ピクシブ百科事典

ギギギアル

ぎぎぎある

ギギギアルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクターの一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.601
ぶんるいはぐるまポケモン
タイプはがね
たかさ0.6m
おもさ81.0kg
とくせいプラス / マイナス/クリアボディ(夢特性)


他言語版の名称

英語 Klinklang
イタリア語Klinklang
スペイン語Klinklang
フランス語Cliticlic
ドイツ語 Klikdiklak


進化

ギアルギギアル(レベル38) → ギギギアル(レベル49)
ギギギギギギギギ…

ギギギギギギアル



概要

ギアル・ギギアル・ギギギアルッ!

ギギアルの進化系。ギギアルの下部に新規の歯車とスパイク付きリングギアが加わっただけという斬新なデザインをしている。
いわゆる「進化すると増える」系のポケモンの一種だが、単純に頭数が増えるのとはまた違った進化の仕方が新鮮である。見る人によってはオ、ナイスデザインと言えるかもしれない。

なお、一見大きそうに見えて実はたかさ0.6mしかなく、バトルに出してみると意外と小さい。なんならギギアルのころから変わっていないので、本当に下のリングが追加されただけのようだ。
ちなみにこのリング自体は他のギアと違って生物ではなく、単なる付属物らしい。

赤いコアのついたギアはエネルギータンクの役割をしており、3つのギアを高速回転させてこのコアにエネルギーをチャージする。溜めたエネルギーは電撃としてリングのトゲから周囲に撃ち出して攻撃する。
己の体を投げ飛ばすという危なっかしい攻撃の仕方をしていたギギアル時代とはエライ違いである。
なお、思いっきり電撃と書いてあるがでんきタイプは付かなかった。

ゲームにおける特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
60100115708590


ステータスは防御、次いで攻撃が優れている。そしてはがねタイプとこの見た目からは想像できないが意外と素早さの種族値が高く、多くの伝説ポケモンもひしめく90ある。なお、HP・特攻・特防はギギアルの頃から一切変わっていない。
フェアリータイプの追加でクチートが複合タイプになった第六世代からニャイキングダイオウドウが追加された第八世代までは伝説メガシンカを除く最終進化系唯一の単はがねタイプであった。

物理攻撃値はそこそこあり、威力変動のない鋼物理技としては最高威力で、連続攻撃のためタスキがんじょうばけのかわに強い優秀な専用技ギアソーサー、「りゅうのまい」の上位互換とも言える準専用の積み技ギアチェンジを覚える点は物理アタッカーとしては悪くない魅力。
しかしながら他の技レパートリーが驚くほど狭く、素の威力が60を超えるものはほとんどが特殊技。実戦で使えるレベルの威力の物理技はサブウェポンには向かないノーマルタイプの「おんがえし」や「ギガインパクト」程度しかない。
特に「じしん」を覚えられない事は非常に痛手。せめて「10まんばりき」か、もう「じならし」でもいいから地面技が欲しいレベルである。

あんちゃん!ギギアルが進化してギギギアルてなったんじゃ!
格好も妙に複雑じゃこいつは強そうだぞ!
けどな、あんちゃん……種族値と技が一致しとらんのじゃ…

ギギギ・・・アル



各世代での特徴

第5世代(BW)
通常特性個体しか手に入らなかったのだが、その通常特性がダブルバトルにしか使えない上、上昇する能力は特攻
壊滅的に低いというわけではないが、到底特殊アタッカーを任せられるレベルではない。

物理・特殊両方を含めても攻撃技が貧相なので、仮に両刀で使用したとしてもハガネールナットレイにあっさり受けられてしまいがちで、役割を持ちにくく使いどころが難しいポケモンとなっていた。

一応、優秀な専用技と高い耐久力により、攻撃に耐えてからの反撃が得意。「ギアソーサー」によりがんじょうやきあいのタスキ頼りのアタッカー潰しにはなかなか優秀な性能をもつ。すぐ読まれて受けられやすいのが玉にキズだが・・・

実はバンギラスユキノオーにはかなり刺さる。これらの天候パに対する意外な対抗策として使用してみるのも面白いだろう。

第5世代(BW2)

ギギギさん


技マシンで電気タイプの物理技「ワイルドボルト」を習得できるようになった。これによりギアソーサーが半減される水タイプに2倍、鋼・炎タイプに対しても等倍のダメージを与えられるようになるため非常に有用。

また、優秀な隠れ特性である「クリアボディ」も得た。しかしこの時点では隠れ特性の遺伝に「相手がメタモンの場合遺伝不可」という条件があり、性別不明のギギギアルはこの隠れ特性を遺伝させることができなかった。

第6〜7世代
第6世代XYからはフェアリータイプの追加で弱点を突く機会が増えた、隠れ特性もメタモンで引き継ぐことが可能となったため、待望のクリアボディ個体の厳選も可能となった。ただし、無性別なのでボール遺伝は出来ない。

第7世代で登場したZワザは、技の威力不足に苦しむギギギアルにとっては貴重なダメージソースとなった。
フェアリータイプの数も急増し、特に環境トップメタのミミッキュに強いのは大きな魅力。

第8世代
ポケモン剣盾にもめでたく続投。本作では一部の技が削除された代わりに様々な技が多くのポケモンにバラ撒かれたが、肝心のギギギアルはハッキリ申し上げて今回もロクな技を貰えていない

サブウェポンとして新たに「てっていこうせん」「パワージェム」「ダメおし」等を習得したが、どれもステータスと噛み合わない特殊技か低威力の技のため、採用価値はほとんど無いと言っていい。
また、わざマシンからどくどくが削除されたため嫌がらせをする事も不可能になり、更にサブウェポンの筆頭候補であった「おんがえし(やつあたり)」や役割破壊も出来る「めざめるパワー」が削除されてしまった。ただでさえ貧相だった技のラインナップがますます悲惨な有様になる。

そして追い打ちをかけるかのように、ダイオウドウニャイキングが新登場。同じ単はがねタイプの物理アタッカーであり、更にギギギアルにはない広い技範囲と高火力を兼ね備えるこの2匹は現在、ギギギアルの採用価値をガタ落ちさせてしまっている。
高い素早さと「ギアソーサー」の無二の性能でどうにかアイデンティティの崩壊は免れたものの、立場はかなり厳しくなったと言わざるを得ない。

そしてその後DLCの鎧の孤島が配信されたものの、新たに覚えた技はフィールドが貼られていないと使えない「アイアンローラー」と、使い所が難しい上に特殊技の「ライジングボルト」のみ。元からサブウェポン増やすつもりは無かったのか…?

再び苦境に立たされたギギギアル。果たしてその未来や如何に…

ポケダン

「本編で微妙なポケモンほど活躍できる」という法則は、マグナゲートにおいても健在だった。
具体的には探険隊シリーズのトラウマメーカーである。
ポリゴンの後継者ポジションといえばその恐ろしさをご理解いただけるだろう。(進化も同様)

主な使用トレーナー

NサブウェイマスターBW
Nの使用個体はゾロアークが化けていることが多いので、かくとう技で攻めるのが良いだろう。
バトルサブウェイの個体は「ギアチェンジ」を積んだ後、「ギガインパクト」などで一撃KOを狙ってくる。
元々が素早いので、半減以下に抑えられない限り一匹は確実に狩られる事を覚悟した方が良い。
「ギガインパクト」を使われた場合は、反動で動けなくなった隙に弱点のかくとうタイプほのおタイプで片づけてしまおう。

アクロマBW2
彼の切り札である。道具「ふうせん」を所持しており、地面技で対抗しようとするプレーヤーの出鼻を挫いてくる。「ギアチェンジ」を積んでくるのは前述と同じだが、「ギガインパクト」の他に「ワイルドボルト」も使ってくる。

ローズ剣盾
「ギガインパクト」が「ダメおし」に変わった以外はアクロマのギギギアルとほぼ同じ。

関連イラスト

ギギギアル
ギギギアル
ワルプルギギギアル
ギギギアルとハグルモン
minecraftでギギギアル


ギが増え過ぎた場合

ギギギギギアル
ギアルの最終進化※ネタバレ注意
ギアル?!



関連タグ

ポケモン ポケモンBWはがねタイプ
ポケモン一覧 ゲシュタルト崩壊 歯車 メタル ギギギ
メタグロス ジバコイル……2進化する性別不明のはがねタイプで、進化によって体のパーツが増えていく点が共通する
メガギギギアルY……ガセメガシンカポケモン。一部ではネタにされている。

関連記事

親記事

ギギアル ぎぎある

pixivに投稿された作品 pixivで「ギギギアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 572553

コメント