ピクシブ百科事典

ポケモンリーグチャンピオン

ぽけもんりーぐちゃんぴおん

ポケモンリーグチャンピオンとは、『ポケットモンスター』シリーズにおける最後に戦うトレーナー。作品中におけるラスボス的存在。
目次[非表示]

チャンピオン一覧

カントーからカロスまでについては主人公もチャンピオンになっている。
が、ゲーム中でチャンピオンとして周囲から認知されている場面が少なく、BW2のチャンピオンズトーナメントにはプレイヤーの分身レッドを除いて一切登場しないため、記述を省いた。

地方名 チャンピオン名 
カントーグリーン(初代・FRLG)、シン主人(LPLE)※1
カントー(3年後)&ジョウトワタル
ホウエンダイゴ(RS・ORAS)、ミクリ(エメラルド)
シンオウシロナ
イッシュアデク(BW)、アイリス(BW2)
カロスカルネ
アローラ主人※2
ガラルダンデ主人※3

※1 LPLEでは殿堂入り後に四天王などのセリフが変わり、シンの肩書きも「ポケモントレーナー」に戻る。
※2 アローラの場合、当初はチャンピオンが不在で、主人公がアローラ初のチャンピオンになった後に戦うククイ博士(SM)およびハウ(USUM)が、シリーズ毎におけるラスボスにあたる。
(なお、アニメ版『サン&ムーン』では、その実力からもククイ博士の扮するロイヤルマスクが、実質リーグチャンピオンと同格として扱われている)
※3 第7世代の主人公と違って「ダンデの次のチャンピオン」という扱いであるが、作中ではダンデが引退したとはっきり明示されていたり、クリア後のトーナメントに現役チャンピオンとして参戦したりと、チャンピオンであることが強調されている。

概要

各地方に存在するポケモンリーグの頂点に立つトレーナー。
全ポケモントレーナーの憧れにして越えなければならない最大の難関である。
なお、ジョウト地方にポケモンリーグは存在せず、金銀・HGSSではカントー地方まで赴いて挑戦する事になる。

一部の例外を除き、主人公とストーリー上でも密接に関係することが多く、強烈な印象を残す人物が多い。

総じて人間的にも魅力的な人物たちであり、ポケモントレーナーの鑑とも言うべき人格者だが、御多分に漏れず残念な面を持っている事も…。

挑戦方法

地方によって挑戦方法は異なる。
アローラ地方とガラル地方を除くデフォルトの挑戦方法は

1:各地に存在するポケモンジムに行き、そこを治めるジムリーダーを倒して手に入るジムバッジを8つ集める
2:ポケモンリーグ四天王と総当たり方式でポケモンバトルしていく
3:1・2を突破した者がチャンピオンと戦える

である。
チャンピオンは最後に戦うトレーナーということもあり、今まで戦ってきたどのトレーナーよりも使用するポケモンのレベルが高く設定されており、別次元の強さを見せつけられる。
そして、最大の難関であるチャンピオンを倒すとその名誉が称えられ、晴れて「殿堂入り」することとなる。
ゲーム内のストーリーはこれで一区切りする。

アローラ地方では、条件の1が「島の各地にある試練の場に赴き、試練をこなす(+そこにいるぬしポケモンと戦い勝利する)」に置き換わっている。
ガラル地方では、条件の2が「他のジム突破者を全員倒した後、チャンピオンへの挑戦権を持つ者たち(本気モードのジムリーダー)が参戦する「ファイナルトーナメント」に参加して優勝する」である。

ちなみに第5世代のブラック・ホワイトでは、チャンピオンへの挑戦の手続きはデフォルトと全く同じであるものの、ストーリー上でリーグへの挑戦が中断され、チャンピオンも戦線離脱するため、クリア条件には関係なくなる。
ブラック・ホワイトで殿堂入りができるのはストーリーをクリアした後のことである。

職業としてのチャンピオン

上記の通り、ポケモントレーナーを目指す者にとっては憧れの的。

現チャンピオンは負けても勝利したトレーナーの要求がない限りは王座を継続することになる。
殿堂入り後でも「元チャンピオン」と呼ばれない事と、チャンピオンとして再戦できるのはその為。
(ただし物語の展開上主人公が「チャンピオンに勝ったトレーナー」と言う意味で「新チャンピオン」と呼ばれることはある)
カントー地方のグリーンとカロス地方のカルネは劇中にて主人公に敗れてチャンピオンの座を明け渡しているが、すぐに主人公が王座を返上している。

任期などは特に設けられていないが、引退する場合は、殿堂入りしたトレーナーの中から一人、後任を引き継いでもらうことが必要。
人格・実力などを見定め、本人の了承を得てからになる。
その地方の顔とも言うべき存在となる為、慎重な引き継ぎとなる。
四天王に比べて行動の自由は比較的緩いものの、以前のように自由に冒険できると言う訳ではなくなるので、歴代の主人公がチャンピオンを辞退しているのはここにあるのかもしれない。
(メタ的にはゲームとして成り立たなくなってしまうからだが)

アローラ地方には元々のチャンピオンが存在しておらず、サンムーンでは初めて主人公がチャンピオンとしての役割を担うことになる
ガラル地方では従来とは異なり指定の大会の優勝者=チャンピオンとして扱われる。その為殿堂入り後は代替わりし、ダンデも「元チャンピオン」と記載されるようになる。
殿堂入り後は指定外の大会しか行えない為、元チャンピオンとも再戦可能であり、また敗北しても主人公の座は守られる仕様になっている。

「DPt」のシロナ以降は、ジムリーダー同様に本業持ちのチャンピオンも増えてきている。

ポケモンワールドトーナメント

BW2にある「ポケモンワールドトーナメント」では、そんなチャンピオン同士が腕を競う「チャンピオンズ」というランクが存在する。
「ワールドリーダーズ」を10回優勝するとチャレンジ出来るようになる。
第五世代までのチャンピオン6人(アイリスを除く)にレッドを加えた7人で競う。
それぞれのゲーム時よりも数段厳しく、とてつもない激戦となる事が予想されるが、優勝できれば文字通り「せかいさいきょう」となる。

アニポケ

ポケモンリーグやポケモン四天王のハードル自体がとんでもないくらいまで跳ね上がってしまっている事から、ポケモンリーグチャンピオンのハードルも必然的に跳ね上がっている。
四天王の実力が、各地方のポケモンリーグを制覇したリーグチャンピオンはおろか、そのリーグチャンピオンだけが出場を許される「チャンピオンリーグ」の優勝者以上という設定になっており、その結果、その四天王をも制し頂点に君臨するチャンピオン達に与えられる称号の正式名称は、「チャンピオンリーグマスター」となっている事が『アニポケDP』で明らかになっている。
ただし、チャンピオンリーグマスターという名称の設定は、現在の所薄れつつあり、アニポケに登場するチャンピオン達の称号も、単に「チャンピオン」とされている。

新無印において各地方に存在するチャンピオン達の中から世界最強の王者を決めるため、「ポケモンワールドチャンピオンシップス」が開催された。
ポケモンバトルコミッションが認定する世界ランキングの上位8人「マスターズエイト」によるトーナメント戦であり、この戦いにより数いるチャンピオンの中でも最強のトレーナーがガラル地方のダンデと判明した。
「マスターズエイト」は現在ガラル地方のダンデ、カントー地方のワタルのみ判明している。設定上はチャンピオンや四天王に限定されていないようだが、並び立つメンツを考えるとマスターズエイトという時点で並の四天王やチャンピオンを凌ぐ実力を持つトレーナーと言える。

関連タグ

全体ポケモン ポケモンリーグ
各チャンピオングリーン ワタル ダイゴ ミクリ シロナ アデク アイリス カルネ シン ダンデ
四天王四天王(カントー) 四天王(ジョウト) 四天王(ホウエン) 四天王(シンオウ) 四天王(イッシュ) 四天王(カロス) 四天王(アローラ)

関連記事

親記事

ポケモンリーグ ぽけもんりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンリーグチャンピオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1781507

コメント