ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アマージョ

あまーじょ

アマージョとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一匹である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0763
アローラ図鑑No.209
ガラル図鑑No.054
パルデア図鑑No.083
ローマ字表記Amajo
分類フルーツポケモン
タイプくさ
たかさ1.2m
おもさ21.4kg
せいべつ100%♀
特性リーフガード/じょおうのいげん/スイートベール隠れ特性
タマゴグループしょくぶつ

他言語版の名称

英語Tsareena
ドイツ語Fruyal
フランス語Sucreine
韓国語달코퀸
中国語甜冷美后

進化

アマ3姉妹

アマカジアママイコ(Lv18)→アマージョ(「ふみつけ」を覚えた状態でレベルアップ)


概要

初登場は『ポケモンSM』。アマカジの最終進化形。


アママイコの中でも特に強い個体がこの姿に進化できるとされ、アママイコたちに祝福されながら進化する。

進化したことで女王のような威厳溢れる姿に変化し、ハイヒールニーハイブーツを思わせる脚部が特徴的。頭には王冠のような部位も存在する。

作中でも美しいポケモンと見られているらしく、美容クリニックの広告塔の役割を果たしているのだとか。


おてんばだったアママイコと打って変わって気品溢れる高貴な性格になり、良からぬ考えを持つポケモンや人間に強力な蹴りをお見舞いして懲らしめてしまうという。

得意技の蹴りはアママイコの時よりもさらに磨きがかかり、甘い香りで敵を撹乱させてから強力な蹴りを何発もお見舞いする。

弱点は頭の王冠のような部位らしく、そこを触ると力が抜けてしまうと言われている。何とも可愛らしい。もっとも、ゲーム中では弱点部位を集中狙いしたりすることはできないのでそんなことは起こらないのだが……。


その一方で明らかに別方面の女王様な一面もある。

何とアマージョには相手を倒した時、それを足蹴にして高笑いで勝利をアピールすると言う強烈な習性があるのである。また、トレーナーに対しても息が合わなかったりすると強い眼差しを向けて睨みつけてくるらしい。ありがとうございます

極めつけは(ゲーム内での)進化条件。何とふみつけ」を覚えた状態でレベルアップすることである。

……ゲーフリはいったいなにを考えているのだ?ポケモンSMってそういう…

他にも、第8世代では使えなくなった技では、「ゆうわく」を覚える上に、「おしおき」「おうふくビンタ」「いばる」と、如何にもそれらしい技を自力で覚える。ありがとうございます

つぼをつく」にすら何か含みがあるような気がしてしまう。


『剣盾』では残忍な心を持ち相手を容赦無く踏みにじるだとか、固く尖ったつま先で相手の体と心に消えない傷をつけると言ったドSさに磨きが掛かった図鑑解説となった。

一応、ここまでしないと子供のアマカジが皆食べられてしまうからという理由もあるのだが…。

なお、穏やかなポケモンがここまで狂暴化するという点を含めると「陸のギャラドスと言えるかもしれない。


第9世代ではレッツゴーやピクニックにおける眠りモーションが追加され、お姉さん座り(横座り)ですやすやと眠る姿が見られるようになった。♀個体しかいないこともあり、やはり女性的なポケモンとして描かれているようである。

ちなみに移動スピードが主人公とほぼ同等。

また、水御三家のウェーニバルを敵視しているとの事だが、蹴り技やダンスの美しさを競っているのであろうか?タイプ相性ではアマージョが有利だが、あちら側はアマージョよりも早い上に弱点をつけるブレイブバードを持っているので総合的にはウェーニバルが有利か。


対戦において

さて、そんなアマージョだが、アマカジ・アママイコの低性能っぷりから一転くさタイプとしては屈指の性能を誇る。

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
7212098509872510

まず種族値合計が510と高め。

  • その中でも攻撃の種族値は120もある。この見た目でムクホークとタメを張る数値である。
  • 加えて耐久はHP72・防御特防98と思いの外硬い。
  • 素早さは72と中速だが、第7世代のポケモンは鈍足が多いので相対的に速く感じる。スカーフを持たせれば準速フェローチェをギリギリ抜く等の悪さが出来るのも面白い。
  • 一方で特攻は50。くさタイプの中でここまで種族値配分を割り切っているポケモンはそうそういない。

専用技としてくさタイプの物理技トロピカルキック」を覚える。

威力こそ70しかないが、確実に相手の攻撃力を下げるという凶悪な効果があり、単純に自身の耐久を活かしたり後続の起点を作ったりなど面白い使い方ができる。

それ以外のくさタイプの物理技で有用なものは「タネばくだん」、そしてパワーウィップ。もはや狙っているとしか思えない。

なお「パワーウィップ」を覚えるのに他の鞭技は使えない、珍しい習得状況となっている。「ほのおのムチ」は炎タイプ&防御ダウンが相性良好なので欲しいところだが・・・。


くさタイプでは珍しく技範囲が広く、以下の通りサブウェポンが豊富な点も強み。


一方でくさタイプにはお馴染みの粉技や「やどりぎのタネ」といった搦め手は覚えず、この点も他のくさタイプとは一線を画していると言える。

覚える変化技で有用なものは、フラフラダンスリフレクターひかりのかべちょうはつこうごうせいなど。

イメージ的にぴったりな「いばる」はあまり使いどころがなかったが、SV新登場の「ものまねハーブ」と併用することで自身の攻撃が2段階上がるという新たな使用法が追加された。それまでは「グラスフィールド」「つぼをつく」しか火力を上げる手段がなく積み技不足だったが、これで(道具縛りかつ一度きりとはいえ)解消された。ただし命中85なので、安定させたいなら自身のあまいかおりや味方のきりばらい等が必要。


特性も強力である。

テラレイドバトルでも「あくび」などのねむり対策に起用されることがある。


通常特性にもう一つ、リーフガードがあるが、そもそも発動条件である「にほんばれ」は、天敵であるほのおタイプの技が強化される天気のため、あまり良い特性とは言えない(尤もこれはアマージョだけではなくリーフガード持ち全員に言える事だが…)。

SVで「ソーラーブレード」を没収され、炎技も相変わらず無いのでなおさら晴れパの適性が落ちた。


体色もそうだが、低スペックから最終進化で一気に能力が跳ね上がる点はサーナイトを彷彿とさせる。地味に美脚である点も同じ。

そして、この性能のせいで存在が霞んでしまった同期も……。


第7世代

WCS2017(アローラダブル)ルールでは「じょおうのいげん」サポーターとして一定数使われ、WCS2019(GSダブル)サンシリーズルール(メガシンカ、Zワザ、ゲンシカイキなし)ではカイオーガをワンパンできる枠として利用された。


第8世代

上位禁止縛りルールで行われたシリーズ6ダブルバトルではファイアローの「はやてのつばさ」対策、みず、はがねへの強力な打点持ちとして利用された。


禁止級伝説1匹ダイマックスなし環境では、カイオーガを「グラススライダー」から守れることなどを評価され、ダブルバトルで使用率1桁台に居続けた。


第9世代

第9世代においては確定でS1段階上昇の「くさわけ」を習得。「くさわけ」は多くのポケモンが覚えるのでアマージョだけの強化点というわけでもないが、弱点の一つである微妙な素早さを補う手段が一つ増えた。上述の通り不一致弱点程度なら受けられる耐久はあるため、初撃を耐えつつ「くさわけ」による素早さ逆転を狙い、そこから反撃に転じられる。


ただ1回積んだだけでは最速でも130族を抜ける程度で、ドラパルトや環境に多いスカーフ持ち中速には負けてしまうため過信は禁物である。


ヘイラッシャ対策として考えると上々なポケモンである。「スイートベール」で「あくび」をシャットアウトできる上に、「リフレクター」と「トロピカルキック」で通常火力を弱く使わせることができるためである。それに加えて「みがわり」を持たせれば「じわれ」も怖くない。


しかしシリーズ4で、役割が被る上により速攻性能・汎用性の高いヒスイドレディアが登場し、苦境に立たされることとなった。


シナリオ攻略

対戦でも強力なアマージョだが、ストーリーでも非常に優秀なポケモンとなっている。覚える技の範囲、特性「じょおうのいげん」、無駄のない種族値配分等どれをとっても優秀であり、旅パに入れたトレーナーも多いだろう。


また、遺伝技でがむしゃらを習得できるため、捕獲の際の体力削り要員としても役立つ。

単純に体力を削るだけならば他にも候補は多くいるが、アマージョは特性じょおうのいげんにより、がむしゃらで相手のHPを即座に1にするという行動を先制技に妨害されないという個性がある。伝説のポケモンには先制技を持っているものもいるため、がむしゃらにHP削りを任せる場合は確実性が高いと言える。ゴーストタイプに対してもがむしゃらを通せるようにでき、一致消失による火力減少も兼ねられるみずびたし要員と組み合わせるとなおよい。

ただし、先制技を持っていない相手にはきもったま+がむしゃらを両立しているポケモンの方が手っ取り早い。出演作品にもよるが、それらと使い分けていくといいだろう。


レイドバトル攻略

第8世代から始まったレイドバトルでもしばしば採用される。特性スイートベールで味方を催眠技から守りつつ、トロピカルキックで削りながら味方を守る事が出来る。物理型ポケモンとの重宝するだろう。


使用トレーナー

ゲーム版

※1:「ポケモンマスターズ」のソニア(スペシャル)のバディにして色違い。


アニメ版


漫画版


番外作品

『ポケモンユナイト』

バランス型

特性
アマカジ-アママイコどんかん:妨害を受けた時に、その効果の持続時間を短くする。
アマージョ女王の威厳:進化前の特性に加えて、強化攻撃、技1、技2を使用する度にHPゲージの上にゲージが溜まり、3つゲージが溜まると強化された技1、技2が使用可能。

技1葉っぱカッターLv5ふみつけorトリプルアクセル
技2高速スピンLv6トロピカルキックorグラススライダー

  • 2021年12月9日にプレイアブルキャラとして参戦。
  • ユナイト技はLv9で取得
  • ユナイトにおけるアマージョは実装初日からランクマで大暴れし度重なるナーフを受けても暴れている。基本的に価値の低いレーンに行きダンベルを積みに行く。アマカジ、アママイコの時はそこまで強くはないがラストヒットに強い葉っぱカッターや逃げに使える高速スピンでダンベルを積んで帰れる強みがある。Lv6からはメレーとして高水準な火力と機動力そして耐久力がありセカンドゴール回復強化前までは敵をゴール上で捻り潰すという荒技もあった。
  • 更に特性で強化された技1は回復、技2はシールド付与の効果があり益々止めるのが難しくなっている。
  • ユナイト技は一体を蹴り上げて叩き落とすのだが、技使用中はアマージョは無敵になるのでリソースの吐き方には注意が必要。
  • 対策としてはダンベル積みを早くから止めに行くのが効果的であり8:50のガンクでも敵のアマージョがいるレーンに行くのが良いが、ここで倒されてしまうと敵アマージョに8分間暴れられるので無理は禁物。使用する際は特性ゲージのスタック管理や強化攻撃のスタックに気をつけること。

ポケモンマスターズ

2021年1月にマオのバディとして実装。

更に2022年4月7日にはソニア(スペシャル)のバディとして色違いの個体が実装された。

ポケットモンスターSM(USUM) マオとアマージョソニア&アマージョ


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ


マオのアマージョ

マオ&アマージョ

  • CV藤村知可
    • サン&ムーン』第81話にて、ロケット団に捕まったスクール組を救うため、「ふみつけ」を覚えてアママイコから進化した(アママイコのみ捕まっておらず、後から捕獲網を掛けられたものの足だけ網から出ていた)。2段階進化のポケモンでは、スクール組の手持ちの中では初の最終進化を果たしている(また速さも最速)。
    • 詳細はこちら

関連イラスト

Pokemon——Amaajoポケモン過去ログ 1月3週

アマージョアマージョとロコン

くさ単タイプ、女性的且つメスのみ存在するという共通点からか、pixiv内ではドレディアと一緒に描かれているイラストもちらほら見られる。

|l|liアマージョとドレディア


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンSM ポケモンUSUM

くさタイプ アマカジ アママイコ


0762.アママイコ0763.アマージョ→0764.キュワワー


関連ポケモン等


※特にギャラドスとは狂暴な性質と物理型という共通点がある。





  • その他
    • ドレディア:「高貴な女性」の姿をした単くさタイプのポケモン。但しこちらは風貌的に「お姫様」「お嬢様」といった感じ。

その他

関連記事

親記事

アママイコ あままいこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7238227

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました