ピクシブ百科事典

エレブー

えれぶー

「ポケットモンスター」シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]
No.125【エレブー】



基礎データ

ずかんNo.125
英語Electabuzz
ぶんるいでんげきポケモン
タイプでんき
たかさ1.1m
おもさ30.0kg
とくせいせいでんき / やるき(夢特性)


進化

エレキッドエレブーエレキブル

年賀状2010



概要

進化前や進化後とはあまり顔が似ていないことに定評があるポケモン。
不器用な奴が多いでんきタイプにあって珍しくイヤに器用なポケモン、タマゴグループがひとがたのポケモンは割と技の面で優遇されている気がする。

電気が好物で発電所にしばしばあらわれ、電気を吸収する。
発電所から立ち去ると町が停電するため、停電の原因の半分はこいつが原因らしい…とされていたが、実際は発電所側のミスが問題であるとUSUMにて明かされた。
嵐が来る時、競い合うように雷が落ちるような高い場所に登ったりするため、その性質を利用し、避雷針代わりにする町もある。
吸収する電気の量よりも、身体から漏れだす電気の量のほうが多い。
パンチを繰り出す際、腕を回してパワーをチャージするが、その隙に逃げられたりもする。

性能

素早さが105と高く、次いで特攻が高い。
ちなみにエレキブルよりもちょっと足が早い(進化すると95に落ちる)。さらにエレキブルと特攻種族値は同じ。
そのちょっと早いことと進化前(元最終進化ポケモンの為輝石が適用されるポケモンの中では合計種族値が490と高い)であることを利用してしんかのきせきを持たせて耐久力のある特殊型として使う手もある。
素早さが他のドラゴンより高い場合が多く、進化後よりめざパ氷の使い勝手も良い。
上記のとおり、進化させると素早さが落ちるためボーマンダガブリアス(メガシンカ前)などは道具なしでは抜けなくなる。
実際、進化後は物理特化になる関係からエレキブルとはちょっと方向性が違うともとれる。
ちなみに「じしん」は進化しないと覚えられないので注意。

初代GB(カントー地方編)の頃は赤バージョンのみでしか入手できず無人発電所で低確率で出現する上にゲーム中で出会うどのトレーナーも使用しないのでブーバーゴローニャと並んでかなり珍しいポケモンであった。

アニメでは目つきの悪さから割と悪役が多い不憫なポケモン。
しかし、「エレブーズ」というプロ野球チームがあるのだとか(中々勝てない、黄と黒の縞模様、サポーターが関西弁で喋ることなど恐らく某球団がモデルと思われる)。

を識別する能力があり、赤い物を見ると興奮する。

ポケモンGOでは

最大CPは2000台前半、種族値のバランスもそれなり。
通常技はかくとうタイプの「けたぐり」が混じるが、ゲージ技は全てでんきタイプの技なのでどんな技構成でもそれなりに使える。

…と言いたいところだが、サンダースサンダーライコウがあまりにも強すぎるせいで日が当たらない
特に同じ非伝説ポケモンであるサンダースは、入手しやすい、ステータスが高い、でんきタイプ以外の技が一切混入しない(これはサンダーとライコウも同様)など、こちらと比較しても明らかに使い勝手が良い。
そのため、現状では趣味の領域を出ないポケモンである。

原作ではまだ進化の可能性を残しているので、今後のアップデートにより汚名を晴らしてくれることに期待したい。

レイドボス

2017年6月23日11月4日までレイドボスとしてジムに襲来してくることがあった。
レベルは★★。サンダースよりひとつ下のランクである。

弱点はじめんタイプだけだが、幸いHPは低めなので手持ちのポケモンがきちんと育成できていればゴリ押しでも割と何とかなる。このため、★★の中では比較的楽な方である。

関連イラスト

エレブー
初代グラフィック怖かったポケモン


とら!


関連タグ

ポケモン 赤緑
でんきタイプ
ブーバー:対をなすポケモン

pixivに投稿された作品 pixivで「エレブー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 268016

コメント