ピクシブ百科事典

シーソーコンビ

しーそーこんび

シーソーコンビとは、『ポケットモンスターソード/シールド』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場するキャラクター。
エンディング後にまどろみの森へ行くと、突如現れる二人組の兄弟。青いスーツと剣みたいに上に伸びた髪のソッドが兄で、赤いスーツに盾みたいにやたら広い長髪のシルディ
ガラル地方に伝わる伝説のポケモンについて、何か知っているらしいが・・・。

プライドが高く、無礼な奴が嫌い。
本人たち曰くセレブらしく、他の人間を目下に見て偉そうに振る舞うことが多い。
劇中ではソッドがネズに「変な髪型」と貶していたが、どう見てもお前が言うなである。特にシルディに至ってはどこかで見た様な髪型してるくせに………

ポケモン剣盾 シーソー兄弟



名前の由来はそのままソードシールドと思われる。
ソニアには「シーソーコンビ」と言われている。

正体

その正体はかつてガラル地方を救ったとされる王族の末裔

しかし、ソニアザシアンザマゼンタがガラル地方を救った」と記述した本を発売してしまった事に激怒し、「真にガラル地方を救ったのはポケモンではなく、王族だった」という事を示す為、おびき寄せたザシアンもしくはザマゼンタに大量のガラル粒子のエネルギーを注入して暴走させ、伝説のポケモン達の印象を歪める事でその王族の存在を明確化しようと目論んだ。

かつてのガラル地方は英雄とポケモンが力を合わせてブラックナイトと呼ばれる脅威を退けたのだが、やがて時と共に内容が変わった形で歴史が伝承されて行き、ポケモンの存在は闇に葬られ、更に英雄の存在も1人であるとされて行った(エンジンシティのホテル・スボミーインに置かれている英雄の銅像が、剣と盾を装備した1人の騎士になっているのがその最たる例である)。

ラテラルタウンには2人の英雄とポケモンを讃えた遺跡があったが、これも壁画のレプリカによって覆い隠されてしまい、とある事件が起こるまで人々の目に触れることはなかった。
シーソーコンビはこの歴史を「葬った」一族の人間であり、先祖の名誉を傷つけられたとして歴史を再修正せんと考えたのであった。彼らは改竄された歴史を教わって育った人間であり、自分達が教わったことのみが唯一の事実だと考えていたのである。

ローズが集めていたガラル粒子を多く含む「ねがいぼし」を回収するべく、配下の女性をソニアの助手として潜り込ませるなど、活動はしたたか。
他にも一般人として活動していたしたっぱが何人かいるが、その人数は同じく少数精鋭だったフレア団と比べてみても圧倒的に少ない。

しかし、その実験材料として各地のパワースポット(具体的にはジムスタジアム)で大量のポケモン達を強制的にダイマックスさせた事により、主人公達とは「ポケモンの事を蔑ろにしている」と見なされ、敵対する事となる。

これまでの敵キャラと違い「組織名」がなく、ポケモンシリーズでも珍しく少数で伝説ポケモンを捕獲、もしくはコントロールしようとした人物である。行いで言えばヒガナが最も近いか。
伝説のポケモンのコントロールは失敗し、呼び出したポケモンから襲われそうになったが、危機一髪というところを主人公やホップに救われ、ことなきを得る。

シルディ
「お 恐ろしい……
あのような 恐ろしい 存在を
意のままに 操ろう などと
ワレワレは なんと
おこがましかったのか……!」

ソッド
「弟が 無事で よかった
……感謝する」

潜入していた女性
「わたしたちの 負け ですわね
 あなたがたには ご迷惑を おかけしました」

過去作の人物らと違い、事件後は自らが明かした罪を真摯に反省し、謝罪行脚へと旅立って行った。
主人公とホップの最後の戦いが終わった際にも、ダンデやソニアらと共に駆け付け、「素晴らしい戦いだった」と2人を労った。

歴史を自分たちの都合の良いように書き換えようとするなど、やろうとしたこと自体は悪辣なものではあったが、自分たちの行いが過ちであったことが分かった後は、素直にそのことを認め、贖罪のために行動する等、根っからの悪党ではなかったようだ(このあたりは王族としての気位やプライドのようなものもあったのかもしれないが)。
そもそも「ガラルを救ったのはポケモンだった」というソニアの本も、ザシアンとザマゼンダの復権が目的だったとはいえ、存在したはずの人間の英雄2人はスルーするという中々に極端な内容であった。

余談

兄であるソッドは手持ちポケモンにニダンギルを所持しているものの、ギルガルドに進化していない
ニダンギルからギルガルドへの進化条件はやみのいしを使うという至極簡単なもので、裕福な彼らにはやみのいしを手に入れることなど簡単なはずなのに、である。

ギルガルドは人が王になる素質を見極めるポケモンという伝承がある事から、彼らには『王の素質が無い』という事を間接的ながら暗示しているようにも窺える。
一方で元チャンピオンであるダンデやカロス地方の四天王ガンピ、そしてもちろん歴代の主人公たち(皆ポケモンリーグチャンピオンになることに成功している)はギルガルドに進化させる事に成功しているが、これは王の素質があると見なされたからなのかもしれない。

主人公(+ホップ・ネズ・各ジムリーダー)が戦うダイマックスポケモン達だが、以下の表に記載されているものは、氷山の一角に過ぎない。ターフ~エンジンスタジアムでは1体だけだが、ラテラルスタジアム以降は、各ジムリーダーが「1人1匹ずつ」とお願いしている事から、各ジム4匹発生している(アラベスクスタジアムも34匹発生したが、主人公たちが来る前にビートが3匹、ポプラが1匹片付けており、スパイクスタジアムはそもそも、ダイマックスできないので発生していない)。

主人公が各スタジアムで戦う事になるダイマックスポケモン

スタジアム名戦うポケモン
ターフスタジアムアマージョ
バウスタジアムギャラドス
エンジンスタジアムコータス
ラテラルスタジアムローブシン(『剣』のみ)、ヨノワール (『盾』のみ)
キルクスタジアムギガイアス(『剣』のみ)、ユキメノコ(『盾』のみ)
ナックルスタジアムオノノクス

関連タグ

ポケモン剣盾 ガラル
ソッド シルディ

美形悪役

関連記事

親記事

悪の組織(ポケモン) ぽけもんのあくのそしき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シーソーコンビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139810

コメント