ピクシブ百科事典

無性生殖

むせいせいしょく

生殖のパターンの一つ

生殖のパターンの一つで、親となる生物が雌雄のペアを作らず単独で子を作るもののこと。
対となるのは「有性生殖」。
分裂」「出芽」「胞子」「栄養生殖」が有名だが、受精せずに発生を起こす「単為生殖」もこれにあたる。

単細胞生物ではよく見られる。
多細胞生物では、ボルボックス ヒトデ ナメック星人などが行う。
またイソギンチャクの一種、ウメボシイソギンチャクは胃壁の一部がはがれて発生する。

爬虫類系で(アガマの一種、の一種など)こういうものを行う種類がいる。ただ、そういう生態なのでメスのみのクネミドフォルス属のハシリトカゲ数種は、繁殖期に「交尾のような行動」をとる。
コモドドラゴンも無性生殖が可能であり、それで生まれるのがオス。(ミツバチと同じ。)

テングミズミミズと呼ばれるミミズの一種(その割に視覚器官が発達している上、まである)は、環境に合わせて体の適当なところ(場合によってでかくなったり小さくなったり)から頭が生えて分裂する。


変わり種としては、ギンブナのような「発生の刺激として近縁種の精液を利用する(卵にDNAは入れない)」という、有性生殖にも見えるが無性生殖であるものがある。(子孫もほぼメスとなり、オスが生まれても生殖能力は無い。)
似たような例として、ハシリトカゲで、環境が悪化すると「近所に生息する近縁種と交尾する」種類がいる。(この場合はメスのハシリトカゲが孵化するらしい。)

特徴

メリット
雌雄の個体が揃う必要がないので、環境が安定していれば短期間に大量の子孫を残す事が出来る。
遺伝情報が変化しないため、その環境に適応した親から生まれた子は全てその環境に適応できる。
沖縄や伊豆諸島で繁殖するブラーミニメクラヘビは、このようなメリットで増えまくっているため、どこが原産地なのか判然としない。
2015年日本海大量発生し、漁業に大打撃を与えたサルパと呼ばれる動物も、この繁殖で増えていた。
身近なところでは、セイヨウタンポポはこれで日本全土に生息を広げており、アブラムシが短期間に大量に増えるのも単為生殖による。

デメリット
遺伝的多様性が低いので、大きな環境の変化が起きた場合、適応できずに全滅する可能性がある。

対策として黄色ブドウ球菌のような「アクシデント抵抗遺伝子が発生した個体からその因子をみんなでシェアする」ような方法も見られる。(かなり汎用的であり、赤痢菌の毒素を大腸菌が産生するようになるなど、環境変化と関係ない変異も起こす。)

pixivに投稿された作品 pixivで「無性生殖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9769

コメント