ピクシブ百科事典

シエル・ファントムハイヴ

しえるふぁんとむはいゔ

シエル・ファントムハイヴとは、『黒執事』の登場人物。
目次[非表示]

CV 坂本真綾/沢城みゆき(ドラマCD版)

概要

ファントムハイヴ家の若き当主。爵位は「伯爵」。年齢:12~13歳
幼くして広大な領地を治め、玩具・製菓メーカー「ファントム社」の社長を務める天才実業家で数年で英国最大の企業規模にし、その裏でファントムハイヴ家は代々「女王の番犬」「悪の貴族」と呼ばれ、大英帝国女王の依頼を受け、表沙汰にならないような様々な事件解決に暗躍してきた。
悪魔であるセバスチャンと「復讐を果たすまでの間、執事として仕えさせる」契約を交わしており、普段は眼帯で覆っている右目に、契約の証である逆ペンタクルがある。契約終了後、シエルの魂はセバスチャンのものとなるらしい。

平時はほぼ常に仏頂面で、非常に我侭。人(悪魔?)使いも非常に荒く、毒舌なセバスチャンも影で「クソガキ」呼ばわりするほど。年の割りに大人びている反面、意外と押しに弱かったり、貴族の必需である社交ダンスが苦手なために貴族の集会にほとんど姿を現さないなどの一面を持つ。猫アレルギー持ち。

好きな食べ物は甘いもの・・・というより、少食かつ偏食。甘いものは外出先でもつまみ食いするほど好きだが、それ以外の食事は食べている描写が少なく、食べていても一口二口で済ませている。そのことも手伝ってか、もともと細身な体型は一際華奢(ついでに小柄)になり、測るたびにウエストの細さを更新しているとか。

家を継ぐには幼く華奢だが芯は非常に強く、逆境に屈せず誇り高く生きるその姿勢は、セバスチャンに強く一目置かれている。

話が進むにつれて、「契約時に名前を名乗ったらセバスチャンに嘘つき呼ばわりされる」「行方不明になる以前のリジーとの思い出を記憶していない」「過去の写真を他人に見られることを極端に嫌がる」などの伏線が生じており、読者の間では「作中のシエルは、本当にシエル・ファントムハイヴなのか?」という疑念が生じている。

関連イラスト

シエル
CIRCUS



女装

駒鳥
駒鳥さん



関連タグ

黒執事 シエル 駒鳥 シエリジ

pixivに投稿された作品 pixivで「シエル・ファントムハイヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1828520

コメント