ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

注意書き

このポケスペのルビーの絵に、単一タグ「ルビー(ポケスペ)」、あるいは「ルビー」「ポケスペ」の2つのタグを付けてください。


プロフィール

性別
誕生日7月2日蟹座)(花言葉は「不活発」「策略」)
誕生石ルビー
年齢(6歳)→11歳(第4章)→12歳(第6章)→15歳(第13章)
血液型O型
身長163㎝
体重49㎏
瞳の色
視力0.1(左右)
出身地ジョウト地方コガネシティ
家族父(センリ)・母
口癖Beautiful!!
登場章第4章・第6章・(第7章)・第13章
登場巻15-22・(27)・28・29・(37)・ORAS 1-3
持ち物ポケモン図鑑(三代目)、ポケナビポケギア、加速機能付ランニングシューズ、マイク、きのみ複数種(ポロック用)、コンテストパスコンテストリボン計数十個以上、ポロックケースカガリの記憶ライター、トリマー用品、薄型の裁縫箱&化粧箱&救急箱、ポケモン用ファッションアイテム作りの材料、眼鏡、大量の着替え服、手鏡、アルバム×136冊以上、カメラ、三脚付ビデオカメラ、撮影用の照明、バンダナ×5色、むげんのふえ、調理器具、寝袋、巻物、メガバングル、ラティオスナイトラグラージナイト
代名詞魅せる者
人気投票3位(2005年・2011年共に)


概要

第4章の主人公の一人。

ホウエン地方ジムリーダーセンリの一人息子。

一人称は「ボク」。それまでの男子の図鑑所有者(レッド、グリーン、ゴールド、シルバー)はいずれも「オレ」だが、はじめてそれ以外の一人称を使う男子の図鑑所有者である。

ミシロタウン在住で父親と母親との3人暮らしで、隣家はオダマキ博士とその娘サファイアの自宅。


好きな言葉は“Beautiful!(美しい!)”で、ポケモンコンテストに出場するのが趣味で、父親のセンリ譲りの類まれなるバトルセンスと幼少期に父が鍛えた実力を持つが、物語当初はある理由で「ポケモンバトル」を野蛮なものだ、余計な筋肉が付くと考え、嫌悪を感じていた。

第4章にて、バトル狂とも取れる父の毎日の意見に嫌気がさしてミシロタウン引っ越し初日に家出した事から彼の物語が始まった。



人物

「Wonderful!」「Amazing!」「Crazy…!」など、感嘆詞を英語で表す。

暇さえあれば自分の手持ちポケモンをその毛並にうっとりしながらブラッシングし、ポケモン達の毎日の成長記録を写真やビデオに残している(アルバム冊数:第16巻…36冊目 → 第28巻…136冊目)。進化の瞬間を録画・撮影するのを喜びとしている。

少々ナルシストな一面があり、撮るのは好きだが撮られるのはもお~っと好き。潔癖症でもあるため、かつては自分や手持ちが泥で汚れるのを一切嫌い、宿泊は必ずホテルで野宿や野外の食事なんてもっての外、荒れた路上に手持ちを出す行為すら躊躇していた。毛並が乱れたおとなしいポケモンを見ると他人の手持ちであっても率先して整えに行く。現在も、自身やポケモンの泥汚れを気にするそぶりを見せており、相当汚い物は涙を流して拒絶する。

驚くべき手先の器用さを持ち、裁縫で自分等の服と手持ちの着る小物を短時間で作る。トリマーの技術も持っており物凄い速さでトリミングが出来る。


ホウエンに移る以前もホウエンよりグレードが低い各地のコンテストを勝ち続けてきたので、コンテストのアピール技術には相当な自信がある。

手持ちをボールから出す時、または技を出す時にはポケモンごとに文章を設定した演歌調の前口上を言う。コンテストシーンは作中で省略されやすいため、野外戦や公式バトルの際に言ってる場面がほとんど。

ポロック作りの腕にも優れ、ポケモン1匹1匹の好みに合致したポロックを作成できる。リュックには材料のきのみがたくさん入っており、きのみの種類とレア度にも詳しい。その延長で、ポケモンの動きや表情を観察してその性格を見抜ける力があり、ポロックを地面に撒いて敵ポケモンの動きを誘導する技を持つ。


悪い予兆を感じ取る能力があり、逃亡生活時にセンリが到来するのを予感したり、災害で現れたアブソル目撃の際には悪寒が走った。


相手が誰だろうと「イヤなものはイヤ」とはっきり主張する。極端なまでに自分本位な思考の持ち主で、多少のトラブルに巻き込まれている他人を目にしても助け船を出すのを渋る。ただし明確な命の危機を察した時は別。

キザなうえ皮肉屋でいつも一言多いためよくサファイアを怒らせては口喧嘩をしている。一方で、大切な想いは口にせず心の中に隠し周囲の人物にはおどけて誤魔化してしまう癖がある。

信頼できる者からの贈り物は遠慮なく受け取る主義。


第4章でのサファイアとのホウエン地方巡り対決後はサファイアとのわだかまりが解けたこともあり、以降はオダマキ研究所所属の図鑑所有者としてサファイアとフィールドワークを手伝う毎日を送り、後に第6章で仲間入りしたエメラルドとの3人で世界の危機が訪れると現地へ派遣されている。


第13章では、隕石衝突の危機を前に、サファイアが精神的ショックを受けないように気遣いながら脅威に立ち向かう道を選ぶ。それが彼女の想いと大きくすれ違うとも知らずに……。



ポケモンバトルと過去

幼少期は、ポケモンバトル好きで常に擦り傷だらけのやんちゃな性格だったが、顔に傷を負うことになったある事件をきっかけに「バトルを他人に見られる」のがトラウマになり、ポケモンバトルを捨て、新たに美しさに目を向けるようになった。


しかし、コンテスト漬けになった今現在の肝心のバトルの腕はと言うと、とても強い。

5年近いブランクを全く感じさせず、彼の戦い方を見た何人もの強力なトレーナーから「相当強い」と評価されている。ルビー自身がかなり身軽で、2匹の野生のグラエナの攻撃を自分の足でかわせる。

登場初期から高い戦闘力を有していたが、第4章では前述のトラウマと家出中の身なのもあって自分の素性を明かさないようにしており、隠し事を多く抱えていた。

特にトラウマの根源である戦う姿を見られる事態は徹底的に避けていたのだが、周囲に人がいなくポケモンバトルを見られる可能性が無かったり、人の命が掛かると、敵を自身が惹きつけて周囲に人がいない1対1の状況を作ってバトルをしたり、悩んだ末に敵しかいない場に仕方なく赴いている。

覚悟を決めて戦う時にはセンリに似て顔付きが非常に険しくなり、かなりの気迫が出る。その顔による一睨みで暴れるポケモンを畏縮させおとなしくさせられるほど。

だが、ホウエン地方に来てから、幾度も本気でポケモンバトルをしなければならない危険な状況を幾度も経験して乗り越えて来たことで、自身がポケモンバトルが好きであった昔の頃の自分に戻りつつあるのを恐れている。


そのため、ヒワマキシティでホウエン地方全体の危機を知るも、そのことに目を逸らし戦うことを忌避し続けた結果、サファイアから絶交され、ポケモンへの信頼を忘れるほどにまで堕ちてしまう。

だがミクリにそのことを「自分の事しか考えていない、そんなトレーナーが覇者になどなれるものか!!」と非難されたことや、強者に憧れる盲目の少年の言葉をきっかけに大切な事を思い出し、マグマ団・アクア団と戦うことを決意。サファイアに改心の証として自作した服をプレゼントし、マボロシ島でのダブルバトルの修行にも参加する。


過去のトラウマをほぼ解消した第4章終了以降は、戦う姿を他人に見られるのを気にする素振りは完全に無くなり、他人を守るために手持ちを戦わせる姿が目立つようになった。バトルも公式・野外問わず必要に応じて堂々と参加、時に笑顔で戦っている。バトル一筋の研究をし続けてきたエメラルドをタイマンで苦戦させるレベル。



人間関係

第4章時点では「バトル」と「コンテスト」のどちらが素晴らしいものかを競い合うライバル、そして第6章以降は周りが見ていて恥ずかしくなるぐらいの親しい友達のような関係。

実は彼女とは幼少期に一度出会ったことがあるが、第4章開始時点ではそのことはお互い忘れていた。良くも悪くもワイルドな性格になった彼女とは価値観が正反対すぎて当初は折り合いが悪かったが、マグマ団アクア団の暗躍に共に巻き込まれ、互いの人となりをきちんと知り合うことで徐々に打ち解けていく。

サファイアからの告白についてはぐらかしている節があり、明確な答えを出していないため彼女からは諦めの感情を抱かれているが、彼女がフロンティアブレーンの一人であるウコンに杖を突きつけられた際には激昂した表情を見せたり、ボーマンダを苦手とする彼女に対して同意の感情を示したり、アオギリが自分が生き延びるためにマツブサを犠牲にした事を語ったとき、ショックを受ける彼女を気遣うなど、内心では大切に想っている様子。常にサファイアを傷付けないことを第一に行動しているため、対等な立場でいたいサファイアからはやきもきされている。人助けの際には自己犠牲を良しとせず、自分も助かる道を選ぶ主義だが、サファイアの命が掛かると自分の身を顧みなくなってしまう。こういうところは父親そっくりである。


第6章の時点では、なかなか打ち解けてもらえなかった。

バトルフロンティアでの事件後は、彼の性格の変化と信念の一致により、ルビーの性格にツッコミを入れられながらもお互い重要な頼み事ができるくらい良いコンビネーションを取れるようになっている。


父親であり、幼少期からのバトルの師匠でもある。

過去のトラウマからバトルを遠ざかって以降は、彼のバトルに対する姿勢や熱意に嫌気がさしていた。

典型的なスパルタ親父であるが不器用ながら家族想いであることも事実であり、ルビーのコンテストに対する熱意もある程度評価している(そのため、ホウエン地方に引っ越してきた当日にルビーは家出してしまうが、実はその日…11歳の誕生日を迎えた彼に「コンテストへの挑戦を許すこと」を伝えるつもりだった)。

「天気研究所」付近での壮絶な親子喧嘩でセンリが上記のことを伝えた後は、わだかまりが解けて言い争いは無くなったが、家族や周囲の気持ちを考えず無茶をするルビーを見る目はまだまだ厳しい。

ルビーの方も父親の雰囲気に物怖じして少しだけ敬語で接している。


最初は彼よりもコンテストの実力は上だと彼の美しすぎるステージを客席から目にしてもなお考え調子に乗っていたが、その流れでミクリに野外コンテスト対決を挑んで完敗、対戦中の彼のアピール内容に涙を流して考えを改め、強引に弟子入りし、以後ミクリを「師匠」と慕いついて回っている。ミクリもその後一度ルビーが落ちぶれた際には彼を強く非難し、同時に心の中で「ここが正念場だぞ」と応援している。


上記のミクリとの縁と、コンテスト制覇の影響で親しい間柄。当初はあまりの親しさからサファイアから嫉妬されていた(後に誤解が解けるが)。

コンテストの舞台制作にも携われるようになっておりオシャレ好きなピカチュウ5匹のコンテスト活用企画を考案した。


海に投げられた時に助けられたのをきっかけに、海に関することはもっぱら彼に連絡を取り手を借りている。



容姿

概ねRSE主人公ユウキと同じ容姿をしているも、多少のアレンジがされている。

名前の「ルビー」を意識した赤い瞳のツリ目。白い帽子の下、前髪の生え際右に傷跡がある。髪型は黒の丸い短髪で、母親譲りのアホ毛あり。


裁縫のため目を悪くしており、普段はコンタクト着用。たまに黒縁の眼鏡をかける(遠くを視る際や、かしこさ部門のコンテストなど)。ただし裸眼でも中規模のコンテスト会場のステージ上から満員の観客席にいる見知った顔をぼんやりとだが見つける事が出来る。

服装は、第4章の途中まではRSの赤い服を、第4章後半からはEの緑の服を自作。第6章ではEとほぼ同デザインの赤い服を着用(サファイアの青い服と対)。第13章ではORASの衣装を着ている。



所有ポケモン

ニックネームは各ポケモン(もしくはその進化系統)の名前から一文字取って重ねたローマ字読み。

コンテストを全部門制覇するために、それぞれの部門担当のポケモンを所持している。


手持ち(主力ポケモン)

ZUZU(ミズゴロウヌマクローラグラージ←→メガラグラージ)♂Lv.71

特性げきりゅう←→すいすい性格のんき個性のんびりするのがすき

「たくましさ」部門担当で、ルビーの手持ちの中で唯一の♂。(一時期的にプラスル♂も手持ちにいた)

ちなみに第一印象は「微妙」だったか、「よりマシ」だったようだ。

カイナシティでヌマクローに進化、ヒワマキシティでラグラージに進化を果たしなみのり要員になった。

たくましさ担当に恥じぬ怪力と水&泥技をメインに戦う。その膂力は「がむしゃら」でグラードンの巨体をぶん投げてそのままカイオーガにぶつけてしまうほど。

鼻水を垂らしているのが特徴だが、ラグラージに進化してからは垂らさなくなった。それでも鼻水の事はサファイアの記憶に残っている。

第13章では決戦用のメガシンカ習得特訓のために一時サファイアとエメラルドの元に預けられた。


NANA(ポチエナグラエナ)♀Lv.69

特性にげあしいかく性格いじっぱり個性まけんきがつよい

ルビーの幼馴染ポケモン1。

「かっこよさ」部門担当。軽やかな身のこなしで魅せる。

戦闘においても複数の相手の急所を瞬時に見極め適格に打ち抜くほど鍛えられており、地震でパニックになったブーピッグの群れ12匹を一息の「とっしん」で薙ぎ倒してしまうほど。

なお、原作ゲームではあり得ないが、ポチエナの時点で「はかいこうせん」を習得している。昔センリから教わったもの。

火山灰が降り積もったハジツゲタウンでは犬のように喜び駆けまわっていた。


COCO(エネコエネコロロ)♀Lv.68

特性メロメロボディ性格むじゃき個性ものをよくちらかす

ルビーの幼馴染ポケモン2。

「かわいさ」部門担当で、毛ヅヤと愛らしい魅せ方は天下一品。

戦闘においては一転して「アイアンテール」(センリが指導)や「すてみタックル」といった高威力の技を使いこなす。

エネコの時からシザリガーの攻撃をあえて受け無防備にして反撃一発で仕留める戦法が出来るほどに身体能力が高かった。


RURU(ラルトスキルリアサーナイト←→メガサーナイト)♀ Lv.70

特性シンクロ←→フェアリースキン性格おとなしい個性まけずぎらい

ルビーの幼馴染ポケモン3。

「かしこさ」部門担当・・・が、とある事件によりミツルに預けたままはぐれてしまう。

以後、第4章中はミツルと行動を共にしていた。キルリアに進化したのも彼の元でである。

第4章終了時にルビーの元に返されている。

13章ではサファイアのキルリア、「きるる」との修行にてサーナイトに進化を遂げ、おばば様から「サーナイトナイト」を貰い、サファイアとの喧嘩でメガシンカした。

ラルトス時よりぬかるみに嵌った引っ越しトラックを宙に浮かせるほどの強力な「ねんりき」での締め付けを得意とし、進化後はさらに威力の高い特殊技を見せる。

赤いツノはRURUの意思があればルビーの気持ちをキャッチして光る。遠くに居ても、生きているか、どのような精神状態にあるかを探れる。


POPO(ポワルン)♀Lv.70

特性てんきや性格しんちょう個性かんがえごとがおおい

RURU不在時の「かしこさ」部門担当。

元々ツワブキ社長のポケモンだったが、社長とポワルンがアクア団に襲われ、社長が後遺症で入院してる間襲撃事件に大きく関わったテレビ記者のマリとダイが預かっていた。しかしこの2人にはなつかなかった。

ポワルン自身がルビーの存在を察知して行動を共にする事を望んだ為加入。直後にニックネームを与えられる。社長復帰後に正式に譲ってもらえたらしく、その後も共に行動している。

上記の襲撃の際に命を救ってくれたのがサファイアだったため、彼女にもなついている。

天候を変える技での急襲・バトルフィールド急変と、「ウェザーボール」や「シャドーボール」等のボール技がメイン。

天候を利用できない洞窟内でも、相手が放った「ぜったいれいど」で天井に出来た氷柱を折ってまわり「あられ」とすることでゆきぐものすがたに変わるなど、かしこさ担当だけあって応用力も高い。


MIMI(ヒンバスミロカロス)♀Lv.75

特性すいすいふしぎなうろこ性格ひかえめ個性うたれづよい

「うつくしさ」部門担当。

たまたまルビーに釣られた個体なのだが、ヒンバスがルビーを気に入ってしまい、そのまま加入した。名前の由来はヒンバス時の鳴き声が「ミー ミー」だった事から。

野生時より2匹の狂暴なポケモンの攻撃を一度に打ち負かすバリア技を持っており、手持ちになってからはさらに豊富な特殊技を披露してきた。なお攻撃技は「れいとうビーム」や「ふぶき」等何故か氷技をメインとする。(当時のルビー&サファイアの氷技にうつくしさアピールの技が多いという事情もあるが)

一時期荒れていたルビーの心無い言葉の打撃を受けショックでメンバーから逃げ出したが、それでも彼を慕っており、伝説のポケモンが激突するルネシティまで追いかけてきた。

激戦の最中ルビーがひたむきなMIMIの姿勢を見て真の美しさを悟ったとき、ついにミロカロスへ進化を遂げる。

個性は打たれ強い(ルビーの発言から)。実際ヒンバスの頃からマツブサとアオギリに岩に叩きつけられ足蹴にされてなお進化を遂げたり、ジュカインの「リーフブレード」の猛攻に耐え続けられるほどに頑丈。


その他(控え・一時所持等)

手持ちポケモンでは無いが、第6章で知り合い、第13章では共に行動している。テレパシーで人と会話できるポケモン。

「ある目的」の為にマボロシ島にやって来たルビーの要請を受けて、そらをとぶで彼と行動、彼の手持ち代わりとして戦う事になる。「ラティオスナイト」も所持しており、ルビーのメガバングルとの反応でメガラティオスにメガシンカできる。伝説のポケモンであるゆえ戦闘能力は高め。

ルビーの美的センスには少し呆れている。


特性プラス性格わんぱく

伝説のポケモンに関わる「探知機」を開発・所持していた前のトレーナーを喪い、緑生い茂るすてられ船で野生化。同境遇のマイナンと2匹で船に残された探知機を守りながら住んでいた。船に自生する数々のきのみの性質をよく知っており、それをフル活用して侵入者にイタズラをする。

ルビー・サファイア訪問時に探知機を狙いに来たマグマ団に2人と2匹全員が襲われ、2人の指示と2匹の技で追い払った事で仲良くなる。探知機が奪われてからも2匹で船に残っていたが、カイオーガ来襲により船が沈み大波に流され、運良く辿り着いたマボロシ島でこれまた偶然ルビー・サファイアと再会した時に手持ちポケモンになり決戦を共に戦った。

決戦後はまた野生に戻り、別の棲みやすい場所に移っている。

小柄で元々の電力は大きくないものの、マイナンとの抜群の連携力と、特訓で得た応援用ボンボンを強力な電気攻撃に応用する技、そして外から貰った巨大な電気を操る技術を持っている。


ジョウト地方に住んでいた頃からボールに入っていた。

第4章終盤に重大な働きをする。



関連イラスト

7/2ルビ誕。

ルビーさんおめでとうございますルビーくんとZUZU


関連タグ

ポケットモンスターSPECIALポケスペ) ポケスペの登場キャラクター一覧

サファイア(ポケスペ) エメラルド(ポケスペ) センリ(ポケスペ)


ユウキ(トレーナー)

ルビー:曖昧さ回避


グループタグ

図鑑所有者 麗しの水組 ホウエントリオ(ホウエン組)


カップリングタグ

ルサ

関連記事

親記事

ポケスペの登場キャラクター一覧 ぽけすぺのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1746355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました