ピクシブ百科事典

目次[非表示]

注意

このポケスペのブルーの絵には、単一タグ「ブルー(ポケスペ)」タグを必ず付けてください。
ブルー(トレーナー)」タグはゲーム版のキャラクター用のタグなので付けないでください。(共演を除く)

プロフィール

性別
誕生日6月1日双子座
年齢(5歳)→(9歳)→11歳(第1章)→13歳(第2章)→14歳(第3章)→16歳(第5章)→17歳※(第6章)→19歳(第9章)→20歳(第13章)
血液型B型
身長165㎝
体重48㎏
家族父、母
出身地カントー地方・マサラタウン
賞歴第9回ポケモンリーグ3位入賞(厳密には3位決定戦は無かったが準決勝で勝ったオーキド博士が棄権したために3位となる。)
特技変装、相手の裏をかくこと
発明品改造シルフスコープ、シャボンマイク、発信器、盗聴器
登場章第1章・第2章・第3章・第5章・第6章・(第7章)・(第9章)・第13章
登場巻2・3・(4)・5-7・(12)・13-15・22-26・(27)・(28)・29・(37)・(38)・(41)
持ち物ポケモン図鑑(初代→4代目)、ポケギアボイスチェッカーバトルサーチャートライパスレインボーパスシルフスコープ(独自に改造したもの)、シャボンマイク、ノートパソコン、カメックスナイト
代名詞化える者(ポケモン進化)
人気投票5位(2005年)→9位(2011年)

※第6章時点で満年齢は17歳だが、厳密には身体年齢は16歳。第5章ラストで16歳のときに石化し、17歳の誕生日は石化した状態のまま迎えたため、満年齢と身体年齢に差が生じている。

概要

マサラタウン出身の女の子でオーキド博士の研究所から盗んだゼニガメ(後にカメールを経てカメックスに進化)を使う。
物語における立ち位置はレッドグリーンら主人公の陰で活躍するトリックスターで、物語にも密接に絡んでいく。

容姿のモデルは、デザイナーの杉森氏曰く「三つ巴の構図にするために作ったキャラクター」としてゲーム版初期作の攻略本などに描かれたことがあるゼニガメを連れた女の子
一見ほぼ同じ格好に見えるが、耳や襟元、ベルトの有無など細かな違いがある。

その後、ゲームでは『赤・緑』リメイク作の『FRLG』においてその女の子の要素をデザインに取り入れた女主人公が登場しており、それに伴いブルーが第5章で女主人公の衣装で登場している。

人物

常に用意周到かつちゃっかりした性格で、オーキド博士曰くレッド、グリーンを含めた三人の中では一番ずる賢いとのこと。
自分で作ったメカや得意の変装、時には女である事も武器にして、周囲の人間を振り回す。
その姿はさながら「ポケモン界の峰不二子」であり、原作者の日下秀憲氏も「峰不二子こども版のイメージ」という発言をしている。
本来は素直で優しい女の子だが、レッドやグリーンたちと出会った当初は暗い過去の影響で荒んでおり、人を騙し泥棒や詐欺を行うような少女だった。

実はグリーンと同じように師匠と呼べる存在がおり、小さい頃から英才教育を受けてきた為バトルの実力は非常に高く、特に「進化」に関する知識に長けている。
ただし師匠のシジマを尊敬しているグリーンと違い、彼女にとって師匠の存在は「心に巣食う忌まわしい過去」そのものである。

元は両親と共にマサラに住む普通の女の子であったが、高いトレーナー能力を潜在的に秘めていた為、5歳の時に「仮面の男」にホウオウを通じて故郷のマサラから誘拐された。
ホウオウに誘拐された事で鳥ポケモン恐怖症になり、「仮面の男」の手駒となるよう「マスクド・チルドレン」として修行を強制され、両親の顔も殆ど覚えていないまま育つ。
修業時代は同じく誘拐されてきたシルバーとペアを組まされ、彼とは姉弟同然の間柄となり、姉として幼いシルバーを支えながら共に過酷な修業を耐えていった。

誘拐から4年後、9歳の時に当時6歳のシルバーを連れて「仮面の男」の下から脱走することに成功(4年もかけて脱出ルートや「仮面の男」の行動パターンを気付かれないよう念入りに探っており、用意周到な一面はこの頃から発揮されている)。
その後は犯罪に手を染めながら二人で生きてきたが、自由になった生活の中でも幼い頃から一緒にいたプリンをニックネームで呼べない(プリンにニックネームをつけようとした時に「ポケモンにニックネームは必要ない」と「仮面の男」に殴られたトラウマ)など「仮面の男」の影響が見られた。
しかし、レッドやグリーンとの出会いによって荒んだ心は徐々に変化し、ニックネームで呼べるようになった。

彼女がはっきりと変化したのはポケモンリーグでオーキド博士と戦った時。
同じマサラ出身で同い年のレッドとグリーンが博士からポケモンと図鑑を貰った事を聞いたブルーは、冒険の旅に出た二人の事を羨み、そして同じマサラのトレーナーでも自分はそうすることが出来なかった嫉妬から、残っていたゼニガメを博士のもとから盗んだのだった。
一方のオーキド博士も同い年の孫がいた事から、ブルーの誘拐事件はとても他人事とは思えず積極的に捜索を手伝っていた為、カメラに映っていたゼニガメを盗んだ少女が誘拐された子だとすぐに気付いていた。
ポケモンリーグの準決勝の舞台で自らの境遇を告白し、オーキド博士に「どんな理由であれ盗むのはいけないこと」と諭されて3つ目のポケモン図鑑を渡された時に、彼女は初めて年相応の女の子の素顔を見せた。

両親はブルーを捜して各地方を転々としており、5章の時に11年ぶりに再会する筈だったのだが、サカキたちロケット団の陰謀に巻き込まれ、再び戦いに身を投じていく。一時的ながらも両親との再会に成功するが、三獣士のサキとの戦いで発生した謎の光を浴びたことで、身体が石化してしまう。オーキド博士の計らいにより、ブルーの両親には娘が石像に変わってしまった事実は伝えられなかった。

石像となった後はハギ老人によって貨物としてバトルフロンティアへ輸送される。しばらくは図鑑所有者の石像としてバトルタワー内に展示されていたが、エメラルドがジラーチに願った「石化を解いて欲しい」という願いが叶えられたことで元の姿に戻ることができた。後に両親とも無事に生身で再会を果たす。

服装について

キラッ☆


当初は前述の原型となった女の子と同じような黒いノースリーブ型ワンピースを着ていたが、 第五章においてFRLGの女主人公の衣装を身に纏う事となる。
この新衣装はシルバーからのプレゼント。

20周年おめでとうございます!



その後のメモリアルイラスト等では第13章でのホウエンでの騒動でボロボロになってしまったので、シルバーが自分を助け守ってくれた頃のブルーを象徴する服(同時にマスクド・チルドレン時代の象徴でもある)である黒のワンピースとブーツをプレゼントした…という体で旧来の服を着ている。

作画担当が交代してからはスタイルがアップしており、図鑑所有者女性陣の中ではトップクラスのナイスバディの持ち主(公式サイトでの山本サトシ氏によればどこと明言してはいないがワイに次ぐ二位らしい)。

所有ポケモン(手持ち)

第5章時点のメンバー。
裏サンデーで連載されていたORAS編では、レッドと共に少し登場しており、その際カメックスメガカメックスメガシンカさせていた。
また、第1章、第2章では「他人のポケモンだと成長が早くなる」という性質を生かして、自分のブルーとシルバーのタッツー(ブルーは「タッちゃん」と呼んでいた)を交換して互いに育てていた。

ニックネーム(ポケモン名)性別特性性格進化
カメちゃん(カメックスげきりゅうようきゼニガメカメール→カメックス(メガカメックス
ぷりり(プクリンメロメロボディのうてんきプリン→プクリン
メタちゃん(メタモンじゅうなんうっかりや
ニドちゃん(ニドクインどくのトゲれいせいニドラン♀ニドリーナ→ニドクイン
ピッくん(ピクシーメロメロボディやんちゃピッピ→ピクシー
ブルー(グランブルにげあし(ブルー)→いかく(グランブル)おくびょうブルー→グランブル

関連イラスト

無題
【企画】「図鑑はしばらく使わないと思うから。」【アニメポケスペ】


誕生日おめでとう!
ばちん



関連タグ

ポケスペ 図鑑所有者 ポケスペの登場キャラクター一覧

シルバー(ポケスペ) グリーン(ポケスペ) レッド(ポケスペ) イエロー・デ・トキワグローブ
仮面の男

カップリングタグ及びコンビ・トリオ・グループタグ

グリブルレブルシルブル青銀姉弟カントー組マサラ組

関連記事

親記事

ポケスペの登場キャラクター一覧 ぽけすぺのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブルー(ポケスペ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブルー(ポケスペ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2104685

コメント