ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

テッカニン

てっかにん

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0291
ホウエン図鑑No.043
セントラルカロス図鑑No.112
ガラル図鑑No.105
ローマ字表記Tekkanin
ぶんるいしのびポケモン
タイプむし / ひこう
たかさ0.8m
おもさ12.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性かそく/すりぬけ(隠れ特性)
タマゴグループむし

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語テッカニン鉄火+忍者
英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・イタリア語Ninjaskninja(忍者)+mask(マスク・覆面)
韓国語아이스크iron(英語で鉄)+mask(英語でマスク・覆面)
中国語(簡体字)铁面忍者铁(tiě、鉄)+面具(miànjù、マスク・仮面)+忍者(rěnzhě)
中国語(繁体字)鐵面忍者鐵(tiě、鉄)+面具(miànjù、マスク・仮面)+忍者(rěnzhě)
ヒンズー語निनजास्क英語名の音写
ロシア語Нинджаск英語名の音写
タイ語เท็คคานิน日本語名の音写

進化

ツチニン ┬→ テッカニン(Lv.20)

     └→ ヌケニン

※手持ちを5匹以下にしていると、テッカニン進化時に出現。第4世代以降はボールを1個消費して手持ちに入るので、最低1個は普通のモンスターボール所持している必要がある(スーパーボールなど他のボールでは不可)。

 

蝉


概要

第3世代『ルビー・サファイア』で初登場したむしポケモン。

見た目どおりセミがモチーフで比較的リアルに近い造形だが、脚は4本(というか「むし」ポケモンでちゃんと6本足のやつは少ない)。

 

英語名はninja+maskが由来と思われ、そこから忍者(にんじゃ)+鉄仮面(てっかめん)を意識したのだろう。分類が「しのび」なのもそのせいだろうか。

 

樹液が好物で、鳴き声がとてもやかましいというセミらしい生態を持ち、近くで聞き続けるとあまりの音量に頭痛がしてくるらしい(でもゲーム中の鳴き声は羽音っぽい)。いやなおとを覚えられるのはその再現か。

 

上手く育てないと言うことを聞かず鳴き続けるため、トレーナーの腕が試されるポケモンとされる。ちなみにアニメ「ゲンガーになっちゃった!?」での鳴き声はセミのそれであった。

 

またいつも高速で飛びまわっており、まったく姿が見えないことから、長い間透明なポケモンと考えられていたとのこと。それほど速いのに「しんそく」はおろか「でんこうせっか」すら覚えなかったりもする(でもこうそくいどうは自力で覚える)。


ゲームでの特徴

第3~7世代+そのリメイク作品

  • 進化の関係上からか、初登場から野生出現しない。7世代までの入手に関してはツチニンの記事を参照。

ソード・シールド

  • 第8世代の今作で初めて野生でも出現する。

ワイルドエリアの「うららか草原」と「ストーンズ原野」に出現する。


スカーレット・バイオレット

  • 相方の巻き添えをくらってリストラされてしまった。

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
6190455050160456

  • 特筆すべきはその素早さ。文句無しの一般ポケモン最速であり、この数字を上回っていたのはデオキシススピードフォルム(禁止級)のみ。すごいぞデオキシス。

が、アギルダー(145)にメガスピアー(145)、メガプテラ(150)、フェローチェ(151)といった俊足自慢の後輩たちでもテッカニンには敵わず、一般ポケモン最速の座を保持し続けた姿は多くのプレイヤーから敬意を集めた。何より、素の速さでは負けてもテッカニンは彼らにはない特性「かそく」があるため、完敗とは言い難い。


  • 一方、他の能力値は攻撃を除いてかなり低く、いわ4倍・こおり・ほのお・ひこう・でんきと弱点も多い(逆に耐性はむし半減・くさ・かくとう1/4、じめん無効)。そうでなくても死にやすいので、速さを活かした一撃特攻を仕掛けるか、忍びらしく「まもる」や「みがわり」などを駆使して時間を稼ごう。「かげぶんしん」だって使えるぞ。まあ「こおりのつぶて」や「アクセルロック」といった先制技にはどうしようもないのだが……。

  • 対戦では「かそく」で毎ターンスピードアップし、「つるぎのまい」で攻撃力を上げ、「バトンタッチ」で繋ぐテッカバトン が有名。これらも自力で覚えられる。大抵のトレーナーはこの戦法を使ってくると警戒しているので、テッカニンが攻撃してくると驚かれることが多かったり。

まあバトンで受け継がないならお前それ以上速くなってどうすんだ?というくらい素早いので仕方ない。


  • 隠れ特性は「すりぬけ」。これもこれでかなり強力な特性だが、こいつの場合は先述のかそくバトン型が強いためあまり採用されていない。

第3世代



  • 当時は2体対象技の威力が半減だったため、いわなだれねっぷうが敬遠されていたのも追い風(ちなみに第四世代以降は3/4に上方修正された)。

第7世代

  • Zワザによって高火力を発揮できるようになり、すりぬけアタッカー型も珍しくなくなった。

第8世代

  • Zワザが無くなった影響ですり抜け型は再び日の目を見なくなってしまった。なぜかメロメロも剥奪された。

 

  • その代わり、それまで覚えられなかったアクロバットじたばたを習得。どちらもテッカニンとは非常に相性が良く、アクロバットはタスキを消費してから使えばタイプ一致の威力110の強力な技になり、じたばたも基本的にタスキを持たせて運用されるテッカニンなら高火力が出る。またあなをほるはダイマックスをすかせるため、ダイマックスターンを枯らせる目的での採用も検討できる。同作ではテッカニン以上の素早さを持つレジエレキの出現により、スカーフ持ち以外に初手から先手を取られるという事態が発生するようになった。

第9世代

  • リストラされてしまったが、間違いなく相方の巻き添えだろう。本人もコレまで課題だった貧弱な耐性と技範囲をテラスタルテラバーストでカバーできるようになったので、もしシーズン1にいたら環境入りしていたかもしれない。

使用トレーナー

ゲーム版

※1:BW2夏時

※2:ポケモンマスターズ


アニメ版


漫画版


番外作品

ポケモン不思議のダンジョン

  • トラウマメーカーの1匹。とにかく覚える技がえぐい。ぼうぎょを1/4にするいやなおとをはじめ連続技みだれひっかき、これを必中にするこころのめ、敵全員を加速させるこうそくいどう、更にはバッグの中のきのみを食い荒らすむしくいまで覚える。1手でも処理が遅れると壊滅的な打撃を受けることになる。
  • なお、同作品で基本的に「かそく」は空気。

ポケモンマスターズ

  • ダツラ&テッカニン
    • 2023年10月5日のイベントから登場し、7日に実装。
    • 技はダメージと共に相手のとくこうを下げる「むしのていこう」。わざゲージ消費量1で使える強力な技で、相手の命中率を1段階さげてこんらん状態にするシンクロわざ「アクセルシザークロス」。自分の急所を2段階上げる「クリティカット+」持ち。
    • トレーナー技「イイねぇー!」を使うと自分のバディーズわざ発動可能状態までのカウントを3減らすスピードロール。
    • 元々はジバコイルと共にパシオのレンタルポケモンであったが揃いも揃って困らせていた個体であり、ドリバルがファクトリーヘッドであるネジキとダツラにお願いしたが、結果的にヘッド2人にしか言うこと聞かなくなった為、バディーとなった。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • ハンゾウのテッカニン達
    • AG44・45話でミラージュ王国摂政のハンゾウのポケモンで2匹で登場。敵に「シャドーボール」や「はかいこうせん」をぶちかましサトシ達がハンゾウと戦うたびに現れては攻撃してくるが、サトシのピカチュウの「かみなり」を受けて黒焦げになった。

  • コロクのテッカニン
    • AG156話で忍者スクール生徒のコロクのポケモンで登場。コロクがサトシと一緒に姿を隠しているカクレオンを探して捕まえる修行をしていた際にカクレオンを見つけようと「すなかけ」を使っている。ポケモンを奪おうとしたロケット団に「みだれひっかき」で攻撃した。

 

  • ジンダイのテッカニン
    • AG190話でジンダイが出した2匹目のポケモンで登場。スピードが速く「かげぶんしん」で相手を惑わせたり、「すなかけ」で相手を目潰ししたりするなど小技が得意だが、「すなあらし」などの大技も使う。
    • サトシのゼニガメの目を「すなかけ」で目潰しし、動けなくなった所で「つばめがえし」で襲いかかるが、ハイドロポンプの水で目の砂を洗い流して視力が回復したゼニガメの「ロケットずつき」に敗れた。

  • シンジのテッカニン
    • DP51話の回想シーンでシンジがヒコザルに会う前にゲットされる形で初登場し、DP187話で使用される。
    • 特性「かそく」と「こうそくいどう」を使って「れんぞくぎり」で攻撃する撹乱戦法でサトシのグライオンを翻弄。しかし、交代で登場したゴウカザルの地中からの「フレアドライブ」のダメージによってスピードが遅くなり、「ギガドレイン」でゴウカザルの体力を吸収している所を見切られ、「マッハパンチ」で倒された。

  • XY77話
    • スカイリレーに参加したポケモンで登場。…他の参加ポケモンに比べて遅いのでは?とか言っちゃいけない。

  • 新無印91話
    • ゴースト列車にいたツチニン達が一斉に進化して飛び回り、ピカチュウの電撃で追い払われて窓の外へと飛ばされる。なお、その際にゴウの手持ちに空きがあった為…

 

  • グーンのテッカニン達

  • ニンジャ・ライオットのテッカニン達

その他

AG126話
めざポケ1話・3話(幻覚)・8話
劇場版裂空の訪問者超克の時空へココ

『アニポケ・リコとロイの旅シリーズ


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 4章に登場。テッセンとの戦いの際にアクア団のイズミからシズクへと渡されたツチニンが進化。恐るべきスピードで攻撃をことごとく回避し、更に「かそく」で攻撃を繰り返す事にスピードが増加するという難敵でテッセンの前に立ちはだかった。しかし、テッセンのライボルトが「かげぶんしん」で対抗され、更に押さえ込まれて「かみなり」を撃たれた事で相打ちとなった。だが…

余談



関連イラスト

無題鉄火の如く

相対速度衝突テッカニンファイナル


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS

ポケモン一覧 むしタイプ ひこうタイプ

虫ポケモン


0290.ツチニン0291.テッカニン→0292.ヌケニン


同複合タイプ


関連ポケモン等




その他

関連記事

親記事

ツチニン つちにん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1434410

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました