ピクシブ百科事典

ワカシャモ

わかしゃも

ワカシャモとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

ワカシャモとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。


基礎データ

ずかん No.256
ぶんるい わかどりポケモン
タイプ ほのお / かくとう
たかさ 0.9m
おもさ 19.5kg
とくせい もうか


他言語版の名称

英語 Combusken
イタリア語Combusken
スペイン語Combusken
フランス語Galifeu
ドイツ語 Jungglut
韓国語  영치코
中国語 力壯雞(繁体字)/力壮鸡(簡体字)


進化

アチャモワカシャモバシャーモ

馬鹿の一つ覚えでも



容姿

シャモの鳥人ポケモン。
進化したことで全体的に大きくなっている。アチャモの時は短い手足であったが、進化したことで
しっかりとした四肢になっている。目は多少鋭く、鋭利な爪が両手にある。頭には三本の鶏冠(とさか)が
生えている。"雄"と"雌"の違いとして、頭の鶏冠が大きな方が、小さくなっている方がである。
アチャモであった頃の可愛いさを多少残しているが、厳つさの方が目立っている。

概要

『ポケットモンスタールビーサファイア(第3世代)に初登場したポケモン
名前の由来は、恐らく「ワカ(若い)+シャモ(軍鶏:しゃも)」
アチャモから進化したことでかくとうタイプが付加された。
当時はほのおタイプとかくとうタイプの組み合わせのポケモンは珍しかったが、以後御三家のほのおポケモンの進化形は3連続かくとうタイプ持ちとなり、半ば定番になりかけた。

野山で鍛えたスピードとパワーを兼ね備えた足で1秒間に10発のキックを繰り出す。とはいえ2秒間に1000発のパンチを繰り出せる奴がいるポケモン界では大した事ない方である(2進化ポケモンと1進化ポケモンの差と言われればそこまでだが)。
元ネタの鶏同様に鳴き声が非常にやかましく、戦いの前に吠える事で威嚇したり、集中力を研ぎ澄ますと言う。性格も非常に闘争本能に溢れており、相手がギブアップするまで戦いを止めない。
体内ではファイタースピリッツよろしく炎が燃え上がっており、これが火炎放射のエネルギーとなっているのだろう。
ポケモンレンジャーではここら辺の設定がかっこよく解釈されており、キックを放つと同時に火の玉も飛び出すという攻撃を使用してくる。

とこのように図鑑では性格や足技ばかりが紹介されているが、腕が発達した事でパンチ技が使えるようになっており、アニポケやポケモンキッズではスカイアッパーを使用していたのでワカシャモの代表的な技にスカイアッパーを挙げるファンも。


ゲーム上での特徴

進化した事である程度ステータスは強化され、特に「こうげき」・「とくこう」に優れている。
しかし、結果的には3つある形態の中でも一番扱いづらくなってしまった。

理由としては、自力で覚える事が出来るほのおタイプの技が"威力40"の「ひのこしかない点である。
進化前であれば、"威力95"の「かえんほうしゃを覚える事が出来、進化すれば"威力85"の
ブレイズキックを覚える事が出来る。
しかしどういう訳かワカシャモはどちらも覚える事が出来なくなってしまった。
開発者はこのポケモンに恨みでもあるのだろうか。

ただ、さすがにミスであったと気付かれたのかダイヤモンドパールから"威力120"の「フレアドライブを自力で覚える事が出来る様に改善された。

さらに最新作でリメイク版のORASではワカシャモでのみLv20で「ニトロチャージ」を覚えるようになった。"威力は50"と少ないが、攻撃とともにすばやさを上げられる。
ただしこのバージョンでは今までよりも格闘技の習得が遅くなってしまう。


アニメのワカシャモ

ハルカのワカシャモ
CV : 西村ちなみ









主な使用ポケモントレーナー

ハルカ 
ユウキ

関連イラスト

ワカシャモ2 * Combusken 2
【RS企画】空を斬る闘志



関連タグ

ポケモン一覧 ほのおタイプ かくとうタイプ
鳥ポケモン  RSE ORAS
 

ホウエン御三家・中間形態

くさタイプジュプトル
ほのおタイプワカシャモ
みずタイプヌマクロー


炎御三家・中間形態

ポケモン該当地方
リザードカントー御三家
マグマラシジョウト御三家
ワカシャモホウエン御三家
モウカザルシンオウ御三家
チャオブーイッシュ御三家
テールナーカロス御三家
ニャヒートアローラ御三家
ラビフットガラル御三家

関連記事

親記事

アチャモ あちゃも

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワカシャモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 623741

コメント