ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「指差し 確認 準備 オッケー! 目指すは 勝利! 出発 進行!」


概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)に初登場したキャラクター。


イッシュ地方ライモンシティにある施設バトルサブウェイトレーナーでありサブウェイマスター

「バトルサブウェイ」のダブルトレインで20連勝すると、彼が21戦目で戦う最後のトレーナーとして登場する(マルチトレインでは相方で双子の兄弟であるノボリとタッグを組む)。

また、上記の「ダブル」「マルチ」にて21戦全てに勝利すると更に強力なポケモンの使い手が集まる「スーパーシングルトレイン」「スーパーマルチトレイン」への乗車を許してくれる。

そして、そのスーパートレインの49戦目でも同様の形で勝負を挑んでくる。

シングルバトルに登場せず、ダブルバトルのみに登場するバトル施設の長は、彼が初である。


一人称は「僕」。明るく表情豊かだが、どこか片言な口調で話すのが特徴。

本職は鉄道員らしく、列車内のアナウンスをするような要領で会話する。


BW1では、主にクリア後のやり込み要素におけるボスキャラポジション。

ストーリー攻略だけ楽しむプレイヤーにとっては馴染みのないキャラクターであったが、BW2ではストーリ上でバトルトレイン施設の説明役として登場し、ノボリとタッグを組んで戦うイベントがある。


アニメ版・ポケマスEXでは左手でモンスターボールを投げる。


名前の由来は鉄道用語の「くだり」と藤の花の家紋「下り藤」と考えられる。


容姿

サブマスのお二人クダリちゃん

制帽とロングコートを着た男性。見た目はノボリと瓜二つだが、こちらは白を基調とした服装をしている。また、ポケモン勝負を心から楽しむ性格を表しているのか、ノボリに比べるとにこやかな表情が多い。


所持ポケモン

ダブルトレイン・21戦目


スーパーダブルトレイン・49戦目


マルチトレイン・21戦目


スーパーマルチトレイン・49戦目


ギアステーション前(BW2)


元から手強いバトルサブウェイのメンバーの中でも、特にクダリのアイアントにトラウマを覚えるプレイヤーが多い。

理由としては、まず「すばやさ」の種族値が109とかなり速く、イッシュ地方に出てくるポケモンに限定しても素早さの種族値が勝っているのはアギルダーゼブライカなど9匹しかいない。

次に、その素早さからダブルバトルでは強力無比な技「いわなだれ」を連発してくる。この技は2匹に当たるだけでなく何と3割の確率でひるむ追加効果があり、運が悪いとずっとひるみ続けて何も出来ないままに完封…なんてこともある(いわゆるサブウェイクオリティ)。

その上「ぼうぎょ」の種族値もかなり高く、一発で仕留めきれないと上記のループが始まってしまう。

更には、弱点を突いて攻撃しようと思っても弱点がほのおタイプしか存在せず、タイプ一致で使うことができるほのおタイプのポケモンは全てこいつよりも遅いという有様。

幸い特殊攻撃に対しては非常に脆いので、一発ぶつけてしまえば事足りるが、はがねタイプのせいで多くのタイプ技が半減されてしまうので注意。


スーパートレインではアイアントのような驚異はないが、全体攻撃持ちが3匹もおり、特にシビルドンとドリュウズのほうでんじしんないしいわなだれのコンボは強烈。

ただし全体的にじめんタイプに弱いため、素早いじめんタイプを連れて行けば対処は比較的簡単だろう。

ちなみに使う技に対して特性を考慮しないらしく、たまにかたやぶり」のオノノクスが特性を打ち消して味方のシビルドンに「じしん」を当ててしまうという、お茶目な場面も見られる。


アニポケ

CV:古島清孝(ダイヤモンド&パール編のシンジなども担当)

ベストウイッシュ」編第45話の終盤で初登場。

本格的な活躍は47話で、サトシ一行と共にロケット団の悪事に立ち向かう。

51話ではサトシのポカブ&デントのヤナップVSノボリのシャンデラ&クダリのシビルドンでタッグバトルを行った。

口調はゲームと違って片言ではなく、ノボリを「ノボリ兄さん」と呼んでいる。


めざせポケモンマスター第3話では、デントの幻覚という形で登場。本人ではない、かつ数言の台詞のみながらオリジナルキャストの古島氏が起用される気合の入れようであった。


ポケマス

CV:内田雄馬

2021年6月30日に実装。バディとなるポケモンはアーケオスが選ばれた。


わざゲージの消費量を1増やすかわりに技の威力を他のポケモンが使うときより高くするパッシブスキル「ゲージ消費増威力上昇5」を持ち、強力な4ゲージ技となった「いわなだれ」や「ストーンエッジ」を主武器に戦ういわタイプの物理アタッカー。


トレーナー技「全速 前進!」は自分のぼうぎょを1段階下げてしまうが、一手で命中率を2段階とこうげきを6段階上げるだけでなく、自分を次回ダメージ防御状態にする破格の性能。

次回ダメージ防御状態のうちは相手の通常技で受けるダメージを1回分無効化できるほか、キングシールド」や「ブロッキング」では防ぐことができないバディーズわざさえも受けるダメージを50%にまでカットしてくれるのだ。

さらに「クリティカット+」も標準装備しているためバフが完全に自己完結している。


また、アーケオスの「よわき」を再現し、自分の残りHPが半分以上のときはこうげきの実数値が1.5倍になるパッシブスキル「HP半分以上時攻撃上昇5」でこうげき実数値312から468にまで跳ね上がる。

「よわき」どころか「つよき」である。


このままでも十分強力なのだが、真価を発揮するのは砂嵐のとき。

パッシブスキル「砂嵐無効&威力上昇3」で砂嵐下では技の威力が上がるほか、「砂嵐時B技威力上昇5」、「砂嵐時技ゲージ加速2」、「砂嵐時全ダウン無効」といった砂嵐下で有利になるスキルをバディストーンボードで多数取り揃えている。

また、砂嵐下ではただでさえ強力な「全速 前進!」にバディーズわざ発動可能状態までのカウント(BC)を加速させる効果までついてくるため、バディーズわざを素早く使えるようになる。


いわタイプの物理アタッカーには同じく砂嵐下で本領発揮するライチ&ルガルガンがおり、バフの完結の速さや通常技の火力はこちらが勝っている一方バディーズわざの最大火力はあちらに軍配が上がるため一長一短といえよう。

砂嵐の起動役かつ砂嵐下でさまざまなサポートを行えるノボリ&ドリュウズとは編成における相性も抜群に良い。


スペシャル

クダリさん(スペシャル)&シュバルゴ

2022年にはスペシャルコスイベント「謎解きティーパーティー」にてシルクハットに燕尾服、モノクルの執事風の衣装で登場し4/21に実装。バディはシュバルゴのむしタイプのアタッカー。

衣装、バディ共にノボリと対になっている。


ファン待望の新衣装なのだが、同時期に展開していた下記ポケモンLEGENDSアルセウスとのあまりの方向性違いに情緒不安定になったファンも居たとか居なかったとか。


ポケモンLEGENDS アルセウスでは

本編では相方のノボリだけが登場。しかもタイムスリップの影響で記憶を失っており、クダリのことも思い出せていない(「同じ顔の男がいたような気がする」という発言こそあったが…)。詳しくはノボリの記事へ。


彼らは再会できるのか、ノボリの記憶は完全に戻るかなどは、DLCなど今後の展開を見守るしかない。

무제クダリさんからお願いがあるようです


関連イラスト

スッゾォ~▽white▽

わくわくクダリとアイアント


関連タグ

サブウェイマスター ノボリ

ポケモントレーナー ポケモンBW


他の記事言語

Emmet

関連記事

親記事

サブウェイマスター さぶうぇいますたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42897490

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました