ピクシブ百科事典

シエル・ファントムハイヴ

しえるふぁんとむはいゔ

シエル・ファントムハイヴとは、『黒執事』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:坂本真綾/沢城みゆき(ドラマCD版)
ファントムハイヴ家の若き当主。爵位は「伯爵」。年齢は12~13歳くらい。
幼くして広大な領地を治め、玩具・製菓メーカーファントム社」の社長を務める天才実業家で数年で英国最大の企業規模にし、その裏でファントムハイヴ家は代々「女王の番犬」「悪の貴族」と呼ばれ、大英帝国女王の依頼を受け、表沙汰にならないような様々な事件解決に暗躍してきた。
悪魔であるセバスチャンと「復讐を果たすまでの間、執事として仕えさせる」契約を交わしており、普段は眼帯で覆っている右目に、契約の証である逆ペンタクルがある。契約終了後、シエルの魂はセバスチャンのものとなるらしい。

平時はほぼ常に仏頂面で、非常に我侭。人(悪魔?)使いも非常に荒く、毒舌なセバスチャンも影で「クソガキ」呼ばわりするほど。年の割りに大人びている反面、意外と押しに弱かったり、貴族の必需である社交ダンスが苦手なために貴族の集会にほとんど姿を現さないなどの一面を持つ。猫アレルギー持ち。
また、頭脳は非常に良く、公式キャラクターブックの作者のコメントによると、「13歳で頭脳は大学レベルの天才児」だそう。その頭脳はチェスの強さにも表れている。
好きな食べ物は甘いもの・・・というより、少食かつ偏食。甘いものは外出先でもつまみ食いするほど好きだが、それ以外の食事は食べている描写が少なく、食べていても一口二口で済ませている。そのことも手伝ってか、もともと細身な体型は一際華奢(ついでに小柄)になり、測るたびにウエストの細さを更新しているとか。

家を継ぐには幼く華奢だが芯は非常に強く、逆境に屈せず誇り高く生きるその姿勢は、セバスチャンに強く一目置かれている。

話が進むにつれて、
「契約時に名前を名乗ったらセバスチャンに嘘つき呼ばわりされる」
「行方不明になる以前のリジーとの思い出を記憶していない」
「過去の写真を他人に見られることを極端に嫌がる」
などの伏線が生じており、
読者の間では
作中のシエルは、本当にシエル・ファントムハイヴなのか?
という疑念が生じている。




真実

この先は作品の根幹に関わる非常に重大なネタバレが書かれていますので、閲覧にご注意下さい。



































   
 













タウンハウスでソーマが謎の人物により負傷し、アグニもナイフで殺されていた。そして屋敷に残ったメッセージ…………

 Who stole The candy From my thwmy?(お腹のキャンディ、盗ったのだあれ?)

それを見たシエルは、動揺しながらセバスチャンに嘘をついていないか聞く。セバスチャンは答える。「残念ながら、私は嘘はつきません」と。

傷ついたソーマをサリヴァンの所へ預け、本邸に向かうシエルとセバスチャン。そこには驚愕の人物がいた。







































こら、ダメじゃないか、こんな寒いのにそんなずぶ濡れになって

でも、もう心配しなくていい

二度とお前をひとりになんかしないよ




ただいま



シエル兄





そこには、シエルそっくりの少年がいた。
実はセバスチャンと契約した「坊ちゃん」の本名は「シエル・ファントムハイヴ」ではなく、双子の兄の名前であることが判明する。そして、階段上の少年は、自分こそが「シエル・ファントムハイヴ伯爵」であると屋敷の皆に告げる。
タナカは全て知っていた。そして語り始める。真実を。

15年程前、ヴィンセントレイチェルは結婚。翌年レイチェルは子を身ごもり、そして12月14日。大雪の日、無事子供が産まれる。しかし聞こえてきた産声は二つ…………

 レイチェルが出産したのは、男の双子だった。

二人は鏡合わせのように何もかもが瓜二つであった。しかし兄のシエルに比べ、弟、即ち今までシエル・ファントムハイヴと名乗っていた少年は内向的で母親に似て喘息持ち。よく身体を壊していたが、兄のシエルは優しくしてくれる。だけど元気で優しいのはシエルだけ。強くて頼れるのはシエルだけ。伯爵になれないのは僕だけ。僕たちは同じ顔をしているけど何もかも違っていた。

仲良しダブル坊っちゃん


そして時が経ち、双子は10歳の誕生日を迎える。その日は屋敷が誕生日パーティの準備に朝から大忙し。準備が出来るまで部屋で待つ二人。しかし、パーティの時間になってもタナカやヴィンセントや他の使用人は誰も迎えに来なかった…………




ファントムハイヴ家の屋敷は何者かに襲撃を受けた。
当主のヴィンセントと妻のレイチェルは殺され、犬のセバスチャンやタナカを除いた使用人もみんな殺されていた。
そしてシエルと弟は襲撃者に攫われ、奴隷商人に売られてしまった。必ず家に帰ろうと約束する双子。そんな中ある男が双子を買い、黒ミサに連れて行く。そこで双子は”子羊”として大人達に陵辱されてしまう。
死んでしまった方がマシだと思いながらも、シエルの言葉を信じ双子は耐え抜く。
そして一ヶ月が経ったある日、悪魔に捧げる生け贄としてシエルが選ばれ、殺されてしまう。
その事実に弟は神を否定し、激怒する。すると異変が起きた。シエルの魂を渡り賃に、悪魔が召喚されたのだ。
弟は、死んでしまったシエルの代わりに、同じ顔の自分がなることを誓い、悪魔と契約する。
こうして後のセバスチャンと契約した弟は、シエル・ファントムハイヴ伯爵を名乗り、自分達をこんな目に合わせた相手に必ず復讐することを決意し、セバスチャンを下僕として従え、ファントムハイヴ伯爵を継ぐのであった………………

The Boy and His Demon


関連イラスト

シエル
CIRCUS
Cile
シエル ちびキャラ



関連タグ

黒執事
駒鳥シエル シエリジ セバスチャン・ミカエリス シエル・ファントムハイヴ

pixivに投稿された作品 pixivで「シエル・ファントムハイヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2342302

コメント