ピクシブ百科事典

ヒトデマン

ひとでまん

ヒトデマンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.120
英語名Staryu
ぶんるいほしがたポケモン
タイプみず
たかさ0.8m
おもさ34.5kg
とくせいはっこう / しぜんかいふく / アナライズ(隠れ特性)


進化

ヒトデマンスターミー

スターマン



概要

名前の由来は言わずもがな棘皮動物の一種『ヒトデ』と、日本の国民的ヒーロー『ウルトラマン』。
ピィと同じほしがたポケモンである。
夜になると体の中心にあるコアが点滅する。
コアが残っている限り、どうちぎられようとも再生する……一見すごそうだが、千切れたパーツからも腕が伸びてもう一体ができあがる現実のヒトデのほうが再生能力に関して言えば凄い。
ちなみにヒトデマンは性別不明(アニメで雌雄同体と明言される)だが、現実の棘皮動物は殆ど性別がありリリーラも棘皮動物である。
ただし、スナイトマキヒトデやチビイトマキヒトデなどは雌雄同体である。

みずのいし」を使う事でスターミーに進化するが、石進化ポケモンの例に漏れず進化すると覚えられなくなる技があるので進化させるタイミングに注意。
ヒドデマンの時しか覚えられない技には「ちいさくなる」、「ミラータイプ」などがあるが、その中の一つであった「ハイドロポンプ」は第六世代からスターミーも思い出せるようになった。

なお、ヒトデマンは性別不明なので技を他から遺伝で持ってくることはできないはずなのだが、何と金・銀』にはデータ上に遺伝技が存在している。
更に同ソフトでは何故か「メロメロ」も覚える。元々性別がある設定だったのだろうか。

アニメでは鳴き声がウルトラマン風だった。加えてコアはほぼカラータイマーのようなものになっていた。
やはり元ネタは上記の通り、ウルトラマンと思われる。ただ、ウルトラマンでヒトデに関する有名なキャラと言えば大体コイツが挙がる。
また、現実にはウルトラマンの名を冠するホヤがいて、沖縄の子供たちに親しまれているらしい。
と思ったら、公式でヒトデマンのテーマソングが来てしまった。

戦う相手が怪獣的な外見のポケモンだったり、みずのいしを使うシーンが人の手をわざわざ借りていたり、昭和の特撮作品を思わせる曲調だったりとパロディ満載の歌になっている。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズではアイテムのモンスターボールから登場する(DX以降)。「スピードスター」での連続攻撃を行う。

余談

企画段階の名称は『ミミー』。ヒトデマンとデザインが同じ。
モチーフがヒトデになった理由と企画段階の名称が『ミミー』となっている理由は某特撮ヒーロー作品に登場する軍艦を操っていた某宇宙人が元ネタのようだ。
敵方が元ネタらしいのに現在の名前が正義側というのはこれいかに。
また、没ポケモンには『エレキング』なるものもいたらしい。

関連イラスト

★★★
ヒトデマンのコスモパワー!



関連タグ

ポケモン一覧 みずタイプ
ポケットモンスター ポケモン 
赤緑  ピィ ヒドイデ ポケトラマン ポケモン×特撮

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒトデマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 815943

コメント