ピクシブ百科事典

縁壱零式

よりいちぜろしき

縁壱零式とは、『鬼滅の刃』に登場する絡繰人形である。

概要

縁壱零式とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する、刀鍛冶の里にある剣の訓練用の絡繰人形である。実際に剣を持って動き、対戦することによって訓練となる。その見た目は腕が六本あり、顔は炭治郎が夢で見た耳飾りの剣士に似ている。戦国時代に実在した剣士をもとにしているらしく、腕が六本なければその動きを再現できなかったらしい。また、作成者の子孫である小鉄が直すのが困難であると思うほど、難しい技術が使われているらしい。

初登場は、102話。無一郎が小鉄から、縁壱零式のカギを半ば無理矢理貰って使った。その結果、縁壱零式を破壊し短時間で訓練を終わらせ、刃毀れした自分の刀の代わりに刀を一つもらっていった。
なお、縁壱零式は相手によって動きを調整できる機能があるらしく、その機能を知らなかった無一郎は時間を無駄にしたらしい。
その後、縁壱零式を直すことに成功した小鉄による炭治郎の訓練が始まり、最終的に炭治郎は縁壱零式に渾身の一撃を入れることに成功。壊れた人形の中から剣が出てきた。その剣は戦国時代のものらしい。

関連タグ

小鉄(鬼滅の刃) 耳飾りの剣士 ???

関連記事

親記事

継国縁壱 つぎくによりいち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「縁壱零式」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155335

コメント