ピクシブ百科事典

概要

ひょっとことは、口をすぼめて曲げたような表情の男性、またはそのさまを表したお面のことを言う。
別名「潮吹面」。面構えから田楽などで度々「道化」の役として登場する。

火吹き竹で火を吹く男の表情を表していることから「火男」が転じて「ひょっとこ」になったともいわれている。
また、地方によっては「吹き口」で片目が隠れている=隻眼となっているものもあり、こちらは鍛冶師が起こりとされる。

東北地方では火を司る存在として「竈神」と呼ばれ、台所の神様としても奉られている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ひょっとこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5199671

コメント