ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「あたし つよい トレーナーである あなたのこと もっと しりたいの」

概要

ポケットモンスターX・Y』に登場するキャラクター。
名前の由来は恐らく「カーネーション」。

カロス地方が誇る大女優であり、ポケモントレーナーとしての顔も持っている。
実力のあるトレーナーには興味を示すこともあるようで、旅の途中で主人公達と出会うことになる。プラターヌ博士とは友人らしいが、フラダリとの思想には相容れなかった。

その素顔はカロス地方のポケモンリーグチャンピオン。歴代3人目の女性チャンピオンでもある。
普段の一人称は「あたし」だが、ポケモンリーグでチャンピオンとして相対した時のみ「あたくし」になっている。(主人公が見知った顔だと分かるとすぐに戻っていた)

ペンダントは「メガチャーム」というキーストーンをアクセサリーにしたもので、主人公やフラダリのメガリングコルニのメガグローブに相当するアイテムである。
従来通り、彼女を倒した後にエンディングムービーが流れるが、とある人物を倒した後にようやくスタッフロールが流れてゲームクリアになる。

殿堂入り後、ミアレシティのカフェ・ソレイユでサーナイトナイト持ちのラルトスとポケモン交換をしてくれる。ちなみに交換の際はポケモンの種類は問わない。

バトルシャトーでの爵位をグランデューク/グランダッチェスまで上げると、まれに出現しポケモン勝負ができる。バトルシャトーに出現するトレーナーの中で唯一グランダッチェスの爵位を持つ。

ゲーム本編ではワタル・ダイゴ・シロナ・アデクといった他地方のチャンピオンが悪の組織打倒に協力的だったのに対し、殿堂入り前に彼女と会話する機会が2回しかない分、出番が控えめである。
なお、彼女と四天王とジムリーダーがほとんど本編のストーリーに絡んでこなかったのは、クリア後のハンサムイベントである程度推測できるかもしれない。

彼女がチャンピオンと判明する前まではパンジーが今作のチャンピオンなのではないかと予想されていたが、ゲーム版では彼女とはバトルすらできず、完全なミスリードであった。

容姿

カルネ


大女優という肩書きに負けない華やかなデザインの白い衣装に身を包んでいる。スワンナを思わせる羽根飾りが特徴で、ショートパンツを履いている。
やや釣り目と太眉な顔立ち、髪型(特に前髪辺り)、そして女優という設定から、モデルは恐らくオードリー・ヘップバーンだと思われる。

手持ちポケモン


グリーンシロナアデクに続いて固定タイプが無いオールラウンダー。
今作はがくしゅうそうちの効能が優秀なためか、全体的にヌルゲーだとするプレイヤーの声があり、チャンピオン戦もそうした評価を下されることがある。しかし、今までの多くのチャンピオンの例に漏れず、ゲーム中トレーナーとしては最高レベルのポケモンを繰り出してくる。さらに、エースアタッカーのサーナイトがメガシンカも使ってくるため油断は禁物。
特にフェアリー対策でどくタイプを使った場合、タイプ一致の「サイコキネシス」で一発で沈められてしまう。
はがねタイプ(ただしエアームドは半減タイプの減少に伴い「10まんボルト」ですぐ倒されてしまうこともある)か、ルカリオなどといったメガシンカ要員がおすすめ。
また上記の通り、タイプにバラつきはあるがいずれのポケモンもこおり、はがね、フェアリータイプの技のどれかで弱点をつくことができる。

※手持ちについては、
・普通に手に入るが、進化にひと手間掛かるポケモンが多い
・複合のタイプは異なるがひこうかくとうドラゴンゴーストタイプがいる
メガシンカポケモンを所有する
600族のドラゴンタイプポケモンを使っている
など、手持ちポケモンの構成はシロナに非常によく似ている
彼女とは服装や髪の色などが対照的になっており、(黒に対する白、金髪ロングヘアーに対する黒髪アップヘアー)
一人称がどちらも「あたし」であったり、ポケモン勝負に対する信念もお互いに通じ合う面があるなど、人物像も似ている。そして自分に関係したポケモンをくれるという点も共通する。

バトルシャトー

  • ルチャブル (Lv.60♀)
  • ヌメルゴン (Lv.60♀)
  • パンプジン (Lv.60♀)
  • メガサーナイト (Lv.60♀)

チャンピオン戦で使った6匹のうちの上記4匹を使ってくるが、「黒い挑戦状」を使った場合にはLv.が80まで上がっているため、注意。

アニメ版

アニポケ

【アニポケ】過ちは繰り返させない!


CV:折笠富美子
XY編第27話にて初登場。
女優として忙しい毎日を送っており、スケジュールも分単位で決まっている。ミナミという敏腕マネージャーがいる。
モデルとなった人物を意識した場面が多く、作中では『ティファニーで朝食を』のパロディと思われる場面や、『マイ・フェア・レディ』のパロディと思われる『マイ・スイーツ・レディ』という映画が存在する。

サトシ達とはお忍びでガトーショコラを食べに街に来たことで知り合い、サトシと手合せの勝負を行った(勝敗自体はムコニャの邪魔が入って中断)。
トレーナーとしてはカロス最強とあって戦況を見極める観察力も優れ、アイコンタクトのみで技を回避し、手持ちのサーナイトにはダメージすら与えさせない。ここぞと言う場合「チェックメイト」の台詞でフィニッシュを決める。
スイーツマニアという面もあり、女優業や撮影で行った都市の名物スイーツを食べ歩くのが趣味らしい。なお、この点はアニメ版のシロナと共通点がある(シロナはアイス、カルネはスイーツと両者とも甘いもの好きであるうえ、スイーツが有名な店でサトシ達と知り合う点)。

サーナイトとの絆により心が繋がっており、彼女一人の自力で捕獲して即逃亡したロケット団を発見し、撃退している。
サーナイトのシャドーボールではロケット団の頭脳と言われたゼーゲル博士の「エネルギー捕獲装置」にはびくともしなかったが、メガサーナイトにメガシンカする事で威力の上がったシャドーボールの一撃でそのエネルギー捕獲装置を破壊した。
※なおゼーゲル博士のエネルギー捕獲兵器の強度はサトシのピカチュウのアイアンテール数十発分に耐えられる強度である。

幼少期にサマーキャンプに参加しているらしく、殿堂入りも果たしている。
この時からチャンピオンになる素質はあったとも言える。

「XY&Z」で再登場。カロス各地の異変を調査する中で予言者でもあるゴジカの下を訪れ、大本の正体がジガルデで、サトシ達も関係している事を知り、ゲッコウガとの修行中の彼らと再会を果たしている。

カロスリーグ終了後、フレア団に操られたZ2(ジガルデ)がミアレシティを襲った際は住民達の避難誘導を務め、それが終わった後は集結したカロスのジムリーダー逹を率いて暴走する伝説の巨石を迎え撃ち、更にはホウエンリーグチャンピオンのダイゴとも夢の共闘を果たした。

新無印編第26話にて、ムサシが読んでいた雑誌の表紙にモデルとして載っていた。

手持ちポケモン

  • サーナイト(メガサーナイト)
幼少期からのパートナー。
使用技は「シャドーボール」、「ムーンフォース」、「リフレクター」、「サイコキネシス」。

ポケモンジェネレーションズ

CV:大原さやか
第16話「永遠の美」に登場。
カフェで対面したフラダリから「いつまでも若い役を演じたくはないか」と持ち掛けられる。

他媒体

ポケットモンスターSPECIAL

原作と同様に女優・チャンピオンとして登場。幼い頃から子役として活動しており、過去にカロス地方へ留学に来ていたグリーンと出会っている。
また、パキラとの因縁が強く描かれており、彼女からは嫉妬も含めた感情を抱かれている。

ポケモンマスターズ

CV:久川綾
バディはサーナイト。バディーズ技使用の際にメガシンカする。
当初からタイトル画面のメインビジュアルにて姿が描かれていたが、チャンピオンの中では長らくプレイヤーキャラとしては未実装だった。
サービス開始1.5周年の機に実装予定が発表され、エピソードイベント「パシオに輝く竜の新星」で先駆けて登場。2021年3月31日よりフェス限定バディーズとして実装された。
レアリティがEXになると色違いのサーナイトをイメージした黒の衣装が追加される。

イベントストーリーでは、悩めるアイリスに同じ女性チャンピオンとして親身に助言をする場面が描かれた。同業のハチクや彼が演じるハチクマンのことも知っていた模様。
また、原作『XY』においてチャンピオンである彼女がメインのストーリーにあまり絡まず主人公との接触も少なかったことについて「チャンピオンとして女優として他者より自分を高めることを優先してきたから」という理由づけが描写されている。しかし、その発言の後に「でも やっぱり やればよかったな」とも零している。

関連イラスト

あたしつよいトレーナーであるあなたのこともっとしりたいの
カルネ
カルネさん
カルネ
カルネさん
【ポケモン】カルネさん



関連タグ

ポケモンXY 女優 カルネ(曖昧さ回避)
ポケモンリーグチャンピオン メガシンカ メガサーナイト
四天王(カロス) シロルネ

歴代のチャンピオン
グリーン(ポケモン) ワタル(トレーナー) ツワブキ・ダイゴ ミクリ
シロナ アデク アイリス ダンデ

関連記事

親記事

ポケモンリーグチャンピオン ぽけもんりーぐちゃんぴおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カルネ(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1105366

コメント