ピクシブ百科事典

シンクロ(ポケモン)

しんくろ

シンクロとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第3世代
効果自分が「どく」「もうどく」「まひ」「やけど」のどれかの状態になった場合、相手にも同じ状態異常を移す。手持ちの先頭にいる時、5割の確率で自分と同じ性格の野生ポケモンが出現する(第3世代~第7世代)
自分が「どく」「もうどく」「まひ」「やけど」のどれかの状態になった場合、相手にも同じ状態異常を移す。手持ちの先頭にいる時、必ず自分と同じ性格の野生ポケモンが出現するが、伝説のポケモンやイベント入手ポケモンには無効(第8世代)


概要

第3世代から登場した特性。
相手に上記の状態異常をかけられた場合、かけた相手を同じ状態異常にするもの。
(ただし第4世代までは、「もうどく」状態になった場合相手を「どく」状態にしていた)
相手の技を利用して状態異常をかける点で「マジックミラー」と似ているが、こちらは攻撃技でかけられても返せる反面、かけられた状態異常を特性の力で解除することはできない。
また、「マジックミラー」同様かけようとした状態異常がタイプや特性によって無効化されることもある為安定はしない。

だがこの特性は対戦以外での出番が非常に多い。
「手持ちの先頭にいる時、5割の確率で自分と同じ性格の野生ポケモンが出現する」。つまり、バトルに有用な性格を持つポケモンが「シンクロ」である場合、その性格のポケモンが集まりやすくなるということである。
これによって、例えばよい性格と能力のメタモンを捕まえようとする場合、無闇に乱獲するより遥かに効率が良く、厳選の際に引っ張り凧になっている。
また第3世代までは固定シンボル(伝説のポケモンなど)に無効だったが、第4世代から有効になった為、伝説のポケモンを厳選する際にも有用。
加えて「ひんし」状態でも有効の為、狙いたい性格でかつ低レベルの「シンクロ」持ちを瀕死にさせて先頭に置くのが野生ポケモン厳選での基本となっている。

ポケモンはじめました


例えばこのように『ORAS』でシナリオの最中でもラティオスを厳選するなんてこともできる。
ただし、徘徊するポケモンには無効なので注意が必要。

また、第7世代での乱入バトルではいささか仕様が特殊で、「場に特性『シンクロ』持ちが出ている場合にのみ発動(つまり『ひんし』では無効)」し、「シンクロがかかる性格は手持ちの先頭にいるポケモンの性格(つまり自身が先頭にいない限り自身の性格は反映されない)」となっている為注意されたい。
まあそれ以前に第7世代単体ではシンクロ持ちがケーシィ系列やネイティ系列、リグレー系列しか手に入らないというある種嫌がらせに近い仕様なのだが。

第8世代ではこの特性を持つポケモンをパーティの先頭にしておくと必ず自分と同じ性格の野生ポケモンが出現するようになった
一方で、伝説のポケモンやイベント入手ポケモン、固定シンボルポケモン、ダイマックスポケモンには無効化されたため、厳選が厳しくなった面もある。ただし、フィールド上でシンボルエンカウントする形式を取っているガラル三鳥聖剣士は例外で、シンクロが効果を発揮する。過去作では徘徊型のポケモンにはシンクロの効果は適用されなかったが、今作ではその仕様は撤廃された模様である。

こんなわけで、この特性はある意味ポケモン廃人御用達となっている。

この特性を持つポケモン

ブラッキーを除き全てエスパータイプである。


関連タグ

ポケモン 特性 ポケモン廃人

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンクロ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 274

コメント