ピクシブ百科事典

四天王(ジョウト)

してんのうじょうと

ポケモン第二世代(金銀クリスタル)及びHGSSに登場した、トレーナーたちの最後の関門。
目次[非表示]

四天王(ジョウト)とは、『ポケットモンスター』シリーズのうち『ポケットモンスター金・銀クリスタル』(第2世代)及び『HGSS』おけるポケモンリーグ公認の4人のポケモントレーナーのことを指すタグ。

このタグとは別に、四天王(カントー)というタグも存在するが、名称と人物が重なるため、金・銀およびHGSSの四天王は、ジョウトと表記する。そのことについては後述する。

概要

カントー地方とジョウト地方はリーグが共通であり、どちらもポケモンリーグ本部の四天王に挑むことになる。

メンバー構成的には、エスパータイプを除く他のタイプは第2世代当時はそれほど存在していなかった為、そのトレーナーのパーティーは、必ずしも共通のタイプだけで統一されていなかった。
特に、新しく登場したあくタイプは、当時非常に少なかった為に、その影響をかなり受けた編成になっていた。

ただし、後に発売したリメイク版で、大幅にテコ入れされ、明らかに別のパーティーになってしまった。しかも『ポケットモンスタープラチナ』の影響を受けてか、ある条件を満たせばメンバー全員のポケモンが、軒並み強化され、パーティー編成も変わってしまう。
歴代の四天王屈指の強さを誇る事になった。

四天王(カントー)との違い

元々『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』及び『ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン』の続編にあたり、前作の時点から3年後という設定の為に、その年月の影響を受けて、メンバー構成が大きく異なる。

新たにイツキカリン、そしてジムリーダーであったキョウが参入したことと四天王のリーダーであったワタルがチャンピオンに昇格したこと。続投のメンバーはシバのみとなった

新しいメンバーを歓迎するプレイヤーもいれば、悲しくも四天王から外れてしまったメンバー(キクコやカンナ)を惜しむプレイヤーもいる

メディアミックスにおいてはとにかくイツキとカリンの扱いが酷い。
アニポケでは金銀編はおろか再びジョウト地方にスポットが当たったHGSS編にも彼らが出てくることはなかった。
ポケスペでもGSC発売当時だった第3章の扱いは最終戦にいきなりマスク・オブ・アイスの下っ端として登場する程度で、しかも青銀姉弟の引き立て役に終わった。しかし、第9章で再登場した。

四天王(ジョウト)のメンバー構成

(1人目)エスパーつかいのイツキ(2人目)どくつかいのキョウ
イツキネイティオ
キョウクロバット
(3人目)かくとうつかいのシバ(4人目)あくつかいのカリン
シバハリテヤマ
カリンブラッキー


関連イラスト

こっそり中間報告(セリフと軽くベタ入れただけ・・・)
勝利の栄光への頂(ジョウト)


四天王裏表紙
つよいぞ



関連タグ

ポケモン ジョウト
GSC HGSS

他の地方の四天王タグ

関連記事

親記事

ポケモン四天王 ぽけもんしてんのう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「四天王(ジョウト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318693

コメント