ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0301
ホウエン図鑑No.062
イッシュ図鑑No.079
セントラルカロス図鑑No.079
ローマ字表記Enekororo
ぶんるいおすましポケモン
タイプノーマル
たかさ1.1m
おもさ32.6kg
せいべつ25%♂・75%♀
特性メロメロボディ/ノーマルスキン(第4世代から)/ミラクルスキン(隠れ特性)
タマゴグループりくじょう/ようせい

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語エネコロロ
英語・スペイン語・イタリア語・ポーランド語Delcatty
ドイツ語Enekoro
フランス語Delcatty
韓国語델케티Delicate (優雅な)+Cat(ネコ)
中国語优雅猫

進化

エネコエネコロロ(「つきのいし」使用)

どかない


概要

ルビー・サファイア(第三世代)で初登場したエネコの進化系。

名前の由来はおそらく「イエネコ+エノコログサ(猫じゃらし)+寝転がる」などをかけあわせたものだと思われる。



糸目だったエネコとは違い目がパッチリし、進化前はピンク色だった所は紫に変化して首にファーのような物がついた。

尻尾も猫じゃらしのような感じだったのがライオンの尻尾に似たものになった。

余談だが、現実の子猫も生まれてから何日かは目が開かない。

成長して目が開いた、という事だろうか?(進化前もよく見ると瞬きはしているのだが)

エネコロロ

色違いは赤っぽい。


分類通り性格は非常にマイペースで綺麗好き。決まった場所に定住することは無く、居心地の良い寝ぐらで毛繕いをしている。寝ぐらを他のポケモンが奪いにやって来ると歯牙にも掛けず次の寝ぐらを探す辺り、プライドが高そうである。猫らしく、夜に活動する。その外見からセレブに非常に人気があり、毛並みを競っているらしい。


ゲームでの特徴



  • ストーリーにおいては、RSEORASの実質的な

ライバルであるミツルXYでは友達のサナの手持ちで登場する。


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第6世代まで706565555570380
第7世代から706565555590400

  • 結論から言ってしまうと「弱い」の一言に尽きる。

第3~6世代

  • 種族値合計は御三家中間形態(リザードワカシャモ)や埋葬級の吹き溜まりともいうべき序盤のむしポケモン(レディアンアゲハントなど)をも下回る380! これはドーブル等の単独種や特殊な用途のヌケニンを除く最終形態のポケモンとしてはワースト1の数値である。おまけにどの種族値も全体的に低くて尖った部分がなく、最も高いHPと素早さですら70しかない。態々進化の石を使ってこの低さというのはどういうことなのだろうか…(これについて後述で詳しく)。

  • 専用特性として第4世代から登場した「ノーマルスキン」を持つのだが、元々「すてみタックル」や「ハイパーボイス」といった優秀なノーマル技を覚える為、攻撃面では他タイプの技をあえてノーマルに変換したところで例外的にスキンの影響を受けない「めざめるパワー」以外にゴースト・いわ・はがねタイプへの有効打がなくなるデメリットの方が目立ってしまう。ただし、「じゃれつく」が「おんがえし」を超える安定した火力を持つようになる。

  • ふいうち」を高威力一致先制攻撃として使えるようになるが、それだったら優先度で勝る「しんそく」持ちを使った方がいい。


  • この特性を活用すれば、「でんじは」がじめんタイプを100%の命中率で麻痺させられる技になる為、一応のアイデンティティになっていはいた。しかしゴーストに無効という無視できないデメリットがある上、地面への麻痺撒きならば相性上有利な「しびれごな」持ちのくさタイプの方が、命中率を考慮しても安定性が増している。

  • 第6世代ではノーマル技を他のタイプに変換して与ダメージを1.3倍にする新たなスキン系特性が登場し、「ノーマルスキン」もその恩恵に肖れるのかと思いきや、与ダメ強化は「ノーマルスキン」にだけ与えられず置いてけぼりに。
    • それだけならまだしも、じめん・ゴーストタイプの双方に効く「へびにらみ」の命中率が100に上昇したせいで、スキン下での「でんじは」がその完全下位互換に成り下がるという逆風まで食らってしまった。

  • では他の特性はどうかというと、「メロメロボディ」は異性ピンポイントで使おうにも活かせるだけの耐久力がなく、隠れ特性の「ミラクルスキン」もエネコロロほどの低種族値なら態々補助技を使うまでもなく普通に殴り倒した方が手っ取り早いので宝の持ち腐れ。 おまけに、「スキルスワップ」や「なかまづくり」といった自身の特性を相手に擦り付ける技すらも覚えないので結局宝の持ち腐れ。

  • 以上の通り、低種族値ポケモンが活路を見出す為の糸口たる特性が総じて扱いにくいという状態に陥っており、まさしく八方塞がりで特性不利に陥っている。

  • 石で進化するポケモンの中ではぶっちぎりで不遇な埋葬ポケモンであり、ORASでミツルが最終的に手放してしまうのもこれでは仕方ないかもしれない。何せ代わりに入ってきたメンバーが錚々たる面々だし…。

  • あまりのマイナーぶりのせいか、「めざめるパワー」や先述した「でんじは」等の一部を除く補助技がゴーストに無効と勘違いしている者も少なくないという。

第7世代

  • 初登場してから14年、第七世代でようやく「ノーマルスキン」の性能の見直しが行われダメージ強化の恩恵(1.2倍)を受けられた。また、素早さの値も+20されて70→90になりその結果合計種族値も380から400に上昇した。これにより、例えば「ふいうち」が威力126の先制技となる。

  • ただ、それ以外は特に強化もされず攻撃・特攻の種族値も変化がないため「弱い」という評価が覆されることはなかった。むしろ、「でんじは」の命中率が90%に低下、マヒの素早さ低下が1/4から1/2へと弱体化という向かい風まである。

  • USUMでは「じだんだ」を習得して地面物理技を得た。しかし「ノーマルスキン」だと弱点を突く事が出来ず、別の特性を選んだところでそもそも火力が足りないという…。


第8世代~

  • 剣盾及びSVではなんとリストラされてしまった。やはり、登場させても活躍は見込めないと判断されたのだろうか…。一応、BDSPには復活しているが、そもそもの性能が劣るのでやはり話題にすら上がっていない。


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版

  • アヤネ(AG60話)
  • ユリ(DP95話)

漫画版


番外作品

ポケモンGO


  • 種族値に関してのことであるが、進化前のエネコ時の合計種族値は「260」と、石で進化するポケモンの中ではヒマナッツの180を除いて、プリンの「270」を下回るワースト2位である。さらに、後から石による進化が追加されたムウマムウマージの種族値+60を除いて、エネコ→エネコロロの種族値上昇は+120と、こちらでも他の石進化ポケモンと比べても数値は下回っている(なお、ヒマナッツ→キマワリが+245)。

  • 上記のとおり、第七世代で素早さ種族値が+20されて合計加算が+140になったが、それでもプリン→プクリンの+165よりもまだ上昇値は少ない。これを聞くと、全体的にあと+10~15くらい種族値を増やしてもいいのでは…とも思ってしまう。

ポケモン不思議のダンジョン

  • こちらではノーマルスキンのおかげで強豪ポケモンの1つに数えられている。詳細はエネコの項目を参照。

ポケモンマスターズ

  • ミツル&エネコロロ
    • 2024年2月1日に実装。トレーナーズサロンでミツルとの親密レベルを100にすると解禁されるサポートロールのバディーズ。
    • 技は「たいあたり」と相手の攻撃を1段階さげる「なきごえ」。味方のバディーズ全員のHPを最大HPの約20%回復する「ミニキズぐすりG」を所持し、トレーナー技「ぜったい勝とうね!」は味方のバディーズ全員の防御と特防を2段階あげる。バディーズ技は「ファイトが沸いてくるノーマルインパクト」。
    • パッシブスキルは、技で攻撃を受けたときに50%の確率で自分の回避率を1段階あげる「被攻撃時回避率アップ4」、初めて自分が状態異常になったときだけ自分の状態異常を解除する「異常解除」、HPが満タンのときは技で攻撃を受けたときのダメージを軽減する「無傷時攻撃技軽減5」。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • アヤネのジョニー
    • AG60話で伝説のコーディネーターと呼ばれ今はポケモン達を整体などで治療する診療所をしているアヤネのパートナーで登場。
    • エネコ時代、グランドフェスティバルに出場して完璧な演技と減点無しの圧倒的な強さで優勝した。しかしあるフライゴンとのバトルで崖から落ちて重傷を負い、駆け込んだ診療所で治療してもらい回復。アヤネは診療所のドクター・マスダに弟子入りして治療法を学び、ある日の夜ドクター・マスダに「つきのいし」を渡されエネコロロに進化した。
    • サトシ達と出会った時はハルカのエネコと一緒にロケット団に連れ去られたがしっぽから「ソーラービーム」を放ち脱出し。そしてムサシのハブネークの攻撃を「しんぴのまもり」でかわし、「10まんボルト」「ソーラービーム」でハブネーク達を攻撃。そしてハルカのエネコに「ふぶき」を実演して習得させ一緒にサボネアとハブネークを氷漬けにした。

  • ユリのエネコロロ
    • DP95話にて、ヒカリのママ・アヤコのかつてのライバルだったユリのパートナーとして登場。性別は♂️。それまで連戦戦勝だったアヤコに初めて黒星を付けた。ユリがポケリストとなった現在は雑誌のモデルなどをしている。
    • ユリがポケモンコーディネーターとしてカンナギコンテストに復帰し、ファイナルにまで勝ち進んでヒカリと対戦。かつての腕は衰えておらず、「みがわり」や「うたう」などのトリッキーな技や、特性「メロメロボディ」で♀であるヒカリのエテボースを翻弄するが、エテボースがメロメロ状態でも技が決まりだすと形勢は逆転し、最後は大量の「スピードスター」を浴びて敗れた。

その他

DP91話
XY3話・88話(過去回想)
劇場版七夜の願い星ボルケニオンと機巧のマギアナ

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 40話
    • マーニャの猫ポケモン専門のブリーダーハウスに登場。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

ルビー & COCO

  • ルビーのCOCO
    • 性別:♀️・特性:メロメロボディ
    • 性格:むじゃき・個性:ものをよくちらかす
    • ルビーが幼い頃センリから3匹譲り受けた中の1匹である幼なじみポケモンで「かわいさ」部門担当。
    • 石の洞窟で出会ったダイゴが腰に下げていた月の石に偶然触れたことにより進化した。しなやかな体を得たことで機動性も増した。
    • コンテストにおいては「メロメロ」など可愛らしい技で魅せるが、バトルにおいては一転「すてみタックル」や「アイアンテール」のような高威力の技を振るったり、「ねこのて」によって他のポケモンの技を写し取って使用したりとテクニカルな一面を見せる。
〈ルビーの手持ち〉
NANA (ポチエナグラエナ♀️)
COCO (エネコ→エネコロロ♀️)
RURU (ラルトスキルリアサーナイト↔️メガサーナイト♀️)
ZUZU (ミズゴロウヌマクローラグラージ↔️メガラグラージ♂️)
POPO (ポワルン♀️)
MIMI (ヒンバスミロカロス♀️)
???※4章の重大なネタバレ

関連イラスト

エネコロロ死装束の白

エネコロロ12年越し


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS

ポケモン一覧 ノーマルタイプ

猫ポケモン


0300.エネコ0301.エネコロロ→0302.ヤミラミ(メガヤミラミ)


関連ポケモン等

関連記事

親記事

エネコ えねこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1965349

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました