ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スワンナ

すわんな

スワンナとは相手が座る事に対する否定的な命令・・・でもあるが、大抵は『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の事である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0581
イッシュ図鑑(BW)No.087
イッシュ図鑑(BW2)No.154
セントラルカロス図鑑No.128
キタカミ図鑑No.182
ローマ字表記Swanna
ぶんるいしらとりポケモン
タイプみず / ひこう
たかさ1.3m
おもさ24.2kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいするどいめ/はとむね/うるおいボディ(隠れ特性)
タマゴグループすいちゅう1/ひこう

各言語版での名称

英語Swanna
ドイツ語Swaroness
フランス語Lakmécygne
韓国語스완나
中国語舞天鹅

進化

コアルヒー, スワンナ

コアルヒー(Lv.35)→スワンナ


概要

主に「座るな」或いは「座りなさい」という意味であり、文字にすると判別は困難だが、イントネーションで判断するべきである。また白鳥ポケモンを指す事も多い。

発売前に存在が明かされていたポケモンで新技のぼうふうと共に発表された。


名前の由来はスワン+ナ(イタリア語の女性名詞につく語尾)と思われる。上手い説明ができなくてすまんな。要するにニドリーナのナ、プリマドンナのナである。

雌しか存在しなさそうな名前だが、普通に雄は存在しており、出現確率も雌雄同じ。

白鳥がチュチュを着たようなデザインをしている。

こおり/ひこうではなく、みず/ひこうでちょっとガッカリした人も多いかも知れない。


ポケモンBWにおける人気ジムリーダーフウロの切り札である。

アヒルが童話の通り進化して白鳥になった。

優しいイメージの白鳥であるが「ブレイブバード」を使える。一見似合わないように感じるが、白鳥はとても重く羽ばたきで人の腕を折る力を持ち、研究者が白鳥に襲われて殺された(実際にポケモンSVキタカミの里にいる野生個体は、こちらが近づくと追いかけてくる。)という事例も存在するため問題ない。

一見優雅に見える白鳥も、水面下では努力しているのである。


BWでは進化レベルは遅いがホドモエの跳ね橋で捕獲時点ですでに「つばめがえし」や「バブルこうせん」といったタイプ一致の強力な技を使えるため即戦力になりやすく、そこまで進化に苦労しない。さすがにすぐにヤーコンはきついが(弱点の岩技も使ってくる上耐久が低いため)。

進化後も秘伝マシンで強力なタイプ一致「なみのり」で補強できたり「ブレイブバード」も50手前で覚えられるため、旅パで使う分には非常に有能である。ケンホロウ超涙目。


2017年に展開したグッズシリーズ「Look Upon the Stars」ではやはりというか白鳥座を担当。ちなみに『七夜の願い星』のスタッフロールの星図で白鳥座役だったのは鳥ですらないカイオーガだったのは有名な話。当時は白鳥ポケモンなどいなかったので仕方がなかったのである。


なお、名称は日本/英語圏/ポーランド語で共通となっている。

ドイツ語名の「Swaroness」はswan(白鳥)+baroness(男爵夫人)、フランス語名の「Lakmécygne」はラクメ(Lakmé、レオ・ドリーブが手掛けたオペラのこと)+Cygnus(白鳥座)に由来しており、随分とオシャレなネーミングになっている。中国では「舞天鹅」となっており、そのまんま「舞う白鳥」の意味。


生態

水辺に生息。夜明けと共に踊り始める習性があり、真ん中で踊るのはリーダーの特権と言われている。また、スワンナの踊りを見てインスピレーションを受けた芸術家も多いとの事。

優雅な見た目に反して、強靭な身体を持ち、首をしならせての連続クチバシ攻撃や、数千キロ羽ばたき続ける力強い翼を持つ。翼開長も相当なものであり、第5世代でのドットグラフィックを見ればその迫力は一目瞭然。なるほど「ぼうふう」を使えるのも納得である。


こうした力強さはコアルヒー時代に培われたものであり、先達の動きを見て翼の動きを学んだり、潜水を行うことで体を鍛えた結果であるようだ…それでも攻撃・特攻は87ともう一声欲しい数値なのが惜しい所。


ただし、踊る、数千キロ飛ぶなどの特性はどちらかといえばの生態である。白鳥がダンスをするという話は白鳥の湖の影響によるものである。(もっといえば、白鳥の湖に登場する白鳥は鶴のイメージを付加されて出来上がったものとされている。)


体が頑丈に出来ているのは本当らしく、ポケモンマスターズではフウロと主人公の二人を乗せて高速フライトして見せている。と言ってもフウロの仕事を手伝って体を鍛えられた影響もあるようだが。


『NEWポケモンスナップ』では本物の白鳥よろしく、渡りの習性がある事が判明している。こちらではコアルヒーの群れを率いて川を登る姿が描かれた。


実は水辺で確認されたのはここ最近のことであり、『ブラック・ホワイト』では「ワンダーブリッジ」の影に触れると出現し、『USUM』では「ウルトラスペースゼロ」(赤)で出現した。

先述の『NEWポケモンスナップ』でようやく水辺で生活する姿が確認され、『スカーレット・バイオレット』では「鬼角峡谷」や「キタカミ原生」地域で出会うことができる。また、レッツゴーをした際に、陸上では他の鳥ポケモン同様に飛びながら主人公の後をついてくるが、水上では現実の白鳥らしく足で水を掻いて必死についてくる。

その生態からシンクロマシンで飛行・歩行・遊泳が全てできる希少なポケモンの一体である(他に可能なのはウッウルギアのみ)。


『スカーレット・バイオレット』の舞台の一つ「キタカミの里」は東北地方がモデルとされるが、東北地方は猪苗代湖をはじめとした白鳥の飛来地が多い地域でもある。

ちなみにポケふたでは東北地方…ではなく、水鳥繋がりでか鳥取県米子市の担当である。


ゲームでの性能

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ合計
758763876398473

コアルヒーがレベル35で進化する。

ギャラドスマンタインペリッパーに次ぐみず・ひこうタイプ。

ステータスは攻撃面と素早さが伸びる。ぶっちゃけペリッパーよりも余程キャモメの進化形っぽいステータスである。

ひこうは「ブレイブバード」「ぼうふう」と物理特殊共に溜めなしの最高打点技を覚えられるが、みず技の方は当初この複合では唯一「ハイドロポンプ」を覚えられなかった。物理に至っては「たきのぼり」を覚えられず「ダイビング」しかない。

実はタマゴ技で「しおみず」を習得する択もあるのだが、通常時の威力は65しかないのが痛い…。

補助の方も「アクアリング」や「はねやすめ」に「フェザーダンス」といった優秀な技を覚えられる。BW2では「ゴッドバード」、「こごえるかぜ」を教え技として授かった。


他のみずタイプの例に漏れずこおり技の「れいとうビーム」も覚えられない事もないが(「ふぶき」は習得不可能)、身も蓋もない事を言えば習得技はみず/ひこう/こおり/ノーマルに偏っており、ノーマル技は癖のある技が多い。それ以外のタイプの攻撃技ははがねのつばさぐらい。はがねのつばさは命中率も低く、威力も70ぐらいしかないので採用するかは微妙なところ。


恵まれたデザインに反し、種族値の貧弱さという致命的な弱点を背負わされたポケモンでもある。

攻撃面と素早さが伸びるとは言ったものの攻撃と特攻の数値はわずか87、素早さも鳥ポケモンにしては遅い98とギリギリ100族を抜けない残念な数値になっている。耐久面も見た目に漏れずHP75防御・特防共に63しかなく、何と100を超えた能力が一つもない。

これだけ技が恵まれていながら、種族値の配分が極端なポケモンが多いと言われているイッシュポケでありながら「初代か!」と突っ込みたくなるような数字である。シナリオクリア後にこいつの種族値を見て唖然としたプレイヤーは多いのではないだろうか。

モチーフの白鳥は大人の腕を折るくらいのパワーを備えた鳥であるので、アタック面をもう少し上方修正をしても良かったような…。


また耐性こそほのお・かくとう半減、弱点もでんきこそ4倍弱点なものの2倍弱点はいわのみと優秀だが、上述した通り耐久面は非常に脆く弱点でなくとも等倍のタイプ一致技を食らえばあっさり沈みかねない。自慢の補助技も微妙な素早さのせいで積む前にやられる。第6世代で登場したフリーズドライなど食らった日には…。

タマゴわざのどろあそびを使ったところででんきわざを半減しようが、相手に1ターンの隙を与えてしまうので大した意味はない。

シナリオでは活躍できる一方で実戦でのこの落差は半端ない……


特性もそもそも命中率を下げられる機会が少ないため生かせる機会のない「するどいめ」に元々耐久がないため防御が下がらないところで何の恩恵もない「はとむね」と両方死んでいる。

たまたま雨だった時に状態異常が回復すればいいかな程度で採用される隠れ特性の「うるおいボディ」が最も有用だったという皮肉な有様である。

しかし第六世代からは「するどいめ」に相手の「かげぶんしん」や「ちいさくなる」などの回避率上昇を無視できるという効果が追加されたため、現在はこちらの採用率が最も高い。一方「うるおいボディ」は天候弱体化が向かい風のため価値は下落した。


そして第七世代、ただでさえ他との差別化に苦しんできたスワンナにペリッパーの「あめふらし」獲得という無情なる現実が突き付けられた。他にもギャラドスのとびはねるZやマンタインのはねやすめ習得など逆風は数多い。

ただし、USUMでは「アクアジェット」と「アクアブレイク」を習得し、物理技のちぐはぐが解消された(ペリッパーも「アクアブレイク」を習得したが)。強豪相手ばかりで大変だが、今後は豊富な飛行技と先制技で差別化される事だろう。


第八世代ではダイジェットの登場でひこうタイプが脚光を浴びるが、肝心のスワンナは登場せず、登場したところで強力なひこうタイプがひしめくこの環境で生き残るのは難しかったと思われる。


第九世代では碧の仮面から追加参戦。遂に同じ水鳥枠であるウッウとも共演を果たす。

念願の「ハイドロポンプ」をはじめ、「くさわけ」「アクロバット」「はたきおとす」「クイックターン」「ウェザーボール」、「チャームボイス」、「ひやみず」などの面白いわざを多々習得できるようになった他、藍の円盤では他の同タイプのポケモン達が覚えることが出来ない「みわくのボイス」を習得し、差別化が出来るようになった。

攻撃力の微妙さもテラスタルの導入によって補正が効くようになったのは幸いか。

しかしながらライバルたちもしっかり生き残っている。彼ら以上の活躍が見せられるかはトレーナーの腕と愛情に掛かっていると言える。


なお、はくちょう座からの連想からか「スピードスター」を覚えるが、未だ絶対零度の領域には至れていない(シンボルエンカウントするテラスタル個体はこおりタイプなのだが…)。


使用トレーナー

ゲーム版

ちょ、そこスワンナwwフウロ✈


アニメ版


漫画版


アニメ版

  • BW21話
    • ジュンサーがスカイアローブリッジの霧を払うために繰り出すも失敗している。

  • フウロのスワンナ
    • BW67話で登場。フウロ曰く「優雅なる純白の翼」。デント戦ではイワパレスを倒し、マッギョの「でんきショック」に耐えて「ねっとう」で火傷を負うが、「アクアリング」で回復し「ブレイブバード」で倒した。
    • サトシ戦ではジムリーダーになった頃に過去の祖父のバトルを見て習得した「アクアリング」での防御でピカチュウの電気技を防ぎ、「バブルこうせん」「ぼうふう」「ブレイブバード」の連続攻撃で退ける。続くハトーボーを追い詰めるが、進化したケンホロウの新しく覚えた「つばめがえし」に倒れた。

  • コテツのスワンナ
    • BW107話にて、イッシュリーグ4回戦・サトシとのバトルで4匹目のポケモンとして登場。相性もあって、サトシのピカチュウに敗れた。

その他

BW51話・53話(回想)・54話(写真)・56話・59話・80話・81話・83話・86話(回想)・98話(イメージ)・99話(イメージ)・125話・127話・130話・134話(雑誌)・136話(イメージ)
XY1話・40話・55話・60話・69話・70話・77話・80話・123話・131話・139話
SM46話・96話
新無印44話(冒頭)
劇場版白き英雄キュレムVS聖剣士ケルディオ神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒破壊の繭とディアンシー

関連イラスト

スワンナおすわりスワンナ

PromiseSwanna


関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW ポケモンBW2 みずタイプ ひこうタイプ


0580.コアルヒー0581.スワンナ→0582.バニプッチ


同複合タイプ

ギャラドス

タマンタ/マンタイン

キャモメ/ペリッパー

ウッウ


その他

スワロリーナ:任天堂ゲームのスワン(白鳥)キャラ繋がり。

関連記事

親記事

コアルヒー こあるひー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2029246

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました