ピクシブ百科事典

はっぱカッター

はっぱかったー

『ポケットモンスター』に登場する「わざ」の一種。無数の鋭い葉っぱを飛ばして相手を切り刻むくさタイプの技。
目次[非表示]

データ

初出第1世代
威力55
命中95
PP25
タイプくさ
わざ分類物理
攻撃範囲敵全体
直接攻撃×
備考急所に当たりやすい
英語名Razor Leaf


概要

 初代から存在する技。
 きりさくなどと同様の急所に当たりやすい技。
 なお、葉っぱそのものを飛ばす為か物理攻撃である。

 …とは言えやはり威力不足が目立つ。急所に当たりやすいとはいえ、威力55では決定打にはなりにくく、第4世代以降では同じく急所に当たりやすく威力がより高いリーフブレードや安定技のタネばくだんが採用されている。
 名前や効果から見たらリーフブレードの下位互換に相当するように思われるが、どちらかしか覚えないポケモンも多く、他にもリーフブレードは単独攻撃かつ接触技であるという点も異なっている。

 第4世代でより威力が高いタネばくだんが登場した事で今でこそシナリオ技に落ちぶれてしまったが、くさタイプ(ついでにどくタイプも)にまともな攻撃技が極端に少なかった初期の世代(低レベルで覚える低威力の技と高レベルにならないと習得できない高威力の技の繋ぎになるのがこの技ぐらいしかなかった)ではそこそこの威力を持つ貴重な技であり、この技を習得出来るくさタイプポケモンがゲームを攻略するうえで重宝されていた。
 更に、急所の計算式が現在とは違った初代では、(当時フシギバナウツボットしか覚えないこともあるが)ほぼ100%急所を誇り実質的な威力は110という破格の技だったため、当時の第3回大会で特に使われていたヤドランをメタる為にウツボットがやたらこの技を備えて採用されていた。
(なおフシギバナは第1回大会で1人だけ使ってたせいで参加できなかった)

 現在では暴力的な攻撃種族値を持つカミツルギがたまに使っている。攻撃力のおかげで威力不足が緩和され、非接触・複数攻撃な点がセールスポイント。更にトドメをさせれば特性で火力が上昇するため、使いどころを見極めればオイシイ立ち位置にある技となっている。

 ちなみに『ポケットモンスター THE origin』に登場したウツボットははっぱのカッターを飛ばすのではなく、文字通り身体のはっぱをカッターにする使い方を披露している。こっちの方が物理技してる気もするが、気にしてはいけない。

 『スマブラ』ではモンスターボールから登場するチコリータツタージャが使用するほか、ファイターではフシギソウが横必殺ワザとして使用する。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧
くさタイプ マジカルリーフ リーフブレード
カッター アイスラッガー

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「はっぱカッター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188843

コメント