ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エレブー

えれぶー

エレブーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ編集

全国図鑑No.0125
カントー図鑑No.125
ジョウト図鑑No.155
シンオウ図鑑No.198
イッシュ図鑑No.057
アローラ図鑑No.296
カンムリ雪原図鑑No.016
ヒスイ図鑑No.183
ブルーベリー図鑑No.011
ローマ字表記Eleboo
ぶんるいでんげきポケモン
タイプでんき
たかさ1.1m
おもさ30.0kg
せいべつ75%♂・25%♀
特性せいでんき/やるき(隠れ特性)
タマゴグループひとがた

各言語版での名称と由来編集

言語名称由来
日本語エレブーエレキ(エレクトリックの略語、electric、電気の)
英語・スペイン語・イタリア語Electabuzzelectric(電気の)+buzz(機械などがブンブン言う)
ドイツ語ElektekElektrizität(電気)
フランス語Élektekélectrique(電気の)
韓国語에레브日本語名の音写
中国語(簡体字)电击兽电击(diànjī、電気ショック・感電)+兽(shòu、獣)
中国語(繁体字)電擊獸電擊(diànjí、電気ショック・感電)+獸(shòu、獣)
ヒンズー語एलेकटाबज़्ज़英語名の音写
ロシア語Электабазз英語名の音写
タイ語เอเลบู日本語名の音写

進化編集

エレキッドエレブー(レベル30)→エレキブル(エレキブースターをもたせて通信交換(LEGENDSアルセウスでは使用))

年賀状2010


概要編集

ポケットモンスター 赤・緑(第1世代)』から登場するポケモン。初代では赤バージョン限定で出現した。


電気が好物で発電所にしばしばあらわれ、電気を吸収する。発電所から立ち去ると町が停電するため、停電の原因の半分はこいつが原因らしい……とされていたが、実際は発電所側のミスが問題であるとUSUMにて明かされた。

(マイナーチェンジ元のSMのサンバージョンの図鑑ではエレブーが犯人だと断定してしまった事は気にしてはいけない。そもそもUSUMはパラレルワールドの関係に当たるため、SM側の世界ではエレブーが原因という解釈もできない事はない)

エレブーを有効活用しようという試みもあり、雷を溜め込ませたエレブーを用いていつでも使用するための研究が行われているという。つまるところ、電気を奪われるならモバイルバッテリーとして利用してしまおうという事である。


嵐が来る時、競い合うように雷が落ちるような高い場所に登ったりするため、その性質を利用し、避雷針代わりにする町もある。吸収する電気の量よりも、身体から漏れだす電気の量のほうが多く、近くにいると髪の毛が逆立ってしまうほど。剣盾ではこの生態を反映して、ワイルドエリアに落雷が発生している時に出現する。

また、その電流を活用する事でエレブー同士はコミュニケーションに活用しているようであり、暗所では身体が青白く光るとされているが、ゲームでは再現されていない。



パンチを繰り出す際、腕を回してパワーをチャージするが、その隙に逃げられたりもする。

を識別する能力があり、赤い物を見ると興奮するという設定がストライクにも共通して存在するが、『ポケットモンスター図鑑』(アスペクト)という書籍やアニポケ無印編第42話で紹介された。

ただし、この設定は現在の公式設定に反映されているとは言い難いので注意。


進化前や進化後とはあまり顔が似ていないことに定評がある。色合いは全く同じ。ただし、色違いに関しては、進化前後と比べて通常の個体との差異が著しい。エレブーの色違いは、全体に赤みがかってオレンジ色っぽい配色になる。


モチーフは虎柄模様な点からも雷様と思われ、対のブーバーがひょっとこと考えると和風でまとめられている。

また、名称に関してはコントで雷様を演じていた高木ブーに由来するという説もあり、同期である沢村さん海老原さんの存在を考えると中々面白い。


また、尻尾が虎のそれであるので「ポケモンGO」などの公式メディアでは寅年のポケモンとしてピックアップされる事もある。


ゲームでの特徴編集

  • 第1世代では『赤』のむじんはつでんしょに野生で出現するのみで、ジムリーダーのマチスも含めてトレーナーは誰も使用しない極めて珍しいポケモンだった。第2世代で一般トレーナーもジムリーダーのマチスも使用するようになり、全てのバージョンで野生で出現するようになった。
    • プラチナでは222ばんどうろに出現。実はこの付近にある街が停電を起こしたナギサシティである。停電の際に彼らが疑われなかったのか気になる所だが、特にそういった描写はない。

  • ブーバー系列とは初代から続く対関係で、あちらは緑バージョンでしか手に入らなかった。
  • 初代では種族値合計が同じだった(第2世代以降ブーバーの方が5だけ高い)他、進化前と進化系をそれぞれ第2世代と第4世代で獲得している。出現場所やタイプが大きく異なっているのに対と扱われる珍しいケースでもある。

性能編集

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代65835785105395
第2世代から6583579585105490

すばやさが105と高く、次いでとくこうが高い(ちなみに進化するとすばやさが落ち、とくこうは変わらない)。更に不器用な奴が多いでんきタイプにあって珍しく器用に技を覚えることから、進化形が追加される前もそれなりに対戦で使用されていたポケモン(対のブーバーは……お察しください)。


特に『金・銀』では「クロスチョップ」「れいとうパンチ」「サイコキネシス」を覚えることからメジャーどころに非常に強く、要注意ポケモンとして名が挙がるほど。「10まんボルト」を自力で覚えるようになったのも特筆に値する。


なお第4世代のバトルファクトリーでは整ったステータスに加えて優秀な技を備えており、ひかりのこなを持っている関係でアニポケで街を破壊しながら競い合っていたライバル共々対銀ネジキ要員として重宝されることが多い。


第3世代では最終進化系というのもあってオープンにも登場するがそちらではやや力不足感は否めないが。


第4世代で進化形エレキブルが追加されたが、上記の通りすばやさが落ちること、あちらが物理攻撃の方が得意であること、同世代でこいつが追加されたことにより、敢えて進化させずに戦っても劣化にはならない。ただし同世代で「れいとうパンチ」が物理技になってしまい、こおり技は「めざめるパワー」を使わざるを得なくなった。


第5世代で「しんかのきせき」が入ったことで耐久が上昇し、更に戦いやすくなった。


第9世代ではタマゴ技にXD限定技であった「このゆびとまれ」が追加。これにより、「かいでんぱ」などと合わせサポーターとして注目された。

特にブルーベリープロローグでは、上位構築にも多く採用されていた。


使用トレーナー編集

ゲーム版

※1:ポケモンスタジアム2

※2:ポケモンスタジアム金銀


アニメ版

  • カズ(無印42話)
  • ジギー(無印103話)
  • ユウジ(無印112話)
  • ナンバ博士
  • モエ(無印267話)
  • ジャンプ(AG126話)
  • シンジ
  • トニー(新無印30話)

漫画版


番外作品編集

ポケモンGO編集

  • 最大CPは2000台前半、種族値のバランスもそれなり。だがでんきタイプには強豪が多く、進化形が追加されるまで不憫な状態であった。2018年11月15日にエレキブルが実装され、晴れて日の目を見るようになった。

  • ただし入手は簡単ではなく、エレブー自身のレア度は高いので要注意。幸いにして巣がある他、不定期でレイドボスにも選ばれている(ランク★★)ので見かけたら挑んでおきたい。

  • また、2020年11月15日に開催されたコミュニティ・デイではエレブーがターゲットになり、当日は世界中に大量のエレブーが出現した(ご多分に漏れず色違いの出現率も上がった)。この時に精力的にエレブーを集めておいたならば、今後育成や進化には苦労しないことだろう。

ポケモン不思議のダンジョン編集

  • マグナゲートを除く作品に登場しているが、最もプレイヤーの語り草となっているのは探検隊シリーズにおけるレベル1ダンジョンにおける性能と思われる。

  • 進化前後のエレキッド、エレキブルが比較的まともな初期能力値であるのに対してエレブーのみ体力、攻撃、防御、特攻、特防の順に11-11-0-11_1という全ポケモンの中でも屈指の打たれ脆さを誇る能力値という惨状となってしまっている。

  • 当然レベル1ダンジョンの適正ランクは最低クラスの評価を下されているものの、攻撃性能は最低限あることに加えて極めて高い威力を誇るきあいパンチをわざマシンにより習得できる他、レベル20前後以降になると大幅に能力値が上昇する点も相まって完全な逃げに徹せずとも攻略は充分に可能な部類ではある。

  • 育てば初期の貧弱さが嘘のように強くなり、(ルールの優しいゼロの島南部であれば)理不尽な難易度という程でもない点や、初期ステータスが上記にもある通り0と1のみで構成された謎の美しさ、強そうな外見とのギャップからか挑戦するユーザーもそこそこ多く、同ランク帯のポケモンの中では飛び抜けてクリア報告が挙がっている。

ポケモンマスターズ編集

  • 報酬で貰えるタマゴから孵化する事があり、主人公のバディにする事が可能。エレブーに進化させる事もできる。

アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集

サトシとの対決も多く、また、「エレブーズ」というプロ野球チームがあるのだとか(中々勝てない、黄と黒の縞模様、サポーターが関西弁で喋ることなど恐らく阪神タイガースがモデルと思われる。ちなみに応援歌にはエレブーの覚える技が歌詞に入っている)。

SM編第28話では投手として登場しており、エレブー=野球という図式は公式側に完全に定着しているようである。



  • 無印42話
    • 非公認ジムのカズジムのジムリーダー・カズのポケモンで登場。街でストライクと戦いながら暴れ回るがサトシ達の作戦で暴走しトレーナーを攻撃し始める。
    • フシギダネによりストライクとクロスカウンター風に相打ちとなった後ピカチュウがかみなりを使った為それで両陣営の他のポケモン共々完全に倒されたと思われる。

  • 無印103話
    • ユズジムリーダー・ジギーの手持ちで登場し、サトシのピカチュウと対決。お互いのでんこうせっか対決では対格差で勝利した。

  • ユウジのエレブー
    • 無印112話でオレンジリーグヘッドリーダー・ユウジの手持ちで登場。サトシのフシギダネをかみなりパンチで倒すが、続くリザードンとのバトルでは「ちきゅうなげ」で地面に叩きつけられ敗北した。

  • ナンバ博士のエレブー
    • ロケット団の研究者の手持ち。怒りのパワーを増幅させる「ナンバNO.5」という装置をつけられており強化されている。

  • モエのエレブー
    • 無印267話にてほのおタイプをメインに使うモエが、みず対策で手持ちにしている。
    • サトシがエレブー対策にゴマゾウを出してきて一旦不利になるが、マグマラシの活躍でゴマゾウを破り逆にエレブーがいる分みずポケモンしかいないサトシに対して有利になる。しかしゼニガメの方が戦歴があった事から敗北した。

  • ジャンプのエレブー
    • AG126話にて、ポケモンリーグサイユウ大会予備選でマサムネが対戦したジャンプの手持ちで登場。マサムネのダンバルが突進しか使えないのを見越して、「まもる」でダンバルの攻撃をかわしてダンバルを追い詰めるが、ダンバルが突然メタングに進化して形勢が逆転し破れた。

  • シンジのエレブー
    • タッグバトル大会でヒカリ・コウヘイの連携に追いつめられた際にエレキッドが進化し、逆転勝利を収める。エイチ湖でのフルバトルでは「ひかりのかべ」によるサポートを行い、最後は6番手であるモウカザルを倒した。DP184話のシンオウリーグにてエレキブルに進化した状態で登場している。

  • 新無印30話
    • サトシとポケモンワールドチャンピオンシップスのバトルで戦ったトニーの手持ちで登場。

その他

無印88話(ピンカン島)・86話・199話
DP171話
SM2話・17話・21話・27話・28話・42話・48話(テレビ)・72話
新無印40話・136話
劇場版ミュウツーの逆襲波導の勇者幻影の覇者キミにきめた!

漫画版編集

ポケットモンスターSPECIAL編集

  • マチスの相棒的存在で登場。「ボールに入れられない暴れん坊」であるらしく、手足を鎖で繋がれている。サントアンヌ号の特別室で侵入者を待つ番犬(ポケ?)として外に出し、レッドのニョロ(ニョロゾ)と対決。強力な電気技でレッド達を追い詰めるが、ニョロボンに進化したニョロの『ちきゅうなげ』でマチスもろとも海へ投げ飛ばされた。第2章ではマサキのロコンと共にシバのエビワラーサワムラーを相手に戦った。

関連イラスト編集

エレブー初代グラフィック怖かったポケモン

とら!エレブー


関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン RGBP FRLG LPLE

ポケモン一覧 でんきタイプ

エレキッド エレキブル


0124.ルージュラ0125.エレブー→0126.ブーバー


第4世代追加進化編集


関連ポケモン等編集


関連記事

親記事

エレキッド えれきっど

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 884395

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました