ピクシブ百科事典

アマルルガ

あまるるが

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの1体。
目次[非表示]

基礎データ

ぜんこくずかんNo.699
カロスずかんコーストカロス/No.067
ぶんるいツンドラポケモン
タイプいわ / こおり
たかさ2.7m
おもさ225.0kg
とくせいフリーズスキン/ゆきふらし(夢特性)


他言語版の名称

英語 Aurorus
イタリア語Aurorus
スペイン語Aurorus
フランス語Dragmara
ドイツ語 Amagarga


進化

アマルルガの親子


アマルス → アマルルガ(夜の間にLv39以上に上げる)

概要

アマルスが進化した姿。
進化前のつぶらな瞳やしなやかな体格はそのままに、高さと重さが大きく成長。鮮やかなヒレも大きくなり、オーロラを思わせるものとなった。ちなみに、ヒレにも骨がある
名前の由来は、中生代白亜紀に生きていた恐竜アマルガサウルスからか。

体のあちこちに点在する宝石のような結晶はからは強力な冷気を発することができ、マイナス150度もの冷気を操ることができる。これで相手を攻撃するだけではなく、氷の壁をつくり相手の攻撃を防ぐこともできるという。この設定からか、額や首にある結晶の部分は冷たすぎてポケパルレで触ることができない。

また、オーロラのようなヒレは普段は黄色い色だが、技を繰り出すときには赤色、ポケパルレで撫でられると緑色、瀕死になる時には青色といったように、アマルルガ自身の感情によって変化するようだ。

ちなみにデザイナーは有賀ヒトシ氏。第6世代化石ポケモン組のデザインはいずれも氏である。

対戦におけるアマルルガ

HP攻撃防御特攻特防素早さ
1237772999258


能力値としてはHPが高くやや鈍足で、どちらかといえば特殊寄りの重戦車タイプ。
ただ、いわタイプとこおりタイプを兼ね備えている故にかくとうタイプとはがねタイプの技が4倍弱点という無視できない点が目立ってしまう。
早い話が物理型メガガルーラグロウパンチで致命傷である。
メタグロスの場合はどうにもならないので逃げよう。

特性はXY当時ほぼ専用特性だったフリーズスキン
フェアリースキンのこおり版とも言える特性だが、アマルルガの習得できるノーマル技は少々使いづらい技が多いのが悩みどころ。
一時ははかいこうせんが必須と言う冗談のような事まで囁かれた事も。

同じ首長竜の一種・アパトサウルスが別名・「雷竜」である為なのか、タイプ一致技以外にもやたらでんきタイプの技を習得する事が出来る。
しかし、XYからの新技であるフリーズドライを覚える影響でエンペルトラプラス等に有効打を持ちたい際以外はあまり採用されない。
それ以外の技は乏しく、鈍足では欲しいところである先制技も覚えないのが難点。
要するにかゆい所に手が届かない困った性能の持ち主なのである。
ラプラスにフリーズドライを覚えさせるだけのポケモン」と揶揄するトレーナーまでいる。

但し、いわ・こおりタイプというタイプはダメージ天候であるあられすなあらしを両方受けない上に、すなあらしの特防補正がかかると言う利点がある。
天候ダメージを実質受けないポケモンは他にマンムーがいるが、上手く差別化は効いていると言える。
また特防は相応に備わっているので、ミラーコートを使った反射も狙いやすい。

ORASでは新たに教え技としてハイパーボイスを習得できるようになり、不安だった一致火力も補えるようになり、使いやすくなった。

隠れ特性は今までユキノオー系統専用のものだったゆきふらし
インターネット大会「燃えよ!ドラゴンタイプ!」の参加賞としてのみ入手できる。ドラゴンの大会なのにドラゴンに強いこおりタイプのポケモンが景品とはこれ如何に。
…と言うのは置いておいて、霰パの主力であるユキノオーと同じ特性である為、技や耐性で差別化を図りたい。
また純粋火力はどうしても通常特性に劣ってしまう(ふぶき<スキンハイパーボイス)為、その辺も良く考えたい所である。


主な使用トレーナー

バトルシャトー限定


関連タグ

ポケモン ポケモンXY
いわタイプ こおりタイプ
化石ポケモン
アマルス
チゴラス ガチゴラス

pixivに投稿された作品 pixivで「アマルルガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201243

コメント