ピクシブ百科事典

アマカジ

あまかじ

アマカジとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

データ

図鑑番号No.761
分類フルーツポケモン
タイプくさ
高さ0.3m
重さ3.2kg
特性リーフガード/どんかん/スイートベール(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Bounsweet
イタリア語Bounsweet
スペイン語Bounsweet
フランス語Croquine
ドイツ語 Frubberl
韓国語  달콤아
中国語 甜竹竹


進化

アマカジ☆ファミリーズ!


アマカジアママイコ(Lv.18)→アマージョ(「ふみつけ」を覚えた状態でレベルアップ)

概要

第7世代(ポケモンSM)に登場する果物型のポケモン。
名前の由来は甘い果実からだろうか。
その名の通り食べるととても甘い。人が食べるのに適さないレベルで甘い。
汗を水割りして丁度よいジュースになる位甘い。汗をかく植物って何だとか言わない。
常に美味しそうな匂いが漂っているため、ドデカバシに丸呑みされることも。

チェリンボハネッコを足して割ったような姿をしている。
モチーフは恐らくマンゴスチンであろう。

全身から「あまいかおり」を発するので、アローラ地方の人々やポケモンから人気。
人を落ち着かせる効果があるため、芳香剤代わりとして家に住まわせる人も多い。

しかし、その匂いに誘われ木の実と勘違いした鳥ポケモンに襲われることもある。
襲われた時は頭のへたをプロペラのように回転させて追い払うものの、追い払った後は自分も目を回してしまう。

逃げる時は飛び跳ねて逃げるが、その姿からは必死さが伝わらず助けてもらえないというなかなか報われない不憫なポケモンである。

ちなみに初期形態かつ中盤に登場するポケモンでもあるのに能力はかなり低く、ヨワシ単体、コスモッグに次いでアローラ新規組では3番目に低い。しかも進化させても大して能力が上がらない。
体色といいこの点は某ポケモンを彷彿とさせる。

アニメのアマカジ

マオのアマカジ

ポケモンまとめ


CV:藤村知可
「マッジッジ!」「マジカ!?」

サン&ムーン』1話より登場。
マオのパートナーで、いつも彼女の肩に乗っている。

彼女とはポケモンスクール裏の森で出会った。
ゲーム同様頭の葉っぱを回転させることが可能。
移動手段は主にヘタをプロペラの如く回転させることによる空中飛行によるものだったが、アママイコに進化してからは飛行する必要がなくなった。

「あまいかおり」で毎回サトシたちをリラックスさせてくれる。ただ出せる量には限界があり18話では使いすぎて一時的だが干からびてしまった。視聴者からはこの時の顔が梅干しと言われることがある。
一方でどの別個体よりも強く、鳥ポケモンからの襲撃にも慣れており、あまいかおりにさそわれてつっこんできるサトシのモクローを何度も追い払っている。

あまいかおりはくしゃみなどで突発的に出てしまうことがあり、これが原因で16話ではモクローがバルーンを作ったアシマリごと強風に吹かれ、冒険する事になった。

18話でアローラシチューの食材になるやまぶきのみつを採取する際、ロケット団との抗争でアママイコへと進化した。

関連タグ

ポケモン ポケモンSM くさタイプ
トロピウス…分類が同じ
チェリンボ…果物モチーフ繋り

pixivに投稿された作品 pixivで「アマカジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 407684

コメント