ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0135
カントー図鑑No.135
ジョウト図鑑(GSC)No.182
シンオウ図鑑No.165
ジョウト図鑑(HGSS)No.186
イッシュ図鑑(BW2)No.093
コーストカロス図鑑No.079
アローラ図鑑(SM)No.125
アーカラ図鑑(SM)No.052
アローラ図鑑(USUM)No.155
アーカラ図鑑(USUM)No.056
ガラル図鑑No.198
カンムリ雪原図鑑No.076
ヒスイ図鑑No.027
パルデア図鑑No.181
ローマ字表記Thunders
ぶんるいかみなりポケモン
タイプでんき
たかさ0.8m
おもさ24.5kg
せいべつ87.5%♂・12.5%♀
特性ちくでん:でんきタイプの技を受けると、ダメージを無効化しHPを最大値の1/4回復する
隠れ特性はやあし:状態異常になると、「すばやさ」が1.5倍になる。「まひ」状態による「すばやさ」低下を無効化する。手持ちの先頭にいると、野生ポケモンと出会いにくくなる。
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称

ドイツ語Blitza
英語・スペイン語・イタリア語Jolteon
フランス語Voltali
韓国語쥬피썬더
中国語(簡体字・繁体字)雷伊布
中国語(大陸)雷精灵
中国語(香港)雷伊貝
中国語(台湾)雷精靈

進化

サンダース×イーブイ


概要

ポケットモンスター 赤・緑』(第1世代)から登場しているイーブイの進化系。

名前の由来は恐らく「サンダー<Thunder>」から。


体色は黄色であり、首の周りや腰の毛が鋭く尖っている。ただしこれは下記の要素に由来するもので、普段は普通の毛並みをしている模様。


感受性が非常に強い種で、とても神経質なため懐かせるのは大変らしい。わずかな刺激でも感情が変化し、それに伴って細胞から発電が行われ、体毛を始めとした身体へと電気が溜まる。


その体毛の隙間には多くのマイナスイオンが発生しやすく、常にパチパチと電気の弾ける音を発している。

細胞から生み出される電気は弱いが、それらの静電気によって纏められ、かみなりを落とせる程の強力な電気に増幅されるようだ。

そうして帯電した体毛は鋭いのように逆立つ性質があり、これを次々と飛ばし、相手を刺し貫いて弱らせる。


また、肺の中にも電気を生み出す器官があり、吐息に混ざって電気の音がバチバチと聞こえるとの事。その為上記の電撃に加え、空気中のマイナスイオンを吸い込んで約一万ボルトの電気を吐き出す攻撃も可能としている。


3ダース

一匹でも三十六匹(3ダース)。色違いは黄緑色をしている。


ゲーム上での特徴

  • ピカチュウ版はライバルとの最初の2戦で両方とも勝った場合、シルフカンパニー戦で初めてイーブイからサンダースに進化する。御三家(リザードンの場合はリザードで進化を止めれば弱点は突かれないが)、三鳥ギャラドスフーディンなどに頼っていると撃沈させられる危険性がある。特にチャンピオン戦は屈指の難易度を誇り、使うわざは「ミサイルばり」「でんじは」「でんこうせっか」「かみなり」。一応ダグトリオゴローニャを持っていれば育成次第でさっくり勝ててしまったりするのだが。





  • ピカブイでは、ピカチュウ版のライバルと異なり、レッツゴーピカチュウ版のライバル(シン)のイーブイがサンダース一択で進化する。

  • SVでは、とあるルートでブイズ好きなボタンの手持ちで登場するが…?

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代656560110130430
第2世代から65656011095130525

※第2世代以前の「とくこう」・「とくぼう」は「とくしゅ」に纏められていた。


参考

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
イーブイ555550456555325
シャワーズ13065601109565525
ブースター65130609511065525
エーフィ65656013095110525
ブラッキー95651106013065525
リーフィア65110130606595525
グレイシア65601101309565525
ニンフィア95656511013060525

素早さが非常に高く、ついで特攻が高い。

逆にHPや防御は低いと、分かりやすい高速特殊アタッカー向きの性能。

特に素早さは所謂130族と呼ばれる超高速帯に所属する1体。第1世代からでんきタイプの躍進を支えてきた老兵でもある。


その高い特攻から放たれる「10まんボルト」「かみなり」「ほうでん」はかなり強力。が、一致技以外の攻撃技に乏しく、「めざめるパワー」厳選は必須となる。粘るつもりがないなら基本使うべきではないとも言われる。


一応第4世代以降「シャドーボール」や「シグナルビーム」が増えたが、これといった救済になっていないのが現状。ブイズでもあるので補助技は多彩。


素早さの種族値が高ければ高いほど急所に当たりやすかったため、特殊110も含めて火力はかなりのものだった。初代では、「はかいこうせん」の選択が積極的に専門書で考察されていたほどだった(当時は物理技。また相手を倒せれば次ターンでは行動できない欠点がチャラにもなった)。


何より対戦で活躍していたこおりタイプジュゴンパルシェンラプラスみずタイプと、フリーザーひこうタイプと複合であり、複合がエスパータイプであるルージュラにも「ミサイルばり」などで迎撃できたことから強い相手に強い立ち位置で大活躍を果たした。反面物理耐久は低く、当時から「じしん」を貰うと大ダメージを負い、個体次第では即退場という事もザラにあった。


このように難点をもちながらも、初代のストーリーにおいては本作屈指の最強ポケモンである。タマムシシティでイーブイを入手直後に「かみなりのいし」で進化できるので、即戦力として活躍できる。種族値による素早さも非常に高いため、多少レベルが低くても先手を取ることができる。マチスからもらった「10まんボルト」を覚えさせれば申し分なし。


さらにはレベルアップで「にどげり」、「ミサイルばり」を覚え、エスパータイプを含めなんと半分以上の8つのタイプ(当時のタイプは全部で15)の弱点を突くことができる。


そのあまりにも攻撃のレパートリーが多い技で、非常に苦戦しやすいジムリーダーのナツメエスパータイプ使い)、四天王のカンナこおりタイプ使いを名乗るが、5匹中4匹がみずタイプ持ちで事実上みず・こおり複合)戦はサンダース1匹だけで倒せ、同時に『赤・緑・青』版では多種多様なタイプを使うグリーンすらカントー御三家フシギバナリザードンカメックスのいずれか)を含む5匹のポケモンを前述の3つのタイプのわざで弱点を突ける(主人公がゲーム冒頭でフシギダネを選ぶ、すなわち相手側がリザードンの場合は6匹全て弱点を突ける)際立った強さを誇った。


第2世代

急所の仕様変更で火力は落ちたが、基本性能が落ちることはなく人気のポケモンとして活躍を続けた。第2世代で加わった「めざめるパワー」は、例えばこおりタイプを引ければ対じめんタイプくさタイプにもってこいの性能になる為大変に重宝された。

しかし厳選難易度はお察しください。確認も手動だぞ。


第3世代・第4世代

特性追加。サンダースに与えられたのは「ちくでん」。

素が半減である為少し微妙だが受け出しの範囲が広がり、サポートに磨きがかかった。

環境における戦力として勘案しづらいマルマイン、用途が限定的でネタが割れれば容易に連続攻撃技で対応されるテッカニンを除けば、「プレッシャー」を活かした無限ハメ型として活躍したプテラ、スイーパーやダブルのサポーターとして利用されたクロバットと並び、原則最速タイのポケモンとして広く利用された。

なお、当初は変化技は無効にできない=「でんじは」を無効にできないと言う仕様だったが、第4世代で無効にできるようになっている。


第5世代

夢特性「はやあし」入手。

特にこれと言った優位点はないと思いきや、特性が発動すれば素早さが何とレベル50で最大300にもなる。が、当時はそこまで素早くなるメリットは無かったため少し腐らせがち。


第6世代

主力技の「10まんボルト」や「かみなり」の威力低下、「めざめるパワー」の一律威力60に低下と次々と弱体化してしまった。加えてでんきタイプ全体がまひ状態にならなくなった関係で「ちくでん」を持つサンダースの優位性が失われた(同時に「はやあし」が使いやすくなったとも取れるが)。メガ枠を使うことになるが、ほぼ上位性能のメガライボルトの出現も辛い部分だろう。


サブウェポンの「シャドーボール」の通りが良くなったことと、高い素早さをメガシンカなしで得られることをどれだけ優位点と見るかといったところ。

地味に初代から覚える「ミサイルばり」が強化されたが、この世代まで来るとさすがに打ちどころが迷子。


第7世代

ポケモンSM』ではサンダース自身の強化はZワザくらいだが、「あめふらし」持ちが増えたこと、「エレキフィールド」が展開されやすくなったことで動きやすさは向上した。


この頃になると、スカーフ対策に「はやあし」を選ぶ事も増え始めている。その一方で「ちくでん」を活かした対でんき兵器という側面も強まっていた。


第8世代

ポケモン剣盾』ではなんと有用なサブウェポンであるめざめるパワーとシグナルビームが削除されたため、電気技が通らない相手が非常に辛くなってしまった。代わりにウェザーボールを習得したため霰パ雨パで運用することも考えられる。サンダースより素早いドラパルトがトップメタに君臨しているのも痛手だが、一応はやあしやシャドーボールがあるため一矢報いることもできる。というかゴースト環境なのでシャドーボールの重要性が増している。


シリーズ後半には強力なでんきタイプであるレジエレキが出現。能力を一切振らずとも電気技、素早さの両方で上回れており、手強い相手が出現してしまった。


BDSP

レジエレキデンジュモクカプ・コケコなどライバルが軒並み退場。差別化を考えるのがマルマインだけになり、非常に動きやすい環境だった。


第9世代

ポケモンSV』では「めいそう」「テラバースト」「かいでんぱ」を新規習得。アタッカーとして幾分か挽回したと言える。特に「めいそう」は初代において使われた「かげぶんしん」を考慮しなければ、まともな性能のものとしては事実上初と言って良い積み技である。


シーズン3以降ではパラドックスポケモン四災・過去作準伝説の解禁と高ステータスのポケモンが続出した事により、その採用率は時を経るごとに下がってしまっている。特に範囲を捨てた高速でんきと言う点でレジエレキの存在が重く、そのレジエレキですら採用率がガタ落ちしている環境ではもはや全盛期の勢いはない。


使用トレーナー

ゲーム版

※1:ピカチュウ版でオーキド研究所22ばんどうろのバトルの両方で勝利した場合。

※2:ポケモンスタジアム金銀

※3:最初にハリマロンを選んだ場合

※4:『ポケモンマスターズ』でのイーブイの日記念におけるバディ


アニメ版

  • ライゾウ(無印40話)
  • 試験官(無印56話)
  • フォード(無印101話)
  • サツキ(無印183話)
  • デンジ(DP)
  • バージル(BW)
  • ホノカ(新無印98話)

漫画版

  • レッド(ポケスペ)
  • デンジ(ポケスペ)
  • サクラ(ポケスペ)

番外作品

ポケモンGO

スパーク

  • イーブイの入手が容易で進化に必要なアメも少ないので、手軽に入手できる。進化先はランダムだが「Sparky」若しくは「ライゾウ」とつけることで1度だけ確実に進化できる。

  • このゲームに素早さの概念はなく、それ以外のステータスが引き継がれたせいで火力は高いが耐久面が低いというかなり使いづらいキャラになってしまった(一応、防御に関してはエーフィよりやや高めではあるようだが)。現在は素早さもある程度は攻撃、防御のCPに関わるようになりサービス開始当初よりは改善されているものの、それでもイーブイの他の進化形に比べると最大CPはやや低い。

  • 現在ではでんき四強のサンダーライコウエレキブルジバコイル等が実装されており、サンダースの出番は大きく削られてしまっている。だが入手難易度や育成のしやすさでいえばこちらに軍配が上がるので、上記4匹の補助要員としての活躍はできる。そもそも、これでも伝説ポケモンを除けばでんき単タイプの中ではエレキブルに次ぐ最大CPを誇るので、ゲームを始めたばかりの初心者は、でんきポケモンはまずサンダースを育てることを目標にするのが良いだろう。


  • また、2回目のイーブイのコミュニティ・デイで覚える技はなんとフルゲージ技の「でんじほう」。まさかのサブウェポンではなくロマン砲である。原作でよく使われるシャドーボールの枠は後輩に取られてしまったからなのか…。当然ながら、低耐久のサンダースとの嚙み合わせは微妙なので、無理に覚えさせる必要はない。どちらかといえばイベントに参加した記念といったところだろうか。

  • レイドボス
    • しかしレイドボスとしては話が別。ランクは中堅どころの★3なのだが、その強さはと言うと…「レイドボスは体力(HP)がランクに応じて固定の値になる仕様」「弱点がじめんタイプしかない。サービス開始当初はじめんタイプのポケモン自体が全体的に弱めで、じめん技の性能も微妙なものが多く、対策が立てづらかった。」…といった要素が重なった結果★3レイドボスでありながら実装当初はソロでは撃破出来ない程の強さだった。
    • 現在ではじめんタイプでも屈指の火力を誇るグラードンドリュウズガブリアスれいじゅうランドロスの実装、じめん技の強化、天候ブーフト機能の実装などによりソロでもちゃんと撃破可能になっている。

ポケモンマスターズ

  • クリス&サンダース
    • 2022年11月21日のイーブイの日を記念し開催されたイベント『3つのぶいぶいメモリー』と共に期間限定のバラエティバディーズサーチにて登場。
    • でんきタイプのテクニカル。『でんじは』によるまひ状態の付与やトレーナー技『予習はバッチリ!』による自身の火力強化を兼ねた味方全体への急所率上昇、スキルによる技後の能力ダウン効果を『ほうでん』によって全体へと発動できる等々テクニカルの名に恥じない器用な立ち回りが可能。
    • 極めつけにバディーズわざ後のエレキフィールド展開も可能となっており、条件を整えることでバディーズわざ自体の威力も相当なものとなる。
    • ジョウト地方を冒険していた過程で素早いポケモンに苦戦することが多かったためにイーブイを進化させることで入手したことが語られている。

ポケモン不思議のダンジョン

  • 正直語ることに困る敵キャラ。「ほうでん」を使うわけでもないし、高レベルでも「とっておき」を使って場を和ませてくるしで、あまり苦戦することはないだろう。

ポケパーク

  • ポケパークWiiではストーンゾーンに登場するが、「友達が90匹以上」でなければ「ちからくらべ」に挑戦できない。「おいかけっこ」に勝利すれば「友達」になってくれる。
  • ポケパーク2では、アルカナエリアに登場。レースをクリアすると友達になってくれる。

Newポケモンスナップ

  • まさかのまさか、洞窟の奥深くにひっそりと生息しているのみ、しかも撮影できるのはシナリオクリア後(しかも撮影可能になるトリガーが何故かこいつ)という不遇の扱いを受けている。「ブイズのうち最後に撮影できたのがサンダースだった」という人は多いのではないだろうか。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • ライゾウのサンダース
    • 無印40話でイーブイ四兄弟のライゾウのポケモンで登場。弟タイチのイーブイがロケット団に連れ去られた時、イーブイをロケット団から取り返そうとムサシのアーボックにミサイル針をおみまいしたがアーボックの反撃にあう。

  • 無印56話
    • ポケモン検定試験の試験官のポケモンで登場。

  • 無印101話
    • フォードのポケモンで登場。

  • サツキのサンダース
    • 無印183話でエンジュのサクラの姉であるサツキのポケモンで登場。サクラの旅立ちの条件としてのポケモンバトルをサトシのピカチュウと行い、「でんじほう」を使うがかわされる。ピカチュウの10まんボルトを「でんじは」で防ぐが、ピカチュウの速攻と「かみなり」で倒される。

  • デンジのサンダース
    • DPでのサトシとのジム戦で登場し、サトシのゴウカザルと対戦。10まんボルトとシャドーボールの乱れうちで激闘を繰り広げるが、ジャンプしたところをゴウカザルの「マッハパンチ」で狙い撃ちされて敗北した。

  • バージルのサンダース
    • チーム・イーブイの一体で登場。


  • ホノカのカレン
    • 新無印98話にて、ポケモンサーカスの団員の1人でほのおタイプのポケモンを使うホノカのパートナーで登場。花飾りがトレードマーク。
    • 当初はイーブイであり、ブースターに進化させようとした際に誤って「ほのおのいし」がビリーのライムに、「かみなりのいし」がカレンに当たってしまい、カレンがサンダースに進化してしまう。ビリーのブースターになってしまったライムとパートナー交換をしてしまうが、サンダースになってもホノカの傍に寄り添い、ホノカ・ビリーとライム、そしてコハル達共にショーを成功させた。

その他

無印86話・272話
AG11話(映像)
BW135話
XY47話・90話(サナの話)
SM66話
新無印2話・49話・63話(イメージ)・120話・136話
劇場版裂空の訪問者氷空の花束ボルケニオンと機巧のマギアナキミにきめた!みんなの物語
短編ピカチュウとイーブイ☆フレンズ

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • レッドのブイ
    • 2章までレッドのブイが一時的に進化できる形態で登場、現在はエーフィになっている。
〈レッドの手持ち〉
ニョロ(ニョロモニョロゾニョロボン♂️)
フッシー(フシギダネフシギソウフシギバナ↔️メガフシギバナ♂️)
ピカ(ピカチュウ♂️)
ゴン(カビゴン♂️)
ギャラ(ギャラドス♂️)
プテ(プテラ♂️)
ブイ(イーブイ(↔️シャワーズorサンダースorブースター)→エーフィ♂️)
ディグ(ディグダ♂️)
サン(サンド♂️)
ドリ(ニドリーノ♂️)
オニドリル
ウツボット
ニドキング♂️

  • 8章ではデンジの手持ちが登場。
  • 9章ではまいこはんのサクラの手持ちが登場。

関連イラスト

サンダースの日らしいのでNO.135

サンダース幻雷


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RGBP FRLG LPLE

ポケモン一覧 でんきタイプ


0134.シャワーズ0135.サンダース→0136.ブースター


ブイズ


同でんき単タイプ


かみなりのいし繋がり


関連ポケモン等


.

関連記事

親記事

イーブイ いーぶい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 638297

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました