ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ポケットモンスター Let's Go!ピカチュウ・Let's Go!イーブイ』の女の子主人公


デザインは全く異なるが、どことなく『FRLG』の女の子主人公を思わせる配色をしている。

頭身が低く描かれていることもあってか、シリーズを通しても特に子供らしい印象を受ける。


他媒体

ポケモンエボリューションズ

センシティブな作品

CV:永井真里子


第8話「ザ・ディスカバリー」に登場。パートナーはピカチュウ

第1話のマサルと同様に褐色肌。また、他の回に合わせて頭身が高めに設定されている。

原作主人公の中では珍しく表情が他のキャラ並みに描かれているが、第6話のハルカが終始シリアスなのに対し、こちらは作風の違いもありコミカルな一面も見せている。

さらに、原作主人公の中で唯一セリフがあり、キャストも独自のものになっている


声を担当した永井真里子は、これ以前に『ポケモンマスターズ』でトウコを演じている。

何の因果か、この回の主人公・ブルーも『ポケマス』で歴代主人公を演じていたりする。


なお、映像内のクレジットは「Player」だが、英語版公式サイトでは個人名の「Elaine」で表記されている。



ポケモンマスターズ

アユミとイーブイ


CV:明坂聡美


2023年11月17日にイーブイの日の月に合わせた一環として、ボタン&ニンフィアに続いてポケマスフェス限定バディーズとしてイーブイをバディーズとして実装。今までのLPLE要素はカスミの衣装などの背景的なものだけだったが、ポケマスリリースから4年、明確なLPLEキャラが満を持して登場である。

その特殊な立場から別時空のカントーのトレーナーで実装されると思われたが、しっかり今までのカントー勢と同じ世界線のキャラとして実装された。

時系列的にもレッド・グリーン・リーフの冒険の後にアユミ達の冒険が始まったと予想される。違う点と言えば、先輩トレーナーは原作ではグリーン・レッド(一応、ブルーもなのか?)だけだったが、そこにリーフも加わっているという点である。掛け合いボイスもレッド・グリーン・リーフ・オーキド博士とのものが収録されており、グリーン・リーフの方からのボイスも新しく実装されている。

この事により、LPLEのキャラであるカケルやシン、ブルーが登場する可能性が高まった。



一般トレーナー

「アユミ」という名前の一般トレーナーは以下の通り。『BW』と『BW2』を別にカウントすると7人で、主人公の通称と同じ名前のトレーナーの数としては「コウタ」と並び最多。

また、「コウタ」と同様『ピカブイ』で名前の重複が避けられている。

地方場所肩書き備考
カントーRGBP / FRLG13番道路おとなのおねえさん名前は『FRLG』より。『ピカブイ』では「サユミ」に
ジョウトチョウジジムスキーヤー
ホウエン109番水道うきわガール
シンオウ222番道路うきわガール
イッシュBW4番道路バックパッカー
イッシュ(BW21番道路バックパッカー
カロスシャラジムローラースケート何の因果か「ローラースケートの カケル」もいる

余談

アニメ『ベストウイッシュ』で同名のトレーナーが登場している。CVは安野希世乃


関連イラスト

『ピカブイ』は本編作品でありながら外伝的な要素が強いためか、pixivでは投稿数が歴代の本編の女の子主人公の中で最も少ない。

ランドセルが最も似合う主人公 とMV衝動描きLet's Go! イーブイ!素敵な話を聞かせてLet’s Go! イーブイ

Ayumi (Elaine) & Eeveeピカブイ女子ズLet's Go! ミジュマルアユミ


関連タグ

ポケモン ポケットモンスター ポケモンLPLE

ピカチュウ イーブイ

カケル(ポケモン) シン(ポケモン)


カントー組(またはマサラ組)・関東トリオ…カケル、アユミ、シンの3人セット

関連記事

親記事

ポケモン女主人公 ぽけもんおんなしゅじんこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6805313

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました