ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
坊っちゃん
2
裕福な家庭で育った少年に対する呼称。本項では夏目漱石原作の小説について記載。

曖昧さ回避

  1. 夏目漱石小説のタイトル及び主人公の名前。本項にて解説
  2. 坊ちゃんまたはぼっちゃんの表記揺れ。
  3. 幻想水滸伝』の主人公。
  4. テイルズオブデスティニー』のリオン・マグナス
  5. 黒執事』のシエル・ファントムハイヴ
  6. カイジ」シリーズの兵藤和也

概要

夏目漱石原作の小説。1906年(明治39年)発表。明治時代の日本(愛媛県松山市)が舞台で、原作者である夏目漱石の教師時代の体験が反映されている。


登場人物達のほぼ全員が主人公である坊っちゃん含め、本名が明かされていないのが特徴。カタルシスを感じさせるような勧善懲悪の観念があり、漱石の作品の中でも人気が高く、各メディアでアニメ化や実写ドラマ化が頻繁に行われている。


ちなみに序盤に登場する生徒らの「~ぞなもし」は古い松山弁で「~ではないですか」という意味。


あらすじ

時は明治、馬鹿が付く程に正直者で、親譲りの無鉄砲さを併せ持つ「坊っちゃん」は、四国松山の旧制中学校に数学の教師としてはるばる東京より赴任。しかし、赴任するなり生徒にからかわれたり、温泉通いや団子屋通いを禁じられたりしてだんだん不満を抱くようになるが、それも全て赤シャツと呼ばれる教頭が企んでいた卑劣な謀略(同僚の美人婚約者を奪い取って、それを既成事実とすること)の一環であり、後でそれを知らされることになる。


対する数学教師の山嵐はその策略に勘づいており、坊っちゃんは一度、彼と反目するも後に和解、そして同僚うらなりを転属させ、彼の美人婚約者マドンナを奪い取った赤シャツへの復讐を考えるようになる。


登場人物

坊っちゃん

主人公であり語り部。数学教師(臨時で雇われた身だが、それも後述する赤シャツの計略)。名前の由来は下女である清の彼に対する呼び方から。無鉄砲な江戸っ子気質かつ馬鹿正直な性格のため、幼少時代から損ばかりしてきた。嘘をつけないと同時に相手の嘘も決して許さない性分であり、周囲との衝突も絶えない。他人にアダ名を付ける癖があり、作中の登場人物の名前のほとんどは、坊っちゃんが付けたアダ名で表現される。


清(きよ)

坊っちゃんの家に勤める下女。明治維新で落ちぶれた身分ある家の出身でもある。その性格から他者だけでなく家族からも疎まれていた坊っちゃんを唯一可愛がり、彼の事を「まっすぐで良いご気性」と褒めていた。

物語の終盤では肺炎で命を落としており、その遺骨は小日向養源寺に納められているという。


山嵐

数学の主任教師。

その顔付きは坊っちゃん曰く「比叡山の悪僧」と称される程の厳しいものらしいが、性格は正義感が強く生徒からの人望も厚い。坊っちゃんとは仲違いする事もあったが、最終的には意気投合し友情を深めた。赤シャツの弟が仕組んだ中学同士の喧嘩の仲裁を暴力介入と新聞屋に書き立てられ、それで諭旨免職を言い渡されることになるが、赤シャツを共に懲らしめるべく行動する。会津地方の出身であり、坊っちゃんと同じく四国外からの赴任者である。


赤シャツ

教頭。名前の由来は常にネルの赤いシャツを着ている事から。陰湿な性格で、学校で問題が起きても権力で揉み消そうとするだけでなく、うらなりからマドンナを横取りした。他にも女好きで、自分の茶屋遊びを見られないように、他先生の道後温泉での行動を禁止するなど様々な悪行に手を染めている。最終的には野だいこと共に、坊っちゃんと山嵐に怒りの鉄拳制裁を食らって懲らしめられる。また、坊っちゃんの宿直中、生徒がイナゴを放り込んだのも実は彼の弟の差し金だったとわかるように書かれている。

彼を主人公にした「赤シャツ」という舞台劇が存在する。


野だいこ

画学教師。赤シャツの腰巾着で、坊っちゃんは「野だ」と呼んでいる。典型的な虎の威を借る狐で、「~でげす」と噺家のような口癖を用いる。赤シャツと様々な悪事を行うものの、彼と共に坊っちゃんと山嵐に懲らしめられる(メディアによっては制裁を受けず、赤シャツを見限って坊っちゃんに理解を示す事もある)。


うらなり

英語担当の教師。気弱でお人好しな性格。顔は青白くもふくれており、幼少時代の坊っちゃんが同じような顔付きの人物について清が「うらなりの唐茄子ばかり食べているからああなった」と言っていたのを思い出し、このアダ名を付けられた。マドンナとは婚約関係にあったが、赤シャツの策略によって彼女を横取りされたあげくに延岡へと転属させられてしまう。


ちなみに、本作の後日談として小林信彦が発表した彼が主人公の作品「うらなり」では、延岡に転属した彼のその後が語られている。


マドンナ

うらなりの婚約者だった女性。その容姿は坊っちゃん曰く「色の白い、ハイカラ頭の、背の高い美人」。原作ではセリフ及び出番は非常に少ない。(その為に後年のアニメ化や実写ドラマ化の場合、ヒロイン枠として大幅に出番を増やされる事が多い)。


赤シャツの策略により彼に奪われてしまう。その後の彼女の行く末は原作では語られていないが、各メディアによってはうらなりとよりを戻すなど、その後の描写が語られている事がある。


狸(たぬき)

坊っちゃんが勤める学校の校長。

事なかれ主義で優柔不断な人物で、その性格が赤シャツの悪行を許してしまっている。


関連タグ

夏目漱石 小説

明治時代

曖昧さ回避

  1. 夏目漱石小説のタイトル及び主人公の名前。本項にて解説
  2. 坊ちゃんまたはぼっちゃんの表記揺れ。
  3. 幻想水滸伝』の主人公。
  4. テイルズオブデスティニー』のリオン・マグナス
  5. 黒執事』のシエル・ファントムハイヴ
  6. カイジ」シリーズの兵藤和也

概要

夏目漱石原作の小説。1906年(明治39年)発表。明治時代の日本(愛媛県松山市)が舞台で、原作者である夏目漱石の教師時代の体験が反映されている。


登場人物達のほぼ全員が主人公である坊っちゃん含め、本名が明かされていないのが特徴。カタルシスを感じさせるような勧善懲悪の観念があり、漱石の作品の中でも人気が高く、各メディアでアニメ化や実写ドラマ化が頻繁に行われている。


ちなみに序盤に登場する生徒らの「~ぞなもし」は古い松山弁で「~ではないですか」という意味。


あらすじ

時は明治、馬鹿が付く程に正直者で、親譲りの無鉄砲さを併せ持つ「坊っちゃん」は、四国松山の旧制中学校に数学の教師としてはるばる東京より赴任。しかし、赴任するなり生徒にからかわれたり、温泉通いや団子屋通いを禁じられたりしてだんだん不満を抱くようになるが、それも全て赤シャツと呼ばれる教頭が企んでいた卑劣な謀略(同僚の美人婚約者を奪い取って、それを既成事実とすること)の一環であり、後でそれを知らされることになる。


対する数学教師の山嵐はその策略に勘づいており、坊っちゃんは一度、彼と反目するも後に和解、そして同僚うらなりを転属させ、彼の美人婚約者マドンナを奪い取った赤シャツへの復讐を考えるようになる。


登場人物

坊っちゃん

主人公であり語り部。数学教師(臨時で雇われた身だが、それも後述する赤シャツの計略)。名前の由来は下女である清の彼に対する呼び方から。無鉄砲な江戸っ子気質かつ馬鹿正直な性格のため、幼少時代から損ばかりしてきた。嘘をつけないと同時に相手の嘘も決して許さない性分であり、周囲との衝突も絶えない。他人にアダ名を付ける癖があり、作中の登場人物の名前のほとんどは、坊っちゃんが付けたアダ名で表現される。


清(きよ)

坊っちゃんの家に勤める下女。明治維新で落ちぶれた身分ある家の出身でもある。その性格から他者だけでなく家族からも疎まれていた坊っちゃんを唯一可愛がり、彼の事を「まっすぐで良いご気性」と褒めていた。

物語の終盤では肺炎で命を落としており、その遺骨は小日向養源寺に納められているという。


山嵐

数学の主任教師。

その顔付きは坊っちゃん曰く「比叡山の悪僧」と称される程の厳しいものらしいが、性格は正義感が強く生徒からの人望も厚い。坊っちゃんとは仲違いする事もあったが、最終的には意気投合し友情を深めた。赤シャツの弟が仕組んだ中学同士の喧嘩の仲裁を暴力介入と新聞屋に書き立てられ、それで諭旨免職を言い渡されることになるが、赤シャツを共に懲らしめるべく行動する。会津地方の出身であり、坊っちゃんと同じく四国外からの赴任者である。


赤シャツ

教頭。名前の由来は常にネルの赤いシャツを着ている事から。陰湿な性格で、学校で問題が起きても権力で揉み消そうとするだけでなく、うらなりからマドンナを横取りした。他にも女好きで、自分の茶屋遊びを見られないように、他先生の道後温泉での行動を禁止するなど様々な悪行に手を染めている。最終的には野だいこと共に、坊っちゃんと山嵐に怒りの鉄拳制裁を食らって懲らしめられる。また、坊っちゃんの宿直中、生徒がイナゴを放り込んだのも実は彼の弟の差し金だったとわかるように書かれている。

彼を主人公にした「赤シャツ」という舞台劇が存在する。


野だいこ

画学教師。赤シャツの腰巾着で、坊っちゃんは「野だ」と呼んでいる。典型的な虎の威を借る狐で、「~でげす」と噺家のような口癖を用いる。赤シャツと様々な悪事を行うものの、彼と共に坊っちゃんと山嵐に懲らしめられる(メディアによっては制裁を受けず、赤シャツを見限って坊っちゃんに理解を示す事もある)。


うらなり

英語担当の教師。気弱でお人好しな性格。顔は青白くもふくれており、幼少時代の坊っちゃんが同じような顔付きの人物について清が「うらなりの唐茄子ばかり食べているからああなった」と言っていたのを思い出し、このアダ名を付けられた。マドンナとは婚約関係にあったが、赤シャツの策略によって彼女を横取りされたあげくに延岡へと転属させられてしまう。


ちなみに、本作の後日談として小林信彦が発表した彼が主人公の作品「うらなり」では、延岡に転属した彼のその後が語られている。


マドンナ

うらなりの婚約者だった女性。その容姿は坊っちゃん曰く「色の白い、ハイカラ頭の、背の高い美人」。原作ではセリフ及び出番は非常に少ない。(その為に後年のアニメ化や実写ドラマ化の場合、ヒロイン枠として大幅に出番を増やされる事が多い)。


赤シャツの策略により彼に奪われてしまう。その後の彼女の行く末は原作では語られていないが、各メディアによってはうらなりとよりを戻すなど、その後の描写が語られている事がある。


狸(たぬき)

坊っちゃんが勤める学校の校長。

事なかれ主義で優柔不断な人物で、その性格が赤シャツの悪行を許してしまっている。


関連タグ

夏目漱石 小説

明治時代

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 密かな愛

    フリ坊←グレンシールでっす!!!!!! ミモザの花言葉が「密かな愛」なんですって!!!!!! 永遠の片想いなグレンシール! 余談ですが、アレンはクレオに片想い中です。 坊っちゃん→カイエン
  • 幻水シリーズ

    Skyting stjerner1~4

    夢小説です。幻想水滸伝1沿いでトリップ主人公 お相手は坊ちゃん。その他諸々 最近悲しい出来事が多いので、少しでも気分転換になればとサイトから引っ張ってきました。 少しでも楽しんで頂ければ幸いです。 ーーーーーーー 目が覚めると、少女は異世界にいた。 そこは紋章から成り立つ世界で、人以外の異種族もいれば、魔法や魔物も存在する世界だった。右も左もわからぬ世界で、少女は力を手に入れる。それは世界を構成する紋章の一つであり、その名も工の紋章。 ――「工作などが上手くなる」力だった。 非力な少女は変わらず非力のまま。そんな力の為に異世界に呼ばれた変わらず凡そ平凡な少女は、やがて一人の少年の出会い、 世界を揺るがしかねない戦に巻き込まれていく―― これはドワーフの村で目覚め、工の紋章の力を手にした非力な少女と、一人の軍主の少年のお話
    29,466文字pixiv小説作品
  • 決意

    4様、ぶちギレ話 坊っちゃん→カイエン 2主→イーリン 4様→エヴァ 王子→エーデルファイン(通称エル)
    11,253文字pixiv小説作品
  • 脇道脱線編(腐向けに逸れた話集なので、腐注意)

    The Pole Star の裏話(腐向け)

    北極星シリーズ「The Pole Star(続編)」の間にこんなことあったかもよ、な腐向け脱線。しかし、4テドにもてよんにもなりきれないのがこの二人。うちの4様ってテッドに片想いだったんだな・・??そして締めは4坊オチです。何気に「形見の品ー後日談」(4坊婚礼編)と結びついています。 「The Pole Star 」の 4主さんとテッド編はこちらから https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20714323 「形見の品ー後日談」4坊婚礼編はこちらから https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20890694
  • 親友

    久しぶりに 幻想水滸伝を、プレイして 思ったままに(笑)
  • 幻水シリーズ

    Skyting stjerner52-最終話

    幻想水滸伝1トリップ連載続きです。
    55,083文字pixiv小説作品
  • ガラナ

    ガラナ2―ナナミ―

    幻想水滸伝2 王様エンディング後のねつ造話。ナナミは死んだと思われてますが、この話の中では生きています。そのナナミがリオウを思って行動を起こす話。というかトランの英雄に唆されて行動しちゃった話。皆が幸せになればいいなあ、と思ってすごいねつ造話を作りました。
  • 幻水1本編4坊シリーズ

    反抗期は忘れた頃にやってくる

    前回のギャグから続いた。1の過去に飛ぶ前。 実はあの子のとんでもない秘密。 若干の4ルク未満の表現有ります。 坊っちゃん→リオン 4様→ラス(声A) ※3のネタバレ要素有り ※独自設定有り 1の頃は紋章は1人1つでしたが、4様は4仕様なので3つ宿しています。 おまけ文が2つ有り。 一部下ネタ。
    11,774文字pixiv小説作品
  • マクドールさんち

    ショタ坊っちゃんとテオさまとお守りトリオ。捏造あり。 わたしクレオさんのこと好きすぎだなって思いました。クレオさんかっこいい!
  • 恋人の日

    バレンタインネタです。 坊っちゃん=ティル 一緒に旅をしてます。 大人の関係です。 でも、お互いまだ気持ちを口にしてないです。 中途半端ですみません…。 再追記:いいね、ブクマありがとうございます‼️ 誤字修正しました
  • 脇道脱線編(腐向けに逸れた話集なので、腐注意)

    No emotion no hope(幻水4発売記念月SS2023年の続き)

    話の内容が脱線というよりも、本編寄りになりました。でもしっかり4坊をしているし、4坊SSの続きだからな、と腐枠シリーズに収めました。4様好きによる、4様好きへの話・・・と言いたいところですが、シリアスですし、4様萌えもしているとは言いがたい。幻水4の記念SSの続きを考えていたら、レックナート様と押し問答する4様なんていかがでしょう、と思いついた。時系列では3の後。以前アップした「ルックの最期から」を受け継いでいます。うちの4様はやはり悟りきっていない(菩薩ではないよ)ので、いろいろ感情のブレがあります。そんな精神状態でよく200年近く生きて来たなあ。テッドのほうがよっぽど悟っていたのかもしれません。 レックナート様は全盲という設定のためか、目をつむったイラストばかりですが、眼球自体が無傷なら目を開けることはあるだろう、と、まぶたを開いた描写をしてみました。よくあるパターンになっちゃったけど、2主君は名前だけ出演。 前編はこちら https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20821552
  • 思ひ色と咲くやこの花

    笑え、笑え、笑え

    今更感が拭えないジャンルとカプで需要?なにそれ美味しいの?っていう、ただの俺得。私の原点の神ゲーに演奏会に行ってで再熱してしまってかっとしてやった。あの頃は読み専だったなぁ。ルク坊とタグはつけてますが、別にラブラブしてるわけではありません(^q^)まだ×というよりは+な二人。ゆるーく本編に沿って勧めていく予定。二人がくっつくまでを気ままに書いていきたいです。需要がなくとも!同士様は一年365日募集しています。
  • 西住ちゃん

    夏目漱石「西住ちゃん」

    夏目漱石風、ガルパンSSです。 縦書きで読みたいという要望が多かったので、試験的にピクシブを使ってみることにしました。 2016/2/28に全面的な改稿を行いました。 本当のアンツィオ戦はこちら http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6470019 劇場版はこちら http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6477064 SCAMPさんのイラストが完成した記念に、御本人から了承をいただいて表紙を差し替えました(2016/5/14) http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=56873264
    30,105文字pixiv小説作品
  • 肪っちゃん(サンプル)

    第三回文学フリマ岩手(6/17)に出品する、『MIYABON Vol.0』のサンプルです。親譲りの大食らいが、わんこそばの大会に出場する話。他2作品を収録しています。
  • テオパパとぼさんのやつ

    真/偽伝 父を殺すということ

    坊っちゃんとテオパパ。。。マクドール親子に胸がちぎれる! 解放戦争の本を読んでいる2主のところにトラン勢集まる。語ることもあればわざと語らないこともある的な。 本当の気持ちは誰にも分けてあげられない的な。 ナナミ、ルック、シーナ、ビクトール、フリック、他回想に色んな人。回想MVPはマッシュ。 アレ!?なんか坊ちゃんがやたらしい(やたらとやらしいタラシであるさま)…脳内は坊主でも主坊でも坊ナナでもないです オマケできたよー!https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=13134384
    18,097文字pixiv小説作品
  • 脇道脱線編(腐向けに逸れた話集なので、腐注意)

    Back to the childhood? Sideユーリー(腐向け)

    先にキリル君編で、実はこのシリーズBL前提だったよ、と、暴露しました。で、最初はユーリー君BL風ですが、本当はほとんど手直ししてないのがユーリー君編。最後の坊ちゃんと4主さんの会話が変わっているだけ。しかも、当初は4坊オチ会話でしたが、ユーリー君編を読む需要からすると坊主を極めた方がいいなと。ということで、変わったのは終盤の坊ちゃんと4主さんの会話のみ。しかしここだけ変えたのに、ぐっと坊主らしくなった。元々の坊ちゃんが4主さん越えたい設定が、こんなに坊主に役立つとは。まあ、うちの坊ちゃん、4坊でも4様越えたい設定踏んでいる子で、こじらせBLしちゃうけどね。
  • 恋は厄介

    坊っちゃん贔屓してます!!!!!!坊っちゃん大好き! 4様の恋模様はこんな感じです。出そうか悩みましたが、うちの4様はこんななのでという代物です。 CPになるのかどうか!? 坊っちゃん←4様で、坊っちゃん←フリックです。 フリックとルセリナ名前しか出てません。あしからず。 そうそう、幻水5で一押しCPは王ルセです。王ルセ大好き。王子とルセリナは幸せになるべき。
  • 脇道脱線編(腐向けに逸れた話集なので、腐注意)

    年末年始の予定(坊ちゃんと2主)

    一見4坊、実は坊主の続き。ちなみに、先回坊ちゃんに振られた4様ですが、むしろこの展開を面白がっています。話の内容を合わせるため、4主タグも付けようか迷いましたが、不在なのでタグは付けませんでした。坊主に関しては、どこまでも坊ちゃんの一方通行なのが憐れ。 先回の話はそれぞれの仲https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=21083173です 果たしてこのシリーズ需要があるんだろうか・・?
  • 月の無い夜に(テド4)

    供養あぷー。1舞台、捕らえられたテドの思い出です。4は火竜(かりゅう)、坊っちゃんは静璃(しずり)です。テドが親父臭い。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    頼間リヨ

    読む

pixivision

カテゴリー