ピクシブ百科事典

ルビー(ポケスペ)

おしゃれこぞう

ルビーとは、「ポケスペ」こと『ポケットモンスター☆SPECIAL』の主要人物。
目次[非表示]

注意書き

このポケスペのルビーの絵に、単一タグ「ルビー(ポケスペ)」、あるいは「ルビー」「ポケスペ」の2つのタグを付けてください。

プロフィール

性別
誕生日7月2日蟹座)(花言葉は「不活発」「策略」)
誕生石ルビー
年齢(6歳)→11歳(第4章)→12歳(第6章)→15歳(第13章)
血液型O型
身長163㎝
体重49㎏
瞳の色
視力0.1(左右)
出身地ジョウト地方コガネシティ
家族父(センリ)・母
口癖Beautiful!!
登場章第4章・第6章・(第7章)・第13章
登場巻15-22・(27)・28・29・(37)・ORAS 1-3
持ち物ポケモン図鑑(三代目)、ポケナビ、ポケギア、加速機能付ランニングシューズ、マイク、きのみ複数種(ポロック用)、コンテストパス、コンテストリボン計数十個以上、ポロックケース、カガリの記憶ライター、トリマー用品、薄型の裁縫箱&化粧箱&救急箱、ポケモン用ファッションアイテム作りの材料、眼鏡、大量の着替え服、手鏡、アルバム×136冊以上、カメラ、三脚付ビデオカメラ、撮影用の照明、バンダナ×5色、むげんのふえ、調理器具、寝袋、巻物、メガバングル、ラティオスナイト、ラグラージナイト
代名詞魅せる者
人気投票3位(2005年・2011年共に)


人物

好きな言葉は“Beautiful!(美しい!)”で、コンテストに出場するのが趣味。
ホウエン地方ジムリーダーセンリの一人息子。
ミシロタウン在住で父親と母親との3人暮らし。隣家はオダマキ博士とその娘サファイアの自宅。

「Wonderful!」「Amazing!」「Crazy…!」など、感嘆詞を横文字で表す。
暇さえあれば自分の手持ちポケモンをその毛並にうっとりしながらブラッシングし、ポケモン達の毎日の成長記録を写真やビデオに残している(アルバム冊数:第16巻…36冊目 → 第28巻…136冊目)。進化の瞬間を録画・撮影するのを喜びとしている。
少々ナルシストな一面があり、撮るのは好きだが撮られるのはもお~っと好き。潔癖症でもあるため、かつては自分や手持ちが泥で汚れるのを一切嫌い、宿泊は必ずホテルで野宿や野外の食事なんてもっての外、荒れた路上に手持ちを出す行為すら躊躇していた。毛並が乱れたおとなしいポケモンを見ると他人の手持ちであっても率先して整えに行く。現在も、自身やポケモンの泥汚れを気にするそぶりを見せており、相当汚い物は涙を流して拒絶する。
驚くべき手先の器用さを持ち、裁縫で自分等の服と手持ちの着る小物を短時間で作る。トリマーの技術も持っており物凄い速さでトリミングが出来る。

ホウエンに移る以前もホウエンよりグレードが低い各地のコンテストを勝ち続けてきたので、コンテストのアピール技術には相当な自信がある。最初はミクリよりもコンテストの実力は上だと彼の美しすぎるステージを客席から目にしてもなお考え調子に乗っていたが、その流れでミクリに野外コンテスト対決を挑んで完敗、対戦中の彼のアピール内容に涙を流して考えを改め、強引に弟子入りした。以後ミクリを「師匠」と慕いついて回っている。その縁と、コンテスト制覇の影響でルチアとは親しい間柄。コンテストの舞台制作にも携われるようになっておりオシャレ好きなピカチュウ5匹のコンテスト活用企画を考案した。
ハギ老人に助けられたのをきっかけに、海に関することはもっぱら彼に連絡を取り手を借りている。
手持ちをボールから出す時、または技を出す時にはポケモンごとに文章を設定した演歌調の前口上を言う。コンテストシーンは作中で省略されやすいため、野外戦や公式バトルの際に言ってる場面がほとんど。
ポロック作りの腕も一流でポケモン1匹1匹の好みに合致したポロックを作成できる。リュックには材料のきのみがたくさん入っており、きのみの種類とレア度にも詳しい。その延長で、ポケモンの動きや表情を観察してその性格を見抜ける力があり、ポロックを地面に撒いて敵ポケモンの動きを誘導する技を持つ。
悪い予兆を感じ取る能力があり、逃亡生活時にセンリが到来するのを予感したり、災害で現れたアブソル目撃の際には悪寒が走った。

相手が誰だろうと「イヤなものはイヤ」とはっきり主張する。極端なまでに自分本位な思考の持ち主で、多少のトラブルに巻き込まれている他人を目にしても助け船を出すのを渋る。ただし明確な命の危機を察した時は別。
キザなうえ皮肉屋でいつも一言多いためよくサファイアを怒らせては口喧嘩をしている。大切な想いは口にせず心の中に隠し周囲の人物にはおどけて誤魔化してしまう癖がある。
信頼できる者からの贈り物は遠慮なく受け取る主義。

幼少期は、バトル好きで常に擦り傷だらけのやんちゃな性格だったが、ある事件をきっかけに「バトルを他人に見られる」のがトラウマになり、バトルを捨て、新たに美しさに目を向けるようになった。

父親のセンリ譲りの類まれなるバトルセンスと幼少期に父が鍛えた実力を持つが、バトルを捨ててからは「ポケモンバトル」を野蛮なものだ、余計な筋肉が付くと考え、嫌悪を感じていた。
第4章にて、バトル狂とも取れる父の毎日の意見に嫌気がさしてミシロタウン引っ越し初日に家出した事から彼の物語が始まった。

ではコンテスト漬けになった頃の肝心のバトルの腕はと言うと、強い。
ブランクを全く感じさせず、彼の戦い方を見た何人もの強力なトレーナーから「相当強い」と評価されている。ルビー自身がかなり身軽で、2匹のグラエナの攻撃を自分の足でかわせる。
登場初期から高い戦闘力を有していたが、第4章では前述のトラウマと家出中の身なのもあって自分の素性を明かさないようにしており、隠し事を多く抱えていた。特にトラウマの根源である戦う姿を見られる事態は徹底的に避けていたのだが、人の命が掛かると、悩んだ末に敵しかいない場に仕方なく赴いている。覚悟を決めて戦う時にはセンリに似て顔付きが非常に険しくなり、かなりの気迫が出る。その顔による一睨みでポケモンを怯えさせられる。


サファイアとは幼少期に一度出会ったことがあるが、そのことはお互い忘れていた。良くも悪くもワイルドな性格になった彼女とは価値観が正反対すぎて当初は折り合いが悪かったが、マグマ団アクア団の暗躍に共に巻き込まれ、互いの人となりをきちんと知り合うことで徐々に打ち解けていく。
サファイアからの告白についてはぐらかしている節があり、明確な答えを出していないため彼女からは諦めの感情を抱かれているが、彼女がフロンティアブレーンの一人であるウコンに杖を突きつけられた際には激昂した表情を見せたり、ボーマンダを苦手とする彼女に対して同意の感情を示したり、アオギリが自分が生き延びるためにマツブサを犠牲にした事を語ったとき、ショックを受ける彼女を気遣うなど、内心では大切に想っている様子。常にサファイアを傷付けないことを第一に行動しているため、対等な立場でいたいサファイアからはヤキモキされている。人助けの際には自己犠牲を良しとせず、自分も助かる道を選ぶ主義だが、サファイアの命が掛かると自分の身を顧みなくなってしまう。

過去のトラウマをほぼ解消した第4章終了後~現在は、戦う姿を他人に見られるのを気にする素振りは完全に無くなり、他人を守るために手持ちを戦わせる姿が目立つようになった。バトルも公式・野外問わず必要に応じて堂々と参加、時に笑顔で戦っている。バトル一筋の研究をし続けてきたエメラルドをタイマンで苦戦させるレベル。
それからはオダマキ研究所所属の図鑑所有者として、サファイアとフィールドワークを手伝う毎日を送り、後に仲間入りしたエメラルドとの3人で世界の危機が訪れると現地へ派遣されている。

第13章では、隕石衝突の危機を前に、サファイアが精神的ショックを受けないように気遣いながら脅威に立ち向かう道を選ぶ。それが彼女の想いと大きくすれ違うとも知らずに……。
第6章でなかなか打ち解けてもらえなかったエメラルドとは、彼の性格の変化と信念の一致により、ルビーの性格にツッコミを入れられながらもお互い重要な頼み事ができるくらい良いコンビネーションを取れるようになっている。
センリとの関係は、わだかまりが解けて言い争いは無くなったが、家族や周囲の気持ちを考えず無茶をするルビーを見る目はまだまだ厳しい。父親の雰囲気に物怖じして少しだけ敬語で接している。

容姿

概ねRSE主人公ユウキと同じ容姿をしているも、多少のアレンジがされている。
名前の「ルビー」を意識した赤い瞳のツリ目。白い帽子の下、前髪の生え際右に傷跡がある。髪型は黒の丸い短髪で、母親譲りのアホ毛あり。

裁縫のため目を悪くしており、普段はコンタクト着用。たまに黒縁の眼鏡をかける(遠くを視る際や、かしこさ部門のコンテストなど)。ただし裸眼でも中規模のコンテスト会場のステージ上から満員の観客席にいる見知った顔をぼんやりとだが見つける事が出来る。
服装は、第4章の途中まではRSの赤い服を、第4章後半からはEの緑の服を自作。第6章ではEとほぼ同デザインの赤い服を着用(サファイアの青い服と対)。第13章ではORASの衣装を着ている。

ポケモンの好き嫌い

幼少期からコンテストへの準備と出場を繰り返し、コンテストに相応しいBeautifulな手持ちチームを完成させるのを目標としてきた。本で見惚れたミロカロス入手を旅の目標にプラスしたほどには。
そのため彼は、ポケモン商業作品の主人公としては非常に珍しく、ポケモンを完全に容姿で選り好みしており、容姿を生理的に受け付けないポケモンもいる。ポケモンの目の前で嫌悪の感想を口にするのも少なくない。
だからと言って醜いと感じたポケモンを成り行きで手持ちに加えた時には、そのポケモンを邪険に扱うことは決して無く、意外性でコンテスト会場を湧かせる勝ち方ができるようにアピールの方向性を考えつつ、肩に乗せて扱うなど親しく語りかけ育てている。流石にうっとりとブラッシングしたりはしないが…。
その美意識ゆえ、気持ち悪い!と拒絶感を感じる物もある。(ポケモンの個体そのものに対して感じた事は無い)
ただし第4章より後の第6章&第13章では、世界の危機に立ち向かうシナリオの真っ只中だけの登場のせいなのもあるが、これまでの旅や戦い、そしてサファイアと行った数々のフィールドワークに影響を受け、ポケモンの容姿の評価を口にする機会がほぼ無くなった。
「美しいポケモンをコンテスト会場で披露して会場を沸かせたい」という顕示欲は現在もあるため、美しい野生ポケモンにコンテストに出てみないかと優しくかつ熱烈にスカウトを掛ける事がある。

印象対象のポケモン
BeautifulNANA、COCO、RURU、MIMI(バツグンに美しい)、グラエナバルビートイルミーゼの夜景、ディアンシー(&CUTE、宝石のよう)
かわいいCOCO、POPO、ゴニョニョプラスルマイナンアメタマキャモメ(ハギ老人のピーコちゃん)、クチート
かしこそうマッスグマ
微妙…ミズゴロウヌマクロー(たくましくなったが好みではない)
美しくない…キモリカクレオンヒンバス(これ以上ないほどブサイク)、コイキングドジョッチナマズン(ミクリの手持ち個体を除く)、ハンテールジーランスズバットゴルバットイシツブテゴローン
こわそうアノプスリリーラ
気持ち悪いカクレオンの腹の模様が浮いてる光景、人間の言葉を喋る正体不明のポケモン(と間違えた人間)
見ちがえたメガラグラージ

所有ポケモン

いまだにそらをとぶ要員の手持ちがいない。

手持ち

Beautiful day


ルビーの手持ちの中で唯一の♂。(一時期的にプラスル♂も手持ちにいた)
のんきな性格。「たくましさ」部門担当。
ちなみに第一印象は「微妙」だったか、「よりマシ」だったようだ。
カイナシティでヌマクローに進化、ヒワマキシティでラグラージに進化を果たしなみのり要員になった。怪力と水&泥技で戦う。
鼻水を垂らしているのが特徴だが、ラグラージに進化してからは垂らさなくなった。それでも鼻水の事はサファイアの記憶に残っている。
第13章では決戦用のメガシンカ習得特訓のために一時サファイアとエメラルドの元に預けられた。

ルビーの幼馴染ポケモン1。
いじっぱりな性格。「かっこよさ」部門担当。
軽やかな身のこなしで魅せる。戦闘においても、複数の相手の急所を瞬時に見極め適格に打ち抜くほど鍛えられている。
何故かポチエナの時点ではかいこうせんを習得している。昔センリから教わったもの。
火山灰が降り積もったハジツゲタウンでは犬のように喜び駆けまわっていた。

ルビーの幼馴染ポケモン2。
むじゃきな性格。「かわいさ」部門担当。
毛ヅヤと愛らしい魅せ方は天下一品。戦闘においては一転「アイアンテール」(センリが指導)や「すてみタックル」といった高威力の技を使いこなす。エネコの時からシザリガーの攻撃をあえて受け無防備にして反撃一発で仕留める戦法が出来るほどに身体能力が高かった。

ルビーの幼馴染ポケモン3。
おとなしい性格。「かしこさ」部門担当。
・・・が、とある事件によりミツルに預けたままはぐれてしまう。
以後、第4章中はミツルと行動を共にしていた。キルリアに進化したのも彼の元でである。
第4章終了時にルビーの元に返されている。13章ではサファイアのキルリア、「きるる」との修行にてサーナイトに進化を遂げた。
ラルトス時より強力なねんりきでの締め付けを得意とし、進化後はさらに威力の高い特殊技を見せる。特性はシンクロ。
赤いツノはRURUの意思があればルビーの気持ちをキャッチして光る。遠くに居ても、生きているか、どのような精神状態にあるかを探れる。

しんちょうな性格。「かしこさ」部門担当。
元々ツワブキ社長のポケモンだったが、社長とポワルンがアクア団に襲われ、社長が後遺症で入院してる間襲撃事件に大きく関わったテレビ記者のマリとダイが預かっていた。しかしこの2人にはなつかなかった。
ポワルン自身がルビーの存在を察知して行動を共にする事を望んだ為加入。直後にニックネームを与えられる。社長復帰後に正式に譲ってもらえたらしく、その後も共に行動している。
上記の襲撃の際に命を救ってくれたのがサファイアだったため、彼女にもなついている。
天候を変える技での急襲・バトルフィールド急変と、ボール技がメイン。

ひかえめな性格。「うつくしさ」部門担当。
たまたまルビーに釣られた個体なのだが、ヒンバスがルビーを気に入ってしまい、そのまま加入した。名前の由来はヒンバス時の鳴き声が「ミー ミー」だった事から。野生時より2匹の狂暴なポケモンの攻撃を一度に打ち負かすバリア技を持っており、手持ちになってからはさらに豊富な特殊技を披露してきた。
一時期荒れていたルビーの心無い言葉の打撃を受けショックでメンバーから逃げ出したが、それでも彼を慕っており、伝説のポケモンが激突するルネシティまで追いかけてきた。
激戦の最中ルビーが真の美しさを悟ったとき、ついに進化を遂げる。ちなみに個性は打たれ強い(ルビーの言葉から)。効果バツグンの技を何度も撃つジュカインの攻撃に耐え続けられる。

その他

手持ちポケモンでは無いが、第6章で知り合い、第13章では共に行動している。テレパシーで人と会話できるポケモン。
「ある目的」の為にマボロシ島にやって来たルビーの要請を受けて、そらをとぶで彼と行動、彼の手持ち代わりとして戦う事になる。「ラティオスナイト」も所持しており、ルビーのメガバングルとの反応でメガラティオスにメガシンカできる。伝説のポケモンであるゆえ戦闘能力は高め。
ルビーの美的センスには少し呆れている。

伝説のポケモンに関わる「探知機」を開発・所持していた前のトレーナーを喪い、緑生い茂るすてられ船で野生化。同境遇のマイナンと2匹で船に残された探知機を守りながら住んでいた。船に自生する数々のきのみの性質をよく知っており、それをフル活用して侵入者にイタズラをする。
ルビー・サファイア訪問時に探知機を狙いに来たマグマ団に2人と2匹全員が襲われ、2人の指示と2匹の技で追い払った事で仲良くなる。探知機が奪われてからも2匹で船に残っていたが、カイオーガ来襲により船が沈み大波に流され、運良く辿り着いたマボロシ島でこれまた偶然ルビー・サファイアと再会した時に手持ちポケモンになり決戦を共に戦った。
決戦後はまた野生に戻り、別の棲みやすい場所に移っている。
小柄で元々の電力は大きくないものの、マイナンとの抜群の連携力と、特訓で得た応援用ボンボンを強力な電気攻撃に応用する技、そして外から貰った巨大な電気を操る技術を持っている。


関連イラスト

7/2
ルビ誕。



関連タグ

ポケットモンスター☆SPECIAL ポケスペの登場キャラクター一覧 図鑑所有者
センリ サファイア(ポケスペ) ミツル(ポケスペ) マリとダイ ヒデノリ エメラルド(ポケスペ)
マグマ団 カガリ ホカゲ マツブサ
アクア団 アオギリ
ヒガナ

ルビー(曖昧さ回避)
ルサ

pixivに投稿された作品 pixivで「ルビー(ポケスペ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 436291

コメント