ピクシブ百科事典

鋼鐵塚蛍

はがねづかほたる

漫画「鬼滅の刃」の登場人物。主人公・炭治郎の刀を打った刀鍛冶。
目次[非表示]

話は聞かせてもらった…後は…任せろ…

概要

CV:浪川大輔

鬼殺隊入隊試験に合格した竈門炭治郎の日輪刀を作った刀鍛冶。37歳。
常にひょっとこの面をつけている。人の話を聞かないマイペースな人物。

当初は名字しか解らなかったが、後に下の名前が『(ほたる)』だと判明し、本人は可愛すぎるとして名付け親である刀匠の里の長・鉄地河原鉄珍に文句をつけたことがあるなど気にしている模様。
仮面の下の素顔は端正だが、後述する理由からまだ独身である。

人物

一言で言えば、超絶的に面倒くさい
その面倒くささは、二歳にして彼の両親がノイローゼになって子育てを諦めるという凄まじさで、以降は里長の鉄地河原に育てられた。
……それは即ち、里長の直弟子である事を意味するため、刀匠としての腕は確かである。

鱗滝の知人。打ち終えた炭治郎の日輪刀を携え、鱗滝の家にやって来た。ひょっとこの面をいつ何時も外すことはない。笠には幾つもの風鈴を付けており、一見幻想的である。人の話を聞かない性分であり、炭治郎の足労を労わる挨拶に一切耳を貸さぬまま玄関先の地べたで己が打ち上げた刀をいそいそと取り出して見せた。
自分の打った刀に対する情が深く自負も強い。持ち主の手に渡った刀の色変わりを心待ちにしている際には、うねうねと腕を振るって高揚するなど大変コミカルである。しかし、剣士に対して「刀を折ったら殺す」と凄む恐ろしい一面もあり、その愛情は決して馬鹿にしてはいけない。
炭治郎の顔を見て"赫灼の子"(髪や目が赤みがかった人物を指す、古くから「火を扱う仕事(鍛冶屋、炭焼き等)」の家にこの特徴を持った子供が産まれるととても縁起がいいと言われていた)だと判断し、鮮やかな赤い刀身が見ることが出来るだろうと期待していたが、実際の色は異なったために怒り叫んだ。感情のままに炭治郎に飛びかかるなど落ち着きの無い様は炭治郎に「何歳ですか!?」と問われるほど。「三十七だ!!」。
因みに上記の傘につけた風鈴は彼が子供の頃から癇癪を起こして暴れるたびに風鈴を鳴らして宥めていた名残り。

炭治郎は自分の刀を打ってくれた御仁として鱗滝と並べて感謝しているが、「折ったら殺す」と凄味を利かせて念じられたために恐怖も持っている。
後に、任務によって炭治郎は刀を破損・紛失しているが、その際には包丁を持って襲い掛かるという、ヒステリーっぷりを発揮した。しかもその包丁は自作の斬れすぎて怖くて料理に使えない代物である。なんでそんなもん残してんだ。
その気難しさは日輪刀作成に携わる刀匠の里の中でも一際偏屈で通っており、十歳の少年に「そんなんだから嫁の来手もない」とか言われてたりする。流石に知人である程度彼を理解している鉄穴森さんでも思うところがあるらしく、行動理由にフォローはあっても性格面への批判はフォローしない。ゆえに炭治郎以前の担当となった隊士からは嫌われて変更を願うものが後を絶たず、どれだけ滅茶苦茶な振る舞いをしても刀匠として自分を頼る炭治郎には内心嬉しく思っているらしい。

総じて、技能が高ければ人格に難があっても重用されるという、鬼殺隊の組織体質を最も色濃く表した人物である。

炭治郎の日輪刀
太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石から打たれた刀であり、日光を浴びる事以外は基本的に不死身である鬼に対して、その頸を斬る事で“殺す”事ができる唯一の武器。
鬼殺隊最強の称号を持つ「」の日輪刀には、刃元に“悪鬼滅殺”の四文字が刻まれている。
別名“色変わりの刀”と呼ばれ、持ち主によって刃の色が変わり、色毎に特性が異なるようである。
なお、炭治朗の刀の色は漆黒。だが黒い刀は前例が少なく、出世できない(早死にする)隊士の刀がこの色になると言われている。鋼鐵塚は、炭治郎が"赫灼の子"であるため刀の色も赤色になると予想していたが、大きく外れた。
鍔の形も各々。炭治郎の刀の鍔は車輪かはたまた太陽の形を思わせる放射状の透かしが入った円形。

尚、炭治郎は上記の項の通りに、最初に支給された刀は破損し、二度目に支給された刀は紛失し、三度目に打たれた刀は激闘の末に酷く刃毀れさせてしてしまった。
その為、一度目の時は泣きながら包丁を持って「よく折ったな俺の刀を。よくもよくもォオ」と言って炭治郎に対し殺すのも致し方なしと覚悟して襲い掛かり、二度目の時は怒りの余りに包丁を四本持って何処かで見たことがある格好で「刀を失くすとはどういう料簡だ貴様ァアアアア!! 万死に値する……万死に値するゥ!!!」と叫んで襲い掛かり夜明け近くまで炭治郎を追い回した
三度目の時には二か月間昏睡していた炭治郎に「お前にやる刀は無い」「ゆるさない 呪う」「憎い 呪ってやる」と書かれた呪いの手紙を送りつけた。
炭治郎は当初、刀が痛むのは自分が上手く使いこなせてないからだと考え、彼に申し訳なく思っていたが、後に蝶屋敷で聞いたところ刀が破損するのはよくあることらしく、里長の鉄珍に至っては「折れるような鈍(ナマクラ)を作ったあの子が悪い」と言い切っており、実際は鋼鐵塚さんも自分の刀が破損することで炭治郎を死なせない為、刀匠の里の山で筋骨隆々となるまで己の肉体を鍛え上げていた。刀鍛冶の修行じゃないとか言ってはいけない。

修行を終え打ち壊した絡繰人形から出てきた錆びた刀を前に愕然とする炭治郎と小鉄の前に突如上半身裸の筋肉ムキムキという風体で現れ、刀を持ち去ろうとするもひたすら「俺に任せろ」としか言わない為当然二人は抵抗。それに刀を奪って振り回すという行動を取り「大人のすることじゃない」とかいつもどおり大人げない大人扱いされる。
そこへ鉄穴森さんが現れ脇の下の弱点を突かれつつもフォローされ、ようやく「鋼鐵塚家に代々伝わる日輪刀研磨術で刀を研いで見せる」という目的を吐露。小鉄からその偏屈っぷりを野次られ片手で胸ぐら掴んで釣り上げるという大人気なさを見せつつも改めて刀を預けられる。
3日間不眠不休で研磨していたが、その最中に十二鬼月が里を襲撃し、彼の前にもその中の1鬼・玉壺が現れる。
だが、どれだけ傷つけられようが片目を潰されようが一顧だにせず研磨を続けるという超人的な集中力を見せ、玉壺もその姿に内心で芸術家として敗北感を覚えた。しかもこの後も知人が殺されかけようが上にその知人が乗っかろうがが毒で泡を吹こうがひたすら刀を研ぎ続けた
もっとも、襲撃してきたもう一方の鬼半天狗を倒すためだったとはいえ、研磨途中にも関わらず時透無一郎が炭治郎に投げ渡して使ったため、最初からやり直しになってしまった。(この時も大分抵抗して死にかけの無一郎をどついた上に、研磨が終わった後もタップリと恨み言を述べている。)

関連タグ

鬼滅の刃 日輪刀 鬼滅の刃の登場キャラクター一覧
鬼殺隊 竈門炭治郎 鱗滝左近次

関連記事

親記事

鬼殺隊 きさつたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鋼鐵塚蛍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1158260

コメント