ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  • 「取って置き」もしもの時、出すべき時のために、大事にしまっておくこと、またそのもの。
  • ポケットモンスターシリーズに登場する技の一つ。当記事で解説。

データ

初出第4世代
いりょく130(第4世代)→140(第5世代~)
めいちゅう100
PP5
タイプノーマル
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考自身の習得している残りの技を全て1回使用しないと失敗する

概要

第4世代から存在する技。

威力140と、「すてみタックル」を超えるノーマル物理屈指の大技。


…なのだが、そんな技にデメリットが無いわけが無い。

他に覚えている技を全て使わないと失敗するのである。

つまり手を全部バラさなければならず、この技の使用率は低い……


と言うとそうでもなかったりする。

この他の技と言うのは、別に3つ揃える必要は無い

つまり技を「とっておき」ともう一つにしておけば2ターン目から撃てるようになるのである。

もう一つの技は「まもる」や「ねこだまし」等にすることが多い。

出すタイミングも考えるなら「かたきうち」も相性が良いだろう。

その分搦め手が皆無になってしまうが、狙う浪漫は十分あるといえる。


他の技をZワザに変えると技を使った扱いになるが、ダイマックスわざに変えると技を使った扱いにならない。第8世代で使用する際は注意。


特性「きもったま」のポケモンに覚えさせれば、ゴーストタイプのポケモンにスカされる心配がなくなる。現状可能なのはムーランドガルーラ(剣盾以降)。


第6世代ではニンフィアの「フェアリースキン」対象なので、これと組み合わせると威力182×1.5のフェアリー攻撃と言うドラゴン殺戮兵器と化す。ニンフィアは攻撃さほど高く無いが。


とか言っていたら遂に初手から「とっておき」を使用できるポケモンが第7世代で現れた

ネッコアラである。

ネッコアラの技を「ねごと」とこれだけにすると、「ねごと」を使用するだけで「とっておき」が選択され、更に「ねごと」は使った扱いになる為しっかり「とっておき」も成功する

まさに「ぜったいねむり」だからこそできる技だと言えるだろう。


第8世代ではガルーラが習得者に名を連ねる。

これにより、「きもったま」持ちでは唯一の「ねこだまし」→「とっておき」のコンボを決められるポケモンになった。


ポケダンでは自分の技の中でPPが0になっている技が多いほど威力が上がる。

一応PPが0になってなくてもダメージは与えられるが威力はしょぼい。


ポケモンGOでは、コミュニティ・デイに出現するイーブイおよびその進化系のみがこの技を覚えることができる(コミュニティ・デイ後に実装されたニンフィアも、実装当初からすごいわざマシンスペシャルで習得可能)。

基本的には一致技を覚えさせた方が火力が出るので、レイドやジム戦では活用のしどころがあまりない。

この技が真価を発揮するのはトレーナーバトルである。本作におけるイーブイの進化系は、この「とっておき」以外にタイプ不一致技を覚えないため、一致技で弱点を突けない時の緊急手段として使える他、タイプ一致技を繰り出すように見せかけてこの「とっておき」をフェイントとして使い、相手にシールドを消費させるという心理的な駆け引きにも極めて有効。

はっきり言うと、これを覚えているか否かでブイズの汎用性は大きく変わってくるといっても決して過言ではなく、対戦に投入することを考えるのであれば、この技の習得はほぼ必須であると言える。


一方ポケモンカードゲームでは、可愛い感じのポケモンに何度か搭載されている。

そして可愛い感じのポケモンに何度か搭載されるタイプのワザのご多分に洩れず、低威力の単純ダメージワザとして実装されている。しかもコインを投げてウラが出ると失敗する。

ちなみにどれくらいの低威力かと言うと、最大でもチラチーノ(XY世代)の60。あんまりである。


関連タグ

ポケモン ポケモン技一覧

ノーマルタイプ

イーブイ ブイズ

きりふだ:混同されやすいが、効果は全くの別物

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 200455

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました