ピクシブ百科事典

こゝろ

こころ

こゝろとは、夏目漱石の小説の一つである。
目次[非表示]

注意‼︎
ここでは一般固有名詞との混合を避けるため、発売当初の旧仮名表記で掲載する。

概要

文豪夏目漱石の代表作の一つ。学生時代に現代文の教科書でお世話になった方も多いはず。

本作は、明治45年(大正元年)の明治天皇崩御と、それに続く乃木希典陸軍大将の殉死に強い衝撃を受けた漱石が、「明治の精神」への思いを込めて書き上げた作品であり、作中でもそれがキーワードとなっている。

大まかに言えば、主人公とその友人と二人の思い人の三人がおりなすドロドロ三角関係話
ちなみにこの小説は漱石自身が岩波書店から自費出費で出したもので、これが事実上岩波書店最初の本である。

物語は語り部の『私』と『先生』、『私』と『私の両親』、『先生』が『私』に遺した遺書と過去の三部構成になっており、教科書なんかでもっぱら有名なのは三部目の過去話。
最近ではソッチの方向で人気が高まりつつある。

あらすじ

主人公の『私』は、夏休みに訪れた鎌倉で出逢った一人の男を『先生』と呼んで慕っていた。奥さんと二人でひっそりと暮らしている『先生』は毎月友人の墓参りを欠かさず、『私』にも何度も謎めいた、そして教訓めいた言葉をかけ気遣ってくれた。そんな不思議な魅力を持つ『先生』の元へ、『私』は東京へ戻ってもなお頻繁に出入りしていた。

ある日、父親の容態悪化の知らせが届き、急遽帰省を余儀なくされた『私』は、発つ前日に『先生』の家へ挨拶に訪れる。そこで『先生』は「私は貴方に慕われる様な人柄ではない」「私は過去に取り返しのつかない事をしてしまった最低な人間なのだ」と嘆いた。『私』は『先生』に過去を打ち明けるように迫るが、『先生』は来るべき時に過去を話すことを約束し、そのまま『先生』とはそれきりとなった。

そしてある日、父親の看病に明け暮れる『私』の元へ『先生』から分厚い手紙の束が届いた。その手紙が『先生』の遺書なのだと気付いた私は即座に東京行きの汽車に飛び乗ると、その中で『先生』の手紙を読み始める。
その手紙に書かれていた衝撃の事実────『先生』と先生の『奥さん』、そして亡くなった先生の友人『K』との悲しい物語が綴られていたのであった。

登場人物紹介

前半(現在編)の語り部であり主人公。田舎に両親を持つ学生。夏休みに出逢った『先生』と交流を深める。
性別についてはとくに書かれていないが、近年では男性という見解が多い。

先生

後半(過去編)の語り部であり主人公。『私』が鎌倉で知り合った男性。『私』と同じく東京に住んでいる。
先生と呼ばれているが教務職に就いている訳ではなく、『私』が勝手にそう呼んでいる。実家は新潟。

先生の奥さん。名前は『先生』の呼び名であり、本名なのか略名なのか不明。
過去編では「お嬢さん」と呼ばれている。

静の母

過去編に登場する先生の奥さんのお母さん。戦没軍人の妻。
過去編では「奥さん」と呼ばれている。

K

過去編に登場する『先生』の親友でトラウマの元凶。浄土真宗の僧侶の次男で、本人も数珠を持ち歩いている。
『先生』とは同郷で、同じ大学に通っているが専攻は別。大学には『先生』以外特別親しい人はいない。『先生』の提案で同じ下宿に一緒に住む事になるが・・・

関連イラスト

私のこころ


kokoro
こころ



関連タグ

文豪 夏目漱石 小説 純文学

pixivに投稿された作品 pixivで「こゝろ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7558

コメント