudkip
スペイン語Mudkip
フランス語Gobou
ドイツ語Hydropi
韓国語물짱이
中国語水躍魚(繁体字)/水跃鱼(簡体字)


進化

ミズゴロウヌマクロー(レベル16) → ラグラージ(レベル36) → メガラグラージ(メガシンカ、ラグラージナイト)

ホウエン御三家(みずタイプ)



概要

『ポケットモンスタールビー・サファイア(第3世代)にて初登場したポケモン
名前の由来は恐らく『ミズ(水)+ゴロウ(ムツゴロウ)』と思われる。
『ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド』及びリメイクの『ORAS』でゲーム開始時に手に入るホウエン御三家の1匹。


魚類ムツゴロウがモデル。
一見泳ぐのには役に立たなそうな頭部のヒレは感度の高いレーダーの役割を持っている優れもの。
この頭ヒレで水や空気の動きを敏感に感知し、目を使わずに周りの様子を知ることが出来る。
このため相応に敏感なのか、ポケパルレではヒレを触られると嫌がる。
オレンジ色の頬の部分は水中で呼吸をするためのエラ。
確かに魚類こそ元ネタではあるものの、この部分に関しては形状からおたまじゃくしウーパールーパーといった両生類の持っているエラがモチーフだろう。

大きな尾びれで水をかけばぐんぐんスピードが上がる。水辺や川底に溜まった泥に体を埋めて休む。
陸上では4本の足を踏ん張って自分よりも大きな岩を持ち上げたり、粉々に砕く程のパワーを持ち小さな体の割に力強いポケモン。
実際に攻撃種族値は70あり、進化前としてはかなり高い。

某動画サイトのとある実況動画ではヤエガシ (八重樫)のニックネームで登場。その動画でのアイドル的存在となっていた。

センシティブな作品



また、英語圏では4chanから始まり、進化型のキモクナーイよりも名高いネタポケモンとなってもいる。
「So I herd you liek Mudkips.」(そして私はあなたがミズゴロウ好きだと聞いた)
3箇所の誤り(heard、like、ポケモン複数形はsが要らない)があるといえど、基本型である。

ゲームでの特徴

前述通りに「こうげき」の種族値が頭1つ飛びぬけている。
その反面第3世代まではみずタイプはすべて特殊扱いだった為生かすことが出来なかった。
現在でも地味にみず物理技を自力で覚えられない。代わりにこいつ限定でハイドロポンプ」を覚えられる。使おうと思った場合注意。

ルビー・サファイアで最初にミズゴロウを選ぶと、捕まえた数が1の状態でクリアができる。
ミズゴロウはいあいぎりを覚えないが、同作ではいあいぎりがなくとも殿堂入りできるためである。
詳細は各自検索のこと。
また、ポケモンコロシアムで「ホウエン図鑑にいないポケモン」を送り込んでコンテストとバトルタワーを攻略すれば、捕まえた数が1のシルバーカードも実現可能。

5世代にて隠れ特性の「しめりけ」が追加されたが、「だいばくはつ」の威力が実質半減しているため、ホウエン御三家の中では外れ扱いされている(通称シメゴロウ)。

そんなミズゴロウ含むホウエン御三家の配布は攻略本を買った時におまけでついてくるシリアルコード限定というあからさまなガチャガチャ式課金商法だった。
このためアチャモキモリを期待して攻略本を買って「きみが あえるのは ミズゴロウ だよ!」という文が出てガッカリした人数知れず。
おまけに当攻略本、書店によって出るポケモンに偏りがある(要するに同じポケモンに出会えるコードで束になって売られている)らしく、複数購入してかそくアチャモを狙おうとしたら全部しめりけミズゴロウだったという報告もあった。
このため上記文面がトラウマになった人もいたという。

ぼうけんクリアガイド


当然と言うべきか批判が殺到し、これ以降ランダム封入の隠れ特性ばら撒きは(2回しかなかったが)行われなくなった。


使用トレーナー

ゲーム版

※1 アチャモ・キモリの3択
※2 ライバルとしては、主人公がアチャモを選んだ場合
※3ポケモンマスターズでのバディー

アニメ版


漫画版


番外作品

ポケモンGO

水辺を中心に出現するが如何せん出現率が低い。天候ブーストも雨なので雨が少ない季節や地域だと集めるのがなかなか大変。
その上ゼニガメワニノコと比べても難易度が異常に高く設定されているため、捕まえようとしてもなかなか捕まらない。
幸い巣はあるのでそこで集めよう。最終進化のラグラージは原作同様の高スペックなのでじっくり集めるのが吉といえる。

ポケモン不思議のダンジョンシリーズ』

一部作品を除き、主人公・パートナー枠に。
後述のコミカライズではパートナーとして登場している。

ポケパークWii

ビーチゾーンでヤドンと友達になると遊びに来る。
かくれんぼで見つけると友達になってくれる。

ポケモンマスターズ

ハルカのバディーとして登場。

アニメ版

タケシのミズゴロウ

AG25話から登場。元は新人トレーナーに渡すためのミズゴロウを育てている沼にやって来た野生のミズゴロウで、タケシに助けられたことがきっかけでゲットされレギュラー入りを果たす。AG148話でヌマクローに進化する。

  • キヨのミズゴロウ
    • AG5話で短パン小僧キヨのポケモンとして登場。ポケモンバトルを一度もした事がないハルカとアチャモには相性もあって勝利している。ロケット団に奪われそうになるが、サトシの活躍で助けられた。AG48話で再登場した時はヌマクローに進化していた。


その他
オダマキ研究所を始め、はじめてのポケモンとして複数回ゲスト出演をする。
AG33話・71話
XY75話(回想)
新無印44話(冒頭)
めざポケ3話(幻覚)


オメガルビー・アルファサファイア発売記念のメガスペシャルアニメではハルカの手持ちとしても登場し、ツツジのノズパスとバトルしていた。

漫画

ポケットモンスターSPECIAL

【企画】び…微妙…【アニメポケスペ】


草の衣を纏っていたサファイアをポケモンと勘違いしてNANA(ポチエナ)に攻撃させた事でバトルになってしまい、電話越しで状況が飲み込めていなかったオダマキ博士から応戦の為に譲り受けた。鼻水を垂らしていた事もあり、ビジュアル的に見たルビーからの第一印象は「微妙」。『のよりはマシ』という経緯でメンバー入りした(しかしその言葉が6章で…)。当初は担当に迷っていたが、コンテストではたくましさ担当になる。
頭のヒレをレーダーとして使い、人や敵の位置を正確に捕捉することが得意。
カイナシティでヌマクローに進化する。

『ポケモン不思議のダンジョン ギンジの救助隊』

アチャモになってしまった元人間ギンジのパートナーとして登場する。

『赤き情熱と藍き英知』

双子の主人公の兄・オメガのポケモンとして登場。

関連イラスト

ミズゴロウ
ぬまうおポケモン



関連タグ

ポケモン一覧 みずタイプ ムツゴロウ
RSE

257.バシャーモ258.ミズゴロウ→259.ヌマクロー 
 

ホウエン御三家・初期形態

くさタイプキモリ
ほのおタイプアチャモ
みずタイプミズゴロウ


水御三家・初期形態

ポケモン該当地方
ゼニガメカントー御三家
ワニノコジョウト御三家
ミズゴロウホウエン御三家
ポッチャマシンオウ御三家
ミジュマルイッシュ御三家(ヒスイ御三家)
ケロマツカロス御三家
アシマリアローラ御三家
メッソンガラル御三家
クワッスパルデア御三家


同みず単タイプ

ゼニガメ/カメール/カメックス コダック/ゴルダック ニョロモ/ニョロゾ/ニョロトノ パウワウ シェルダー クラブ/キングラー タッツー/シードラ トサキント/アズマオウ ヒトデマン コイキング シャワーズ
ワニノコ/アリゲイツ/オーダイル テッポウオ/オクタン スイクン
ホエルコ/ホエルオー ヘイガニ ヒンバス/ミロカロス ポワルン(あまみずのすがた) パールル/ハンテール/サクラビス ラブカス カイオーガ
ポッチャマ/ポッタイシ ブイゼル/フローゼル カラナクシ ケイコウオ/ネオラント フィオネ マナフィ
ミジュマル/フタチマル/ダイケンキ ヒヤップ/ヒヤッキー オタマロ バスラオ ママンボウ
ケロマツ/ゲコガシラ ウデッポウ/ブロスター
アシマリ/オシャマリ ヨワシ ナマコブシ
メッソン/ジメレオン/インテレオン カムカメ サシカマス/カマスジョー
クワッス/ウェルカモ ウミディグダ/ウミトリオ ナミイルカ/イルカマン ヘイラッシャ

他の言語

Mudkip

関連記事

親記事

ホウエン御三家 ほうえんごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4812935

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました